★ いちごフェア2018。

4月末に初収穫のイチゴ場所より、いちごフェアが始まりました。

地上からはナメクジとカエルたちが「かじり忠実(まめ)」に、

上空からはムクドリとカラスが「つつき忠実(まめ)」に徹しております。

小作は彼らのおこぼれを摘み摘み。

ここで苺クイズです。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

ヒント:齧られ突かれあとは蟻がわんさかですが、蟻じゃありません。

答えはこの中継の締めで。

ドラえもんのポケットが型崩れしたようなイチゴに含み笑い。

苺の葉の上で衣替えするナミテントウにも含み笑い(右端のひっくり返りが脱皮殻)。

農友から譲り受けながら増えたイチゴたちを徐々に撤去し、只今リニューアル移行中。

昨年の夏に小作自ら選び新しく迎え入れたイチゴ苗の様子はまた改めて報告します。

アスパラとバトンタッチ。

アスパラが終わる寂しさに浸る間もなく生鮮そのまんまイチゴ、イチゴジャム、イチゴスムージーとイチゴ尽くしの日々。贅沢じゃのぉ〜。

真冬に極小あれど、1年でイチゴをいただく旬の本番はこの5月。

そんなイチゴの5月ももう後半に突入とは。

最近、『集合体恐怖症』という名前があることを知りました。

症状の強くない知人は周囲には少数ですがその都度説明されれば把握出来る症状です。イチゴなら単品でもつぶつぶ部分がダメだったりします。

畑には集合体なる光景が無数に存在するうえ、集合体写真をたくさん投稿してきたし今後も投稿していく予定なので集合体恐怖症の方には閲覧していただけないであろう当ブログ。

集合体恐怖症ではないから野良作業もできるのだな、と思えた今日この頃です。

締めは苺クイズの答えあわせを。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

答えは、タンポポの綿毛。

春の嵐の後は特にたくさんくっついています。

1本か少しならお洒落なんですけどね、ごっそり付いていたら含み笑い不可避なり。

以上、イチゴ中継でした。

 

広告

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中