★ Kinoko-Tenさんの『しいたけブロック』2ブロック目。

2015-2016の初ブロックに続き(体験日記)、Kinoko-Tenさんの職場や家庭で栽培収穫できるしいたけブロック、体験2個目となるしいたけブロック2016-2017の報告です。

収穫していると他の体験者さんの収穫具合が気になる点も楽しめるのですが、さて、皆さんのしいたけ生活はいかがだったでしょうか。

小作人は2016年12月7日開催のポルポさんの夕市『ちょいポル☆』出店時にKinoko-Tenさんから食ッピングしました。

そこからたった4日後の様子がこちら。

12月11日付。丸っとコロっとしたしいたけを間引き収穫。

さらにその4日後がこちら。

12月15日付。段々と平たく大きく膨らんでいきます。

ここから間隔を取りながら数回に分けて収穫し食し続けまして。

収穫一周目が終わった頃合いに、浸水を48時間ほど(24時間で十分らしいですが、半日ほどうっかりしまして笑)。

年を越し、浸水効果で出てきてくれました、1月3日付。

この双子ちゃんはお正月のご馳走として特段大事に食べた記憶が。

暖かすぎる日と寒すぎる日の寒暖差が激しいのが影響しているのかなどうなのかな?と、Kinoko-Tenさんに助言を求めたところ、

暖かすぎる日はやや涼しい場所へ移動、寒すぎる日はやや暖かい場所へ移動させるようにとのことだったので、汗ばむ日と底冷えの日にちょっと気付けた時に移動させる期間を経て、約一ヶ月半後。

2月16日付。久々に声を出して驚いた図。

大きく立派なしいたけをいただきハッピーエンディング。

裏世界がシロクマのよう。

というわけで、

小作人のしいたけ2ブロック目は、一周目は盛りだくさん収穫でしいたけ三昧、2周目の前半はぼちぼち、2周目の最後に特大しいたけをいただく結果となりました。

2周目突入時辺りの寒暖差が激しい真っ只中に放置し過ぎ気味だったのがやや響いてしまったかなと。

しいたけも生きものですから、同じ収量を得られる菌床ブロックもなければ同じような結果になるとも限らない点を楽しむのも醍醐味。

いろんな御人がいらっしゃるので、Kinoko-Tenさんも説明や対応など大変だろうなと思いつつも、栽培過程の想像していた通りの部分もそうじゃない部分も楽しめる御人たちで賑わっているしいたけブロック愛好界隈。

「そちらのしいたけブロックはどうでしたか?」会話を楽しむまでがしいたけブロック栽培。

今回も役目を終えた菌床は畑へ投入。

「しいたけ栽培、やってみたいけどどうなんだろう…」と悩んでらっしゃる方は次期12月~3月のKinoko-Tenさんの出店販売時にわからないことや不安点を相談してみてください。

私はブロック栽培2回ともほぼ放置気味ながらも収穫を楽しみました。

気軽さへの感覚は人によりけりなので「簡単にできる」というとちょっと危険なので「簡単」という言葉は使わないようにせねばと学びつつ(笑)。

ここが初見で興味持たれた方は約9ヶ月後をお楽しみに♪

【Kink-Ten Facebook https://www.facebook.com/Kinoko-Ten-324779507891413/ 】

広告

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中