月別アーカイブ: 2017年2月

★ ✂︎ – – – – -〈 キリトリ 〉- – – – – 。

img_8707

ダイコン場所。

img_8708

ダイコンももれなくぶっちゃぎられましたが、ダイコンへの一気食いにはちょっとした特徴がありまして。

img_8745

ダイコン葉っぱ先端部

✂︎ – – – – -〈 キリトリ 〉- – – – –

ダイコン葉っぱ中間層

ダイコン根っ子のおでこ葉っぱお立ち台

ダイコン根っ子

といった具合です。葉先キューティクルだけ切り取られた模様。

img_8746

ヒヨドリたち食事中のダイコンハムシの心境も気になるし、ヒヨドリたちにはダイコンハムシを気にかけて欲しいし、葉先でまどろんでいたダイコンハムシを一緒に食べてくれたのかどうかも気になります。

ヒヨドリたちを見習い、この執念は切り取って心に刻み(すぐ忘れるけど)、残されたダイコン葉っぱ&根っ子を思う存分楽しみ切るのじゃ。

★ 徹頭徹尾ぶっちゃぎり。

img_8766

「…し、しょうじきびんぼうおうちゃくえよう(正直貧乏横着栄耀)」

img_8762

「…じ、じんせいいきにかんず(人生意気に感ず)」

img_8761

「…た、たいてきとみておそれずしょうてきとみてあなどらず(大敵と見て恐れず小敵と見て侮らず)」

img_8763

「…い、いちじつなさざればいちじつくらわず(一日作さざれば一日食らわず)」

img_8764

「…き、きのうのふちはきょうのせ(昨日の淵は今日の瀬)」

img_8760

満天のほうれん草の姿なく…徹頭徹尾ぶっちゃぎられ。

目立つは雑草の青さ…。

ほうれん草食卓日程いずこ…。

img_8765

ヒヨドリ「空き腹にまずい物無し!!」

ムクドリ「人を呪わば穴二つ!!」

★ サスペンス傑作選 ~舞台は目の前のディストピア~。

img_8694

「意識高い系」という皮肉言語があっちらへん界隈で浸透する昨今、意識高くなければ食べさせていただけないこっちらへんの現場から意識高いサスペンスをお届けします(今回はちゃんと( )内に元ネタ表記)。

img_8692

『ア・フュー・グッドメソメソ』

配給元:ブロッコリー

(「ア・フュー・グッドメン」’A Few Good Men’ アメリカ,1992年)

img_8693

『あいつらだ』

配給元:ブロッコリー

(「あいつだ」’Fatal Intuition’ 韓国,2015年)

img_8690

『働く標的』

配給元:キャベツ

(「動く標的」’Harper’ アメリカ,1966年)

img_8691

『欲しがるヒヨドリ』

配給元:キャベツ

(「欲しがる女」 ‘Irréprochable’ フランス,2016年)

img_8696

『ヒヨドリの偽証 前編・職権』

配給元:ハクサイ

(「ソロモンの偽証 前編・事件」日本,2015年)

img_8688

『ヒヨドリの偽証 後編・折半』

配給元:ハクサイ

(「ソロモンの偽証 後編・裁判」日本,2015年)

img_8689

『プリプリー』

(「リプリー」’The Talented Mr. Ripley’ アメリカ,1999年)

頭を抱えて悶絶する瞬間でもニ・コ・ニ・コしちゃえるアカデミックな現場監督を目指すべく。

菜っ葉食卓計画ガタ崩れ中継を今回も乗り越えまずぞ。

★ くつろぎのモフモフ。

img_8683

ニンジンちゃんモフモフ。

img_8685

モフモフとくつろぐニンジンちゃん。

img_8684

触り心地に酔いしれながら根っ子の緩やかな激太りを待機。

img_8687

モフモフなニンジンが3Dプリンターで生産される日が来たら、キアゲハの反応や生態環境も気になるところ。キアゲハも3Dプリンターから誕生する日も来るのでしょうか。

バイオ3Dプリンターによる神経再生組織の開発ニュースからも色々と想像が膨らむモフモフ人参場所にて。

素敵にモフモフな週末を♪♪

★ 流れ星キンカン。

img_8681

数時間ごとに寒暖ジェットコースターなここ最近、体調など大丈夫でしょうか。

晴れても曇ってもパラついてもヒヨドリのワークショップにより流れ星になってしまうキンカンですが、流れ星になる前の太陽キンカンが今週末もハレバレさんに並びます。

キンカンリクエストをいただけるのも食ッピングいただけているからこそです、農援ありがとうございます!

申し訳ないことに数が多くないので、土曜の午後以降にお立ち寄りの際はお手数ですが事前にお問い合わせいただけるとご足労が軽減されるかと思われます、よろしくお願いいたします。

~ natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) ~

毎週土曜・日曜に開催(閉店時間が違うのでご注意ください)

2月25日(土)10:00 ~ 16:00 / 2月26日(日)10:00 ~ 12:00

兵庫県尼崎市浜1-2-30 (大和肥料株式会社 敷地内) Tel:06-6499-6826

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

ヒヨドリの流れ星キンカンは祈願痕を除け拭いて食しております、俗に言う「拾い食い」ですね。そのおかげかどうかはわかりませんが、今のところ不調御一行様はお見えにならず。

重ねてお伝えしますが、就食いただくのは願い激しくつつき落とされる前の太陽キンカンなのでどうかご安心を♪

今回のキンカン収穫ホイホイ中の胸キュンな瞬間を共有しますぞ。

一枚目で気づかれていたならニタニタが止まらんのですが…。

img_8680

アゲハちゃんの抜け殻……!!

尊さ満載な光景を見逃さぬよう、キンカンも慎重にプレミアム摘み摘みフライデー。

★ conocaさんの「みかんマーマレード」。

先週末に開催された『神戸てくてくパンまつり』に出店の自家製天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさんで、当畑のあまあっまミカンフル活用なミカンパンシリーズも販売いただきました(てくてくパンまつり告知日記はこちら)。

そして昨日、神戸でムツさんと会うことができ、てくてくパンまつりが盛況だったことなど諸々のお話を伺えました。

ミカンパンシリーズも好評いただいたとのこと、嬉しい限りです♪

そしてムツさんのパンと一緒に販売されていたのが、焼き菓子屋conocaさんの「みかんマーマレード」です。

conocaさんにミカンの皮を託していたのですが、てくてくパンまつりでマーマレードとして販売されることを知らなかったので、告知日記でマーマレードについて触れられずが残念無念(笑)。

そんなわけでムツさんにお取り置きをお願いしていたconocaさんのみかんマーマレードがこちら。

img_8663

当畑あまあっまミカンの皮、魅惑の大変身。

「下処理をし、ミカンのプチプチ感が残るマーマレードにしました」と書かれている通り、

img_8665

プチプチがプリプリな食感!

ムツさんのパンに乗っけて食べる粋な演出できずが悔やまれますが、ミカンの皮がこうして美味しいマーマレードになって、パン好きさんが大好きなパンに乗っけて食べていただいていると思うと優しい甘みと爽やかな香りが一層増します、嬉し美味し♪

conocaさん、食ッピングいただいたパン好きなみなさま、ありがとうございました♪♪

【焼き菓子屋conoca http://conoca.jugem.jp 】

季節の食材の魅惑の変身は、期間限定なうえに数量も超限定。本来の自然の流れなり(笑)。

img_8244

ミカンの皮の写真を一緒に載せたいところですが、ただいま自家用に食べているミカンたちの皮はシミ&そばかす&シワのオンパレードを超えたツワモノばかりなので遠慮して、1月に撮ったミカン画像から蔵出し。季節終了の意を込めて色彩を抜きに抜いた1枚で締めますぜ。

ミカンが終了してまだ間もないんですが、ミカンをべったりイチャコラしていたのが何ヶ月も前のようにも感じる感覚からも春を感じます。

★ カロチン艇。

朝から夕方頃まで雨模様で暖かだった金曜。

img_8599

この子は裂け目が少なそうだから収穫はまだ少し先にして、

img_8600

裂け目の激しそうなこの子を月曜からちょびちょびといただきました。

食べられるニンジンも残り5本を切り、いつ収穫しようかと食べるタイミングを熟考する日々。

img_8602

img_8604

img_8603

img_8605

img_8601

割れて裂けていようがニンジン。日焼けしていようがニンジン。

食べられる食材は畑にたんとあるんですが、人様にお渡しできるような面持ちは不在。

食材と商品の境目について多く考えさせられます。

この冬の雪害で、折れて出荷が危ぶまれていた特産『岩津ねぎ』が『雪折れ岩津ねぎ』として販売されるとの一報を目にし、雪で折れただけの食材を商品ではなく食材として流通させた姿勢こそねぎの大道。

「雪折れ」という言葉のイメージから、より一層美味しそうに感じるのは私だけでしょうか。

雪折れ岩津ねぎのような粋な対応が今後も増えるといいですね。

img_8606

商品圏まで遥か彼方なニンジン「カロチン艇」。

来週(もしくは再来週)のニンジンもどんなお姿か楽しみなり。