★ 遠路はるばる、イチジク最先端。

3月最後の金曜日、丸一日雨ですね。

恵みの雨に、芽吹きの準備運動も加速していることでしょう。

冬季イチジクからのお恵みをご紹介します。

ハラビロカマキリ2019が頑張ってくれました。

カマキリの産卵期は9月〜11月。

目立つ最先端、野鳥らに喰われずに残った卵鞘にうっとり。

カマキリとイチジクのお手柄に拍手喝采です。

桃色がかったイチジクの蕾に劣らぬ愛らしさ。

農兵カマキリ新世代の誕生が楽しみでなりません。

刺し主不明の小さな虫刺されが始まっている点を除けば、畑では明るい出来事ばかりです。

夏に向かっていく足元が賑やかです。

畑で笑っていられますようにと、うがい手洗い入念に。

たっぷりの睡眠も欠かさずに。

新型コロナウイルス感染拡大防止に努めるべき期間は続きます。

先を見据えた広い視野で冷静な判断と選択を心がけていきたいですね。

地味な頑張りの踏ん張りどころです。

…「地味な踏ん張り」……、野良作業そのまんまの響き…。

 

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中