月別アーカイブ: 2020年2月

★ 地味な歓楽ピンク。

ホウレンソウの根に近いピンクの部分。

様々に調理をしても、笑ってしまうほどにピンク部分が甘い。

あまりにも甘いので、軽く湯がいたピンク部分のみ個別で食べています。

ピンク部分のみ、スイーツ扱いです。

2019-2020冬定番の野菜セット。

水菜、大根、法蓮草。

法蓮草のピンクの部分だけ、スイーツ。

法蓮草という野菜についてくるピンクのスイーツ。

ピンクのスイーツについてくるのが野菜の法蓮草。

地味な歓楽であります。

ホウレンソウ中継より。

 

★ よく寝て、よく食べて、背筋のばして(金柑のお知らせ)。

よく寝てよく食べて背筋伸ばして深呼吸が上手なキンカンからのお知らせです。

明日2月29日土曜からナチュラルマルシェハレバレさんに並びます。

大舞台であるハレバレさんに立たせていただけるのも、食ッピングいただけているおかげであります。

ご贔屓ありがとうございます!

寒暖差の激しさ続いているので、良質な寝食のお供にお選びいただけると幸いです。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土・日 10:00~17:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

潤の2月29日より販売でなくなり次第終了となります。

美しのキンカン寝食、蜘蛛のきめ細やかなお仕事のおかげなり。

 

★ イチジク剪定お披露目会が近づいてきました。

『イチジク剪定作業お披露目会(詳細はこちら)』の開催日が近づいてきました。

今のところ、日曜3月1日の予報は曇りで寒さは緩むとのことです。

カタツムリのようなピースサインのような後出しじゃんけんチョキのような。

何かに見えちゃうイチジクも当日はざっくり剪定していただけることかと。

だがしかし世間では。

新型コロナウィルス感染拡大予防のため、様々な催しが中止又は延期される事態です。

剪定作業自体は現在進行形でして…。

イチジク剪定お披露目会は、荒天でない限り剪定作業は行います。

小作なりに考えた結果、剪定お披露目会への参加の判断はお任せしたいです。

この件について、明日28日夕刻までに参加の旨をいただいている方に一報します。

よろしくお願いいたします。

 

★ おとといゴボウの天道脈。

おとといのゴボウ場所より。

ゴボウとミミズの糞塊です。

同じくゴボウとミミズの糞塊です。

1枚目ゴボウが左の白丸枠、2枚目ゴボウが右の白丸枠におります。

肝心の根の直径はおよそ1cm前後ほどです。

葉が枯れ茶っちゃながら健在です。

休業知らずのミミズのおかげですね。

健在といえば。

このゴボウの枯れ茶っちゃな場所で賑わいを見せているのがこちら。

天道虫と、次世代の天道虫たち。

この枯れ葉を持ち上げた際は成虫のお天道が4匹、おしくらまんじゅう。

最後まで逃げ渋ったこの天道虫が産みの親でしょうか。

枯れ茶っちゃに真紅と黄金が眩しい、天道の金脈ににんまり。

ゴボウ場所でも天道虫の次世代が続々と誕生の気配でございます。

 

★ 山桃曜日。

ヤマモモです。

蜘蛛がヤマモモ柱の裏に隠れております。

危険を察知し、ヤマモモ柱を駿足下降の蜘蛛。

見事な危機管理能力。

小作のヤマモモというより、蜘蛛たちのヤマモモであります。

蜘蛛より目立つグルメな観光客イモムシの目撃を今季も逃してしまうの巻。

今回の写真は昨日のヤマモモの様子です。

冷たい風が吹き付ける肌寒い山桃曜日でした。

本日は暖かな山桃曜日になりそうかな。

素敵な山桃曜日を過ごされますよう。

 

★ 春告げる半日陰。

半日陰の若頭による春のお告げ、始まっております。

納屋周り等の美化清掃を少しずつ進めております。

長年放置していた負の遺産(処分すべきもの)のお片付け。

変化がよく分かる前後の景観報告ができるのはまだ先になりそうです。

作業にくたびれて足元の春のお告げ組に気付くとなんとも言えない気持ちになります。

音にすると、ほゎわん。

大きな存在感の小さな山菜たち。

蕗の薹とともに美化清掃の途中報告でございました。

 

★ 春雨と肥えておくれ。

新月直前、明日の予報は雨、中瀬の晴天の野良三拍子。

タマネギ場所に米ぬかを施しました。

間に合わせたことをタマネギと拍手喝采。

里山のお百姓さんたちの真似ができて大満足なり。

まちまちのままでよろしいので、のんびり肥えておくれよと伝えながら。

玉ねぎ中継でございました。