月別アーカイブ: 2017年1月

★ 潤いたくましき柑橘たちよ。

あまあっまミカン2016-2017、ほぼファイナルなセミファイナル収穫が本日でした。

img_8495

かなりの数がごっつぁんされていてね。

野鳥の必死さにたくさん笑いました。

カラスとヒヨドリが常連なのですが、今朝は彼らの姿が近くにないなと(食べ残しは大量なのに(笑))思いつつミカンをパチンこパチンこしていたら、メジロの姿が♪

長らくヒヨドリオンパレードだったので、メジロの声がなんとも心地好く愛らしく。

ミカンとメジロの姿を撮れなかったのが少々心残りでしたが、久しぶりに美しい抹茶色を鑑賞できて嬉しゅうございました。

と、ミカンの話はひとまず置いておいての金柑ニュースです!

img_8470

先週末にハレバレさんでキンカン食ッピングいただいた農援者さん、どうもありがとうございました!

なんと今週末も関西の名立たる果菜に囲まれての、『テルってる畑。キンカン』、ちっこいながら威風堂々と就食活動に参戦させていただきます。

2月4日(土)と5日(日)に食ッピングいただけますので農援ご贔屓よろしくお願いいたします!

~ natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) ~

毎週土曜・日曜に開催(閉店時間が違うのでご注意ください)

土曜日 10:00 ~ 16:00 / 日曜日10:00 ~ 12:00

兵庫県尼崎市浜1-2-30 (大和肥料株式会社 敷地内) Tel:06-6499-6826

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側

ホームページ: http://www.harebareshop.com

★ イセリアカイガラムシ(ワタフキカイガラムシ)。

img_8453

ミカン場所よりカイガラムシのご紹介です。

モミジワタカイガラムシ日記回のおかげで、生クリーム絞り風を装う虫はカイガラムシ族が濃厚だと推測できるようになり、さほど労なくこの子の正体に辿り着きました。

img_8454

イセリアカイガラムシ(ワタフキカイガラムシ)のメスの成虫で、生クリーム絞り風の膨らみ部分が卵のうです。オーストラリア原産の子。

img_8455

『日本の昆虫1400①&②(伊丹市昆虫館監修/文一総合出版)』によると、イセリアカイガラムシの天敵はオーストラリア原産のベダリアテントウで、ベダリアテントウは柑橘類につくイセリアカイガラムシの駆除目的で放された外来昆虫、との事。

イセリア貝殻虫もベダリア天道虫もオーストラリアからおいでなすったと。

ベダリアテントウがこの畑にいるのかどうか意識して観察してみようと思います。

……おらぬやろうなぁ(笑)。

お近くでベダリアテントウを見かけたら一報ください。

img_8456

生クリーム絞り風の部分をクィッと持ち上げるように触れてみた図。

img_8457

生クリーム絞り風の部分をクィッと持ち上げるように触れてみた裏図。

ミカン場所よりカイガラムシ中継をお届けしました。

★ コガネグモの卵のう、かな?

ミカンの樹の下は草刈りが年中必要なので、春夏秋冬、草刈りをしながら蜘蛛のシャワーか蜘蛛の流れ星を浴びています。

蜘蛛シャワーと蜘蛛流れ星に震え上がるどころか今では作業用帽子のツバから(あるいはツバへと)スルスル流れる姿に「ミカンの天上へお戻りよ」と頭をゆさゆさと葉の茂みに近づけるまでに対応が変わったんですから、慣れって本当に凄いでんがな♪

蜘蛛の貢献度はもっともっと過大評価されるべきだと思います。

そんな素晴らしき蜘蛛だらけの当畑、蜘蛛だらけのミカン場所。

ミカン収穫時はミカン以外のいろんな連中が引っかかってくれるんですけど、久々に大きくニヤけた光景がこちら。

img_8274

img_8275

img_8276

img_8279

img_8277

おそらく、蜘蛛の卵のうだろうと推測できるまでには成長できている小作人。

持ち帰って調べようと、ひとまず“わかり易い所”に置いてしまったのが脇の甘いところで成長不足ひとしお。見事に見失ってしまいました。

少ないながらもこれらの画像を元に検索すれば、コガネグモの卵のうのようです。

コガネグモの産卵と孵化までの時期は7月~10月で、冬までには孵化するのでこの卵のうはお役目果たしたあとだった模様。

コガネグモはひとつの卵のうから誕生する子グモが約1000頭らしいので、カマキリに続いて蜘蛛の孵化にもお目にかかりたいなと思っています。

夏秋は蜘蛛の観察に余裕が持てるか難しいところですが、蜘蛛の孵化目撃は目標の一つであります。

★『農家に教わる暮らし術』 、ポルポさんの農家と考えるお得術。

書籍『農家に教わる暮らし術/農文協(2011発行)』をポルポさんから拝借しています(赤いデザイン紙はポルポさんのショップカード)。

ポルポの女将ユミさんから柚子のタネ化粧水をオススメされたのがきっかけでしたが、「土間のつくり方」の目次を真っ先に拝読。土間は欠かせない空間ですもんね。

他に「歯を磨く」項目では身近にある利用価値の高い植物の新たな発見もあり、「大豆の煮汁」でアレが真っ白になることとか、ミカンの皮の成分が育毛・養毛成分があることとか、畑からの恩恵として、聞き慣れた活用法から農作業の中の痒い所に手が届く情報まで多彩な一冊かと。

あとね、声を出してしまった項目はね、「虫よけ・動物よけ」項目の、〜アオムシやアブラムシ カマキリの卵を使う〜の箇所。

アオムシやアブラムシ対策にカマキリの卵を使う、とな。

“カマキリの卵を使う”!!

農家が頼るは農家を救うはカマキリという。59ページに強烈ハイタッチの心情。

と同時に、カマキリの卵の奪い合いに参戦している気分も味わい濃く。

ドカ喰い族への対抗策「カマキリの卵作戦」は人と自然に害ゼロマイナスですから(尊さが増すばかり)。

当畑は引き続き年中、カマキリの卵を募集中です!

カマキリと昆虫話はポルポの旦那ノリさんの得意分野、農的暮らしのようなお手軽に楽しんで実践できる小技情報がポルポの女将ユミさんの得意分野、両者それぞれと大盛り上がりできる場所がたこ焼き屋ポルポさんです。

そんなポルポさんの水曜マルシェ『ちょいポル☆(ポル☆シェのミニマム版)』開催のお知らせです。

当畑は今回もあまあっまミカンとキンカンだけの出店となります。ミカン冬季による『ちょいポル☆』参加はファイナルになるかと。

農援食ッピングよろしくお願いいたします♪♪

【ポルポさんの水曜夕市マルシェ(こじんまり版) ちょいポル☆】

2月 1日(水) 16:00〜21:00 (悪天候時は中止の場合あり)

((ご注意)) 開始・撤収時間は各出店者により異なります、下記( )内を参照ください。

開催場所:POLPO-ashiya-  ポルポ広場 (兵庫県芦屋市川西13-6)

最寄り駅:阪神芦屋駅 西 改札出口、出て数秒

**食ッピング提供メンバー(変更になることもございます)**

  • テルってる畑。(16:00~20:00)〜あまあっまミカン、キンカン〜
  • ヒカリノ mutsu cafe (17:00~18:00)〜自家製天然酵母パン〜
  • 有頂天晴果 (16:30~21:00)〜京野菜を中心に、流通されにくい野菜や果物を扱う八百屋〜
  • Kinoko-Ten (16:00~21:00)〜家庭栽培用しいたけブロックと地鶏卵〜[ 小作人による栽培体験記はこちら ]

当畑のSNSは Twitter や FacebookPage の2つを運用中です、出品の変更などの詳細情報や販売終了時の早めの撤収のお知らせなどはTwitterとFacebookで更新します。

出汁にこだわるたこ焼き屋 兼 居酒屋Barへと進化中のポルポさんは16時から23時まで営業中です。

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

★ キンカンが今週末、『natural marché HaréBaré』に登場します。

img_8471

キンカンたちのまっすぐな眼差し。

キンカンの真正面顔って…この辺りかなと見つめる度に憶測が変わるのもまた一興。

ヒヨドリによるグルメの祭典を経て、今週末に迎えるはハレバレさんでのグルメの祭典。

1月28日(土)と29日(日)に食ッピングいただけます♪

昨年に続き、金柑リクエストをいただき嬉しさいっぱいでございます。

直前のお知らせになっちゃいましたが、キンカン大好き農援者さんに届きますよう!

~ natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) ~

毎週土曜・日曜に開催(閉店時間が違うのでご注意ください)

土曜日 10:00 ~ 16:00 / 日曜日10:00 ~ 12:00

兵庫県尼崎市浜1-2-30 (大和肥料株式会社 敷地内) Tel:06-6499-6826

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側

ホームページ: http://www.harebareshop.com

img_8247

みなさんが憶測中のキンカンの真正面顔がどの辺りか気になりつつ、ヒヨドリ横目に金柑カジカジ。

★ ちょいポル☆1月25日(臨時にちょいとポル☆シェ)。

img_8451

あまあっまミカンをこうしてパチンコろパチンコろと樹から旅立たせるのももうすぐ終幕です。

冬と春の匂いごちゃ混ぜ寒空の下、しんみりしつつも就食活動にあまあま疾走。

img_8475

1月25日、阪神芦屋駅前のたこ焼き屋ポルポさんの水曜マルシェこじんまり版『ちょいポル☆』の就食内定者はあまあっまミカンと野鳥にモテすぎキンカンの2者でございまして、見事なまでのコンテナ空っぽ完売!ありがとうございます!

ミカンとキンカンの蜜で密な会話を交わせる楽しさは小作人と農援者さんのみぞ知る闇のなかのきらびやかな闇、まさに農蜜サロン。

今回も笑いたっぷりなひと時をたくさんいただき、ポカポカとあったたかったです♪

完売御礼後の身動き静止気味になった途端の極寒っぷりといったら、もう…(笑)。

寒空の下、防寒の段取りをして、貴重なお時間を割いて足を運んでくださったことへの嬉しさをどうにかして言葉にしたいと毎度強く思いつつ、お一人お一人のお顔と一幕を浮かべながら…ニヤニヤニマニマ。

ご贔屓食ッピングありがとうございました★

農援者さんたちと一緒にホクホク笑いを共有させていただいた出店仲間はというと。

img_8478

自家製天然酵母パンの、ヒカリノmutsu cafeさん。

このチーズのようなパン、『アルプスの少女ハイジ』の世界観に憧れた副作用“美味しいチーズ&ハチミツと食べたい症候群”を味わえますぞ。

美味しいチーズはなかなかに入手困難ですが真山さんのハチミツなら食ッピングちょちょいのちょいなポル☆シェ、ですもんね。

img_8476

家庭用栽培しいたけブロックのKinoko-Tenさん。

気軽に挑戦して得られる、この椎茸チビーズを間引くお楽しみ感覚。しいたけブロックの販売は冬季限定なのでお早めにどうぞ!

今回初見で、栽培してみたい&気になる方は次週2月1日(水)16時~21時にお立ち寄りくださいませ。

img_8477

阪神西宮コミュニティ・スペース、つむぎの家さん。

この立派な人参をご覧ください。羨ましき味濃き人参生活。小作人もこの時期にこれくらいの人参を満喫する予定でごじゃりました(笑)。

井上さんの有機JAS認定お野菜とこだわりの加工品が登場した回でございました♪

img_8484

京野菜を中心に流通しにくくなっている果菜を扱う八百屋、有頂天晴果さん。

色とりどりお野菜&フルーツてんこ盛りなうえ食ッピングハンターさん絶え間なくだったので、足元に居た梵菜農園さんの河内レンコン。

梵菜農園さんの紹介で登場した有頂天晴果さん。レンコンご縁、見通しの良さと濃ゆさに心震えます。

季節を問わず京都から毎週水曜17時~21時、大好評出店中です。

img_8481

熱々、トロトロ、ポルポさんのたこ焼き。

今回は中のトロけ具合を特撮したかったのに、あっという間に食べきってしまったので先週回と同じような絵になっちゃいました。

ポルポさんのたこ焼きも食せて、農援者さんとお話しできて、出店メンバーとも情報交換できて、そんでもってミカンとキンカンも幸せ極めていただいた『ちょいポル☆』、トロけた回。

小さな小さなテルってる畑。にいただいております大きな大きな農援。

なんと恵まれていることかと、実感できることに感謝。

img_8452

ミカン乾拭きの前のこの光景もあと少し!最後の最後まで大事に摘み摘みします♪

ちょいポル☆来週は2月1日(水)開催です!

どうぞご贔屓食ッピングをよろしくお願いいたします♪♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 真っ逆さまだった子。

img_8449

逆さまじゃないミカンたちと真っ逆様ミカンが活きてきた蜜柑場所。

img_8450

人生、毎日、真っ逆さまなのに、ほぼ無傷。

img_8448

これまでの世界が逆転した真っ逆さまミカン。

逆さまじゃなかった甘み、真っ逆さまだった甘み、途中から逆さまだった甘み、途中まで逆さまだった甘み、どこまでが逆さまでどこからが逆さまなのか謎だらけの酸っぱみ。

旨味をひっくるめた、まっすぐであまあっまなミカンが参ります。

と言える日もあとわずか。