★ 弱かったり強かったり、イチジクのびのびにつき。

今季イチジク、例年に比べてとても足取りが重い状況です。

昨年と一昨年のこの辺りの日付を見返したところ、もう配達に出回っていたので、今季のスロースターターっぷりには動揺を隠せません。

胃に穴があかずに済んでいるのもイチジク好きさんの優しさ故でございます。

配達、店舗への出荷予定ともに遅れています、本格始動までもうしばしお待ちいただけますよう。

気分を落ち着かせるかのようなイチジク報告をひとつ、根付かせ編です。

背景が雑草の煌めきでわかりにくいですが、高さ1mあるかないかの小柄なこのイチジク。

次の写真のちょうど中央辺りの空間から移植したイチジクです。

文字入れ加工を省いたので伝わらないかも…。↑ (位置的にはこの矢印の辺り)

両隣イチジクとの距離間が近すぎて、3~4年ほど成長が止まっていました。

この春にやっとこさ広々とした場所へ移植しまして。

狭いといえど根張りの勢いは強いイチジクなので、掘り上げた時(物理的にも感覚的にも〝引きちぎる〟に近い(笑))、移植分の根があまりにも短く貧相な状態になってしまったので、さすがに持ち運ぶ際に「ぁ〜、移植マズったかも」と思ってしまった次第。

移植後、葉が全部枯れ落ちてしまいましたが、今はこうして回復しまして。

足元の根っこに注力していることもあり(個人的見解)、伸ばしてきた枝々も短めです。

枝々が短ろうと実をつけようと力を振り絞っている様子。

下側の色づいている実は確実に「捨て実」です、上の青い2個も「捨て実」に近い状態になるでしょう(小作人的予測)。

根張りを尊重すればイチジクの樹は、とっても粘り強い。

けれどもイチジクの実は、とっても繊細で弱く甘い。

この点を今季も伝えるべく。

広告

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中