★ ミシシッピアカミミガメが産卵しました。

今朝、9時になろうかという時にミシシッピアカミミガメの産卵を目撃することができました。

あの驚愕っぷりは言葉にできません。

早朝作業とトウモロコシ場所の作業を終え、イチゴ場所の草引き(雑草刈り)をはじめてすぐに誰かの視線と気配を感じて目をやると、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメの成体)と目が合いました。

このところ「亀」を意識することがなかったこともあり、驚きのあまり大声で叫んでしまいました。

IMG_6830

甲羅の縦の長さが30cmほどあるミシシッピアカミミガメ。

こちらの動悸息切れが落ち着いてから近づいて見てみると、

IMG_6832

土壌がドロドロでした。

わぁごめん、驚かせてごめん、尿漏れさせてしもうたねと思い(なぜならイチゴ場所は作業のため水やりせずで干ばつ気味だったからです)、さらに近づくと、

IMG_6831

ぽとりと白い物体が落ちたのです。

IMG_6833

まさかの卵ぽとり!産卵の真っ最中だったんです!!

IMG_6834

動悸息切れ再来。

いつからいたんだろう…。亀に気付かずの作業中の自分の姿をずっと横目遠目で警戒してくれていたのかと思うとたまらなくなり変な声が出ます。

IMG_6835

次から次へ零れ落ちるミシシッピアカミミガメの新しい命。

近づき過ぎると警戒して両脚で穴を隠して静止するので少し離れた位置からさりげなくまじまじとマジ鑑賞に没頭した長い瞬間。(動画を撮りたかったけど容量がなく断念)

IMG_6838

何個産み落とされたのかは今のところわからず…。

IMG_6849

両脚を器用に使い、丁寧に丁寧に泥土を掻き集めて上塗り、押し固めてを繰り返していました。

IMG_6844

職人技にうっとり。土盛り作業にかなり時間をかけていました。

IMG_6839

アカミミガメに気付いた距離は1mあったかどうかほどです。

数日前にアカミミガメのいる側の草引きをし、今日はその続きをとしゃがみこんで手を動かして数十秒後に顔を左に振ったらバッチリ目と目があって、私は雄叫びながら後ずさりし、母亀は全てを甲羅に引っ込めるしかなかった朝9時頃。後ずさりの際に倒してしまったラジオと水筒もびっくりですぜ。

警戒心をくすぶっちゃならんとイチゴの草引きを頑張ってまっせ無関心風を装いながらチラチラとアカミミガメに意識を集中していたので、9時から作業どころじゃなかったです。

IMG_6850

…もしも今日の作業にイチゴ場所を選んでいなかったら気付かず&卵の存在知らずだったはず。

運の交差が愉快すぎる…。

どこかから一生懸命歩き続けてここに辿り着いたのかもと思うと…老化のせいじゃなく視界が霞む。

大きくなって捨てられた元ペットの可能性もゼロじゃないかも。

奇遇というかなんというか、とても感慨深かったです。

卵もこのままにしておけないので、ひとまずこの母亀は一時的に畑で保護しています(過去の体験から学んだものをここで発揮です笑)。

母が知り合いの水族館の学芸員さんに連絡を取り、その学芸員さんと亀の卵の研究をされている方が明日24日、畑に来てくださることになりました(時間はまだ不明)。

…明日……明日はそう、オーガニックフェスタイベント出店で、わし、わし、わし不在や…。

できることなら立ち会いたかったです。

海辺じゃなくこの畑で亀の産卵の瞬間に立ち会えただけでもすごい幸運なので、その感動を大事にすれば小綺麗に終わるものを、贅沢病「見たい見たい症候群」発症の抑圧がたいへん困難なあまり、自分で自分の底なしの欲深さに落胆したお昼でした。

明日の母亀と卵たちの結末は週明け以降に報告します。

びっくり仰天で感動した7月23日の朝9時台でございました。

*過去の畑で体験した思い出日記、ミシシッピアカミミガメはこちら(2011年5月21日)、こちら(2011年10月4日)、こちら(2012年7月25日)。クサガメはこちら(2012年5月3日)。

今思うとクサガメ幼体も今回とほぼ同じ場所で発見したのでもしかしてあのクサガメも孵化した生き残りだったのかも(願望)。もしかしたらイチゴ場所は亀の産卵に人気な何かがあるのかなと思うと結構嬉しい。こじつけ推測ですが(笑)。

広告

★ ミシシッピアカミミガメが産卵しました。」への4件のフィードバック

  1. さきしなのてるりん

    わぁわあわぁぁ!!!!すごいな、産卵の目撃なんて。しかし彼ってどっかにいたのかな?どうやって暮らしていたのかな。未婚の母かな。って色々疑問がもくもくと。

    返信
    1. Teruko 投稿作成者

      さきしなのてるりんさま★ てるりんさんと同じく、憶測が尽きません。亀と話せたらどんなにスッキリするか…笑! タイミングが全てな感じがします、てるりんさんの畑にも産み落とされては旅立っていく亀が実は多数いるのかもしれませんね☆

      返信
  2. ピンバック: ★ ミシシッピアカミミガメの産卵、その後 ~産卵数と母亀の行く末~。 | テルってる畑。2

  3. ピンバック: ★ 飼い主さんが捜しているミシシッピアカミミガメでありますように。 | テルってる畑。2

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中