作成者別アーカイブ: Teruco

★ ごぼうの花。

この春に種まきしたゴボウちゃんたち。

上写真は5月末~6月初旬の様子です。最近の様子は後ほど。

所変わって、

こちらはこの冬の終わりにトウ立ちがはじまったゴボウ御殿。

長期間の収穫を楽しませていただいていたゴボウの居残り組です。

トウ立ち立ち上がり切るまでにかなり時間がかかったゴボウ。

時間をかけるのは立ち上がりだけではありませんでした。

蕾の初期段階トゲトゲわしゃわしゃが現れるまでどれだけ待ったことでしょう。

不安になってしまうほど待ちましたよ。

横からの図は丁寧に扱ってもらえなくて荒くれ果てた絵筆のよう。

黒いブツブツはアブラムシです。

時がぁ〜流れぇ〜、流れにぃ〜流れぇ〜。

歌いたくなるほどに待つことほにゃらら。

丸まってきました。

トゲトゲわしゃわしゃも形に沿って広がりました。

この状態が長く続いたので思わずこの形態が花なのかしらと。

我慢できず割ってみたところ、

しまった!咲こうとしている!

紫系の花なのねという喜び混じりの驚きと、もうちょっと辛抱すればもっと驚くことができたのにという惜しさ半々。

意地でも検索しなかった『ゴボウの花』。

久しぶりに味わった甘じょっぱい我慢風味。

それでもまた長い時間待って待って待ちまして。

やっと!ついに!花の姿が!!

ゴボウの花がイチジク色とは!

こじつけ大感動。

そしてそして?ほんでほんで?

君の満開はどんな姿かな?

と、この姿からの「先」を楽しみに待ちに待ったのですがこれ以上の広がりを見せる気配なく。

待ち飽きて、とうとう検索してしまった『ゴボウの花 満開』。

検索に頼ってしまったものの、驚き大きく。

この頭のてっぺんだけ咲いている状態が満開でございました。

愉快なことに、満開の期間はべらぼうに短い!

そこは抜かりなく儚さを演出するとは。

ゴボウのユーモアは根が深い。

満開に挟まれた真ん中の茶化したゴボウが咲き終わった状態です。

そうとわかれば膨らみの中の状態を見てみましょう。

ちゃんと種になっていらっしゃる。

まだ乳白色です。

渋い木肌色した種色までどれだけの時間を要するのか。

7月初旬の時点ではこの乳白色にほんのり黄色がかった程度でした。

熟成までまだまだ長くかかりそうですね。

ゴボウ栽培回数はまだ数えるほどですが、ゴボウの花を観察できたのは今回が初めてです。

トウ立ちさせないと知ることができない野菜の花の一つ。

まだまだ知らない野菜の花が多いですが、ゴボウのトウ立ちから開花・種熟成までの期間がこれだけ長いとは思いもよらなかったです。

ゴボウより長い時間をかける野菜の花探しの始まりでもあります。

そして今春から生育中の写真一枚目のゴボウちゃんたちはというと、

7月に突入の頃の様子。

真夏の陽光を祝うかのように元気でした。

そして先日の西日本豪雨の後の様子がこちら。

多くの若葉が痛んでしまいましたが、また時間をかけて返り咲いてくれるかと。

半年以上かけて花を咲かせるゴボウですからね。

ゴボウの花の時間のかけ方が半端ないことが伝わったなら幸いです。

まだまだ隠されている面白いことに気付けるよう、気持ちの余裕を持つことの大切さを教えてくれたゴボウ場所よりお届けしました。

広告

★ ブログ9年目へ。

2010年7月1日にWordPressブログを始めたので8年を終え9年目に突入です。

(( 小粋なあの方にズームイン ))

「9」ファッションのマイマイ先生とイチジク場所で祝いました。

飽くことのない日々をありがとうございます。

★ トゥルルンイチジク2017 総まとめ。

〜トゥルルンイチジク2017実録・総まとめ〜

イチジク2018が間近に迫っている中でのイチジク2017報告です。

情けない文面しか出てこずなかなか書けずにいました。

トゥルルン史はじまり当初から農援くださる方から今回が初見の方にまでイチジク2017自体とイチジクのことを伝えたいとの想いなので少々長くなります、あしからず。

⑴意外に知られていないイチジクの性質、「日持できず、収穫の瞬間が美味しさ最骨頂」であること。足の速さは果実界で最強にして最速。

⑵なかなか把握されにくいイチジクの旬、当畑ではお盆が明けた頃辺りがはじまりの目安。

利便社会から弾かれる⑴にも関わらず、流通に苦悩する当畑のイチジクがイチジクを探し求める情熱的なイチジク好きさんの食ッピングによって救われ続けています。

イチジク2017問題は⑵でした。

過去形ではなく現在進行形と捉えても過言ではない天候の影響は深刻です。

通常、8月15日頃のお盆を迎えると朝晩が冷んやりしはじめます。

イチジクにとって朝晩の冷んやり化は実り開始の合図なのでとても重要です。

2017年のお盆はこれまでにない事態でした。朝晩の冷んやりどころか9月はじめまで熱帯夜の24時間営業が続きました。

なかなかイチジクが始まってくれず、普段のスタート時期より半月以上も遅れ、やっと始まったと思えた頃合いに雨と台風が続きました。

配達も順延の連続で進まず、イベント出店時にも十分な収穫量がなく、イチジクサロン(イチジク狩り)も見合う実りが十分だと感じられず、ドライイチジク分は全く確保できず。

情けなかったです。

また同じような天候を迎えるかもしれないと思うと過呼吸の足音が鳴り響きます。

しかしながら、農援者さんのトゥルルンイチジクへの期待には応えられるうちは目一杯応えたい。

ミミズ「イチジク好きさんに見つけてもらえるまでのあの暗黒時代を思い返してごらん」

深呼吸が美味しくなる術をミミズも知っているのです。

トゥルルンイチジクを求めてくれる農援者さんにお届けする。

簡単なようで難しい。なんせイチジクですから。

イチジク2017の気付きを生かし学びを温め、イチジク2018は特にこの「イチジク大好き農援者さんに届ける」に集中します。

なんせイチジクですから。説得力のある呪文ですよね。

昨年の10月から打開策探しを繰り返しましたが、天候への恐怖を避けるには今はこれしか思い付くことができません。

現状では本数が少な過ぎるので著名イベントへの出店は樹を増やしてからにします。イチジクの挿し木で樹の本数を増やそうとしている地味な様子は一つ前の日記でご覧いただけます。

規模に対して少し無理があることは承知でしたが、イチジクに対して理解してほしいことを伝えるには手にとって食べていただける生鮮イチジクの数が必要です。

わかっちゃいたのに冒険したことはよくやった!と褒めたいのですが、あのクセが強過ぎた天候とガチンコしたおかげで心身ともに疲弊感を長期間引きずってしまいました。

昔では考えられなかったことが今では当たり前になったり、過去に当たり前だったことが今は特異なものや事柄はたくさんあると思いますが、果実界ではイチジクが特異中の特異トップクラスです。

なんせイチジクですから。

特異なイチジクを楽しく美味しく受け取ってもらえるよう頑張りたいです。

天候を恨むのはとても疲れるので、どす〜んと鼻ほじほじで構える大雑把さも磨いていくつもりなのでご理解の上お付き合いよろしくお願い申し上げます。

イチジクサロン(イチジク狩り)も今年は平日開催も設ける予定です。

ここからはありがとうイチジクありがとう農援者さん振り返り絵巻。

~ イチジクサロン(イチジク狩り)2017 ~

サロンという響きからは程遠いハンター能力が試されたイチジク狩り。

イチジク2017ハンターさんもみんな優しくて、心底救われました。

イチジクの期間だけ急速に寿命が縮んでいくので、それを戻してくれるイチジクハンターさんたちにも感謝でいっぱいです。

イチジクの別名は「長寿の果実」。

トゥルルンイチジクへの溢れる愛をありがとうございました。

~ トゥルルン魅惑の変身2017、お取り扱いありがとうございました ~

イチジク2017も各方面へ少しずつながらお取り扱いいただきました。

店主の方々、食ッピングいただいた農援者さんありがとうございます。

以下一覧、敬称略

公式サイトに加えてSNSアカウントをお持ちの方が多いのでどのリンクを貼るべきか少々悩みました(笑)。フォローされる方は各SNSをチェキら下さい。

イチジク2018がどちらでお取り扱いいただけるかは始まってからのお楽しみということでよろしくお願いいたします。

~ トゥルルンイチジク2017、イベント出店 ~

イチジクには不向きだとこれまで避けてきたイベント出店でしたが、得るものも学ぶべきことも大きく貴重な経験となりました。

出店に合わせて十分な収穫量を得られなかったのがとにかく悔やまれますが、わざわざのご来場に感謝の気持ちでいっぱいです。

再び出店できるよう、頑張ります。

難波神社で開催の『大阪ぐりぐりマルシェ』

https://www.facebook.com/greengoodlink/

真山養蜂場さんとの共同出店でした。

住吉公園で開催の『すみすみマルシェ』

https://www.facebook.com/sumisumimarusye/

こちらでも真山養蜂場さんと共同出店させていただきました。

『リレー・フォー・ライフ芦屋2017』

http://relayforlife.jp/ashiya/

体力を残せず短い出店時間になってしまいましたが、お会いできて嬉しい!をたくさんいただきました。声をかけてくださりありがとうございました。

東遊園地で開催の『EAT LOCAL KOBE』

http://eatlocalkobe.org

個人的にいちばん見応えがあり微笑ましかったのは撤収時の農家さん軽トラ行脚。

毎週水曜日の夕方に販売させていただいたポルポ芦屋さん前。

POLPO-ashiyahttps://www.facebook.com/polpo.ashiya/

たこ焼きで燃料チャージ、暑く熱い阪神芦屋イチジク物語をありがとうございます。

雨痕の縦筋も不快なく受け入れてくださるイチジク大好き農援者さんのお力添えにより、2017も幕を閉じることができました。

イベント出店すべきか否か、イチジクサロンの日程をどうすべきか、考えてばかりで報告が遅くなってしまいました。

殺気に満ちた2017猛暑でしたが、来る2018も同じかあれ以上の酷暑が来るかもしれません(何度も似たようなことを書いてしまいますトホホ)。

台風への懸念を抱えない年もございません。

情けなくも苦しかったイチジク2017から気持ちの切り替えがようやく追いつきました。

新たにはじまるイチジク2018をどうぞよろしくお願いいたします。

イチジク特設ページの更新までしばしお待ちいただけますよう。

イチジクサロン(イチジク狩り)、イベント出店、店舗・配達での食ッピング謝恩記録、これにて。

★ 挿し木イチジクたちの今朝。

マツムシっぽい子とイチジクの挿し木2018場所からお届けします。

大船に乗っているかのようなイチジクに安堵と嬉しさが。

まるで小作が葉っぱを置いたかのように見えるかもしれませんが違いまっせそのまんまでっせ。

葉が落ちてしまいましたが、残っている芽が希望の塊のような気配。

こちらも残った芽に賭けたい組。

春から梅雨入りまでに暑さと冷んやり期間が交互に来るたびに芽を出し伸ばしては取れ落ちを繰り返していた、長さ10cmあるかないかのイチジクたちです。

このイチジクも葉を数枚付けていたのに丸裸になってしまったのですが、おわかりいただけるでしょうか。

緑の小さな小さな点が新しい芽です、出てこようとしていますね。

頑張って伸ばしていただきたい。頑張るんだぞ。

こちらは成長著しい組。よく堪えてくれました。

もういっちょ成長著しい組。

他のイチジクたちを鼓舞してくれているかのような佇まいです。

長時間の雨に打たれたため痛手は少々受けましたが、イチジクの根性を見守るのみ。

挿し木10本のうち8本の無事を確認できて胸を撫で下ろした今朝。

容赦のない暑さが続くようなので、水分・塩分・休憩・睡眠が不足気味にならないよう気を付けましょう。

小さな挿し木イチジクたちの根性も見習って、今やるべき野良作業を頑張るのみ。

★ 元気を真似て元気に。

約5日間続いた雨ですがこちらは明け方に止みました。

ご心配のメールもいただきました、お気遣いありがとうございます。

西日本を中心とする豪雨で各地が甚大な浸水状況にある中、畑は水が引くのを待つ程度で済んでいます。

浸水に加えて風が強いとイチジクが危ないので後半から暴風が終息したのが救いです。

足首よりも低い丈の挿し木組のイチジクたちが不安ですが確認は水が引かないとなんとも。

と書いているたった今、地震が。

台風も新たに発生していますしね…。

なかなか気が休まりませんが、元気を真似ていきたいところです。

あのイチジクの(日記の写真最後から2枚目)背の高いイチジクの今朝の様子がこちら。

浸水で下側から出ていた若芽が痛んでしまいましたが、他の節からまた新しい芽を出してくれるはずかと。

周りの雑草は堂々と弱り切ったフリをしていますが実のところ元気ですから。

写真を撮る気が失せるほど雑草が元気いっぱいです。

野菜たちみんな雑草で隠れちゃってますから。

イチジクや雑草たちの元気を真似ていきたいところ。

★ 新しいアイコンを作成しました。

こちらは良い塩梅の雨の日に撮り採ったナスたちです。

3日からの大雨がまだ降り続いているので心配事が尽きません。

被害が最小に済むことを願うばかりです。

雨続きのおかげで何かと気が休まらない中、途中で放置していた畑屋号の新しいアイコン画を完成させました。

自分で描いておいてなんですが、テルってる畑。の「。」役はミミズなのですがパンに見える…。

古びた用紙にカッチカチの絵の具を溶かして頑張りました。

筆先の震えの激しさに老いを感じ哀愁溢れましたが、たまにはいいもんですね。

モノクロ加工だとこんな感じに。

うーんやはり「。」役のミミズがパン菓子ちっく。

カマキリ、蜘蛛、蟻、ミカンや野菜と詰め込みたいものはたくさんありましたがイチジクの葉っぱとミミズだけで十分かなと。

決して投げやりではございませんのよ。

屋号名と伝えたいものをコンパクトにする力量、今はこれが目一杯で候。

そんなわけでして新しいアイコンをよろしくお願いいたします。

P.S.「。」部分はミミズです。

★ 立葵、際立ちて。

雨嵐の暴活が続くので、雨が恋しかった頃の野生の立葵をお届けします。

BGMは臨場感あるクマバチの羽音で。

いつから咲き始めたのか思い出せない立葵。

風か虫か鳥か獣か、誰かが落としてから繁栄の一途。

はじまりはこちらのお上品な白地にピンクの立葵だけでしたが、

いつからか優しげな桃色も出てきて、

情熱的な赤紫色も登場。

青紫も。

色彩心理みたいなものを試されているのなら診断結果を知りたいところ。

そして今春から初登場の純白色。

まさかの真っ白にはうっとりです。

春から梅雨入り頃にかけて、緑まみれの畑の片隅で際立っておりました。

気象予報士によれば立葵の咲き具合が梅雨入り指標の一つだそうです。

7月を迎え、彼らの鮮やかさは一旦終わりつつありますが、また秋に向けて咲き誇るはず。

と書けば咲かなくなったりして。

構えては肩透かしを食らう展開も野生の花あるあるですもんね。

やっとこさ名前を覚えた立葵ですが咲かなくなったら忘れてしまいそうです。

名前をすぐに忘れてしまってなかなか覚えられない花、どんなことがあっても忘れられない花。

立葵は前者でしたが、梅雨入りのお知らせ役として「忘れても頑張れば思い出せる花」となりました。

そんな畑の立葵、次の際立ちまでひと休みの巻。