★ 落胆を重ねてもスイカを。

2018年夏に収穫できたスイカです。

スイカ2018も栽培過程初期1度の日誌で終わっていました。

2018年夏に収穫できたスイカ4個です。

長雨でダメになってしまったスイカは6個でした(小さな傷からの腐食により)。

落胆と同時に、よくぞ4個も残ってくれた!と喜びました。

2018年夏に収穫できたスイカの中の様子。

わぁ、なんて美しい!と喜んだ瞬間。

苗購入からの栽培だと白い部分は厚くなり、種蒔きからの栽培だと白い部分は薄くなるという説は濃厚かもしれない!と思わせてくれた、種蒔きから育てたスイカ2018。

宝箱兼びっくり箱を切り開けるこの瞬間の高揚感は中毒性が非常に高く感じます。

そこからの落胆だったので非常に辛かった。

こんなにもムラなく真っ赤で見るからにおいしそうなスイカ2018。

ところがどっこい。

見事に美味しくなかった…。

4個全て、笑えないほど美味しくなかったのです。

よくもまぁこんなにも甘くないスイカに仕上がったもんだワッハッハッハッ!と笑いたかった…。

そのまま食べるには味気なさすぎたのでスイカジュースやサラダにして食べたりとアレンジは楽しんだんですけども。

何故こんなに美味しくないのかの要因を考えたくても気象条件のせいにしてしまうので、もう考えまいと。

スイカ栽培もスペースとるし辛いしで、もう今年は育てるのやめとこうか。

食べたきゃ他所で買って楽しもうか。

4月まではそう思っていたのですが。

スイカ2019が発芽中。

宝箱兼びっくり箱との高揚感の中毒性は非常に高く、甘く大きな罠から小作はなかなか抜け出せないでいます。

ポットに種を蒔くまでは、う〜ん…う〜ん…と微妙な迷いが渦巻いていましたが、種を蒔き終わったらアラ不思議。

宝箱兼びっくり箱を持ち運びながら重いなぁ〜もぅ〜重いなぁ〜とニヤニヤ文句言う合間とか、とにかく外面をなでなでさすったりペタペタ軽く叩いて愛撫することとか、切り開ける包丁を握ってもったいぶってニマニマする数秒のこととか、中の出来具合に喜怒哀楽することとか、スイカだけで満腹になる贅沢感とか。

そういうことばかり想像するようになります。

やはり落ち込んだ時に複雑な感情とどう転んでいくかが重要なんだと思います。

スイカ2018&2019日誌でございました。

はじまる梅雨と夏、極端ではなくいい塩梅の気象でありますように。

広告

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中