日別アーカイブ: 2020年2月12日

★ イチジク風景印。

2019年の春に、風景印を知りました。

風景印を知ってからというもの、近隣はもちろん遠出の際に目的地の周辺で風景印のある郵便局が営業時間内であれば立ち寄るようになりました。

これがなかなか、面白くてですね。

イチジクが描かれている風景印があることも知り、3局分を集めました。

川西郵便局の風景印です。(所在地:兵庫県川西市栄町13-18)

図案は加茂遺跡出土の弥生式土器、妙見山、猪名川、川西市名産のイチジクです。

イチジクが誇らしげですね。

慶事用切手と合わせました。

同日にもう一局へ走りましたぞ。

川西萩原台郵便局の風景印です。(所在地:兵庫県川西市萩原台東1-275)

図案は川西市のイメージキャラクターのきんたくん、郵便ポスト、川西市名産イチジク。

きんたくんを知るきっかけにもなりました。

イチジク色に近い紫色の秋の切手で合わせました。

城陽長池郵便局の風景印です。(所在地:京都府城陽市長池北清水20-2)

図案は鴻ノ巣山の遊歩道、花菖蒲、桃、イチジク。

花づくしのデザインですね。

縁起を担ぐため、鶴と亀の折り紙切手と合わせました。

川西市/城陽市在住のイチジク農家さんはお便りをイチジクの風景印で送ることができるということですね。

完璧なイチジク自慢ができますね。

ぅ〜ん、羨ましいっ。

風景印はその地域ならではの名品や名所を学ぶことができます。

地理・歴史・文化にめっぽう疎い自分自身にはうってつけの入り口なり。

イチジク好きな方、川西や城陽へお出かけの際は風景印でお便りされてはいかがでしょうか♪

(図案の情報は『風景印大百科 1931-2017 西日本編/日本郵趣出版』を参考にしています)