★ 指鳴らしナッツの整列。

週末の雨予報を受け、ど根性ピーナッツと指鳴らして踊りたい気分なのだ。

ぜひとも間に合わせたい移植なのだ。

侵食で難儀中の竹やぶ界隈で調達した幼竹、今回は一輪車に一杯分なのだ。

畝の中に幼竹を仕込むのだ。

高級ベッドは完成なのだ。

正午目前、一旦休憩なのだ。

移植は日差し和らぐ夕刻に持ち越しなのだ。

ピーナッツ2019栽培跡地の収穫時のこぼれナッツから発芽したど根性ピーナッツなのだ。

俺も僕も私もと懸命な主張に心打たれるのだ。

だが誠に心苦しいことに、ベッド数は限られているのだ。

豆を投げつけられても笑顔を絶やさず心で泣く鬼のような心情で選抜なのだ。

夕陽が沈む手前、ピーナッツ理想郷が完成なのだ。

定植の活着が良いとされる中瀬に済ませることができたのだ。

根の安定までいい夢たくさん見て欲しいのだ。

ちなみに小作は指鳴らしが全くできないのだ。

昨日完遂の落花生中継にて。

 

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中