★ こぶしキャベツ。

こぶし大ほどのキャベツ、薫がとてつもなく強くてほくそ笑みながら食しています。

ただし!半分に切った際、葉の断層で綺麗に詰まっているのに、一枚ずつめくり剥がしていくとイモムシころリン子がお見えになるという。

すんごい隠れ技を見せつけられるキャベツ、何年経とうがどれだけ予測しようが悪寒はもれなくついてきます。

葉一枚分あるかないかの隙間にムチムチグラマラスなイモムシ。

畑で見ると愛おしさ尊さ抜群なんですけど、台所で見るとこんなにも印象が変わるのでほくそ笑みの上達に拍車がかかります。

そろそろ梅雨入り本番かな?と予測し続けて何日目でしょう。

腸がちぎれ煮え返る時事ばかりでどうしようもない感情をこぶしキャベツの重ね煮食で消化する皮肉がめっぽう旨くてですね。

いつになく畑の恵みに助けられております。

それぞれの場所で、こぶし節愉快な週末を過ごされていますよう。

広告

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中