★ イチゴを宝交イチゴに。

品種が明確ではないイチゴの苗を「余っているからもらっておくれ」と譲ってくださる方が続き、あまり深く考えずに気軽に頂戴し育ててきました。

最近になって品種を選んでみようという気持ちが前進し始めた時に宝交早生(ほうこうわせ)こと宝交イチゴの存在を知りました。

1960年に兵庫県宝塚市の小林という地域で誕生した宝交イチゴは甘さと酸味のバランスが良いとのこと。

栽培地域も近いなら風土の相性も悪くないかもしれない。

しかも酸味が健在のイチゴは貴重なので打って付けだと重い腰が上がり、昨年の8月下旬に情報元に問い合わせをして宝交イチゴを栽培する兵庫県西宮市の農家さんを紹介いただき、農園を訪ねて貴重な宝交イチゴの苗を農家さんご本人からいただくとこができました。

その宝交イチゴの苗たちの今の様子がこちら。

もっと早くに報告したかったのですが、雑草ボーボーではない姿を撮れぬままで。

今のところ元気に赤いランナーを伸ばして子イチゴをつけてくれています。

露地イチゴの定植時期は9月。

実は昨年の秋はイチジクでバテてしまい、イチゴの作業を頑張り切れなかったのです。

この9月こそ!イチジクの合間に!やるのだ!と気合は温めているのですよホホホ〜。

実を言うと宝交イチゴの風味を確認できぬまま苗を迎えたので、まだ彼らの味を知らず…。なんじゃそりゃですよね。

1984年には全国のイチゴ栽培面積の55%も占めた宝交イチゴなので、もしかすると幼少期に食べていたかもしれません。

品種数多から選んだ宝交イチゴ、仲良くやっていけるといいなと。

来春の宝交イチゴのためにも9月のイチジクの壁を乗り越えたい所存。

やっと宝交イチゴを報告できたのですっきりしました(笑)。

広告

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中