カテゴリー別アーカイブ: いきもの/life

★ イチジク狩り2019 開催についてのお知らせ。

イチジク狩り2019 開催についてと、少しの相談。

イチジク狩り開催の有無について。

  • 8月に入ってからのイチジクの収穫量
  • 8月10日からのイチジクの足並み具合
  • 気象庁の2週間予報
  • ここまでの夜間と朝4時台〜6時の気温
  • 本日8月18日のイチジクの様子

そしてまだ生鮮イチジクとして一度も販売できていないこと。

これら踏まえ、導き出した結論は。

イチジク狩り2019開催は見送らせていただきます。

イチジク狩り2019開催「も」ですね…。

気象庁の2週間予報では「最低気温は平年よりやや高めかもしれない、そして最高気温は平年と同じくらいか高いめかもしれないし低めかもしれない」とあります。

まぁ、わからんでしょう。

朝晩がもっと涼しくなってくれるかどうかもわかりません。

ただ、今のイチジクは昨年と同じような鈍足なのは確かなので(下手すると鈍足新記録を更新しそうな気配もある)、朝晩の涼しさが霞むほどの猛暑酷暑が続く場合の昏冥を回避したく、大事を取らせていただきました。

イチジクがないイチジク狩りは至極辛い。

開催する場合、摘み放題・食べ放題できるような収穫量があるかどうかが最大の不安要素です(3年前までできていたからこそ余計に不安)。

なので少し相談を。

イチジク狩りはできないけれど、収穫できたイチジクを分け分けして食べるイチジクミーティングみたいなものならどうでしょうか。

十分に満足できるイチジク(数量)を食べることはできないことを前提に、

「少しの数でも摘み取って、その場のみんなで分けっこで食べてもいいよ」

という方がいらっしゃるなら実施する価値はあるかもしれない。

どうでしょうか?

実は「イチジクがたくさん食べられなくても、イチジクの畑で完熟イチジクを食べられるだけで幸せなんです」という声を過去に頂戴しておりました。

それだけのイチジクへの情熱をお持ちなら…

イチジクを摘める数が少なくてもがっかりされないのなら…

「イチジクたちに会う機会」みたいなものでもいいのなら…

とりあえず訊いてみよう、という思考経緯です。

イチジクミーティングプレシャスオープンデー(仮)みたいなものでも参加したい!という方いらっしゃいましたら一声お知らせください。

実施するなら日時など諸々決めてお知らせしたいので8月23日(金)頃までに反応いただけると嬉しいです(ブログ、各SNS、メールなど何らかでお願いします)。

イチジク好きさんの期待に応えたい気持ちはあるのですが、いかんせんこちら視野縮こまってアイデア迷走中。

そしてこのやりとりで来期以降のヒントか何か見つかればいいなと。

イチジク期に猛暑酷暑を目の敵にすることに飽きに飽き(たぶん良い傾向)。

広告

★ ツイてたミノムシ。

イチジクの枝葉が大きくふんぞり返るほどには豪風だった先日の台風10号。

煽りに耐えたイチジクハウジングのミノムシ!

ツイてたイチジク。

ミノムシもツイてた。

強運ミノムシとの出会いと別れ、5秒ほど。

ご覧のように傷跡激しいイチジクですが、カフェメニューに変身すべくJR尼崎駅前のショップカフェ ナチュラルマルシェ ハレバレさんで就食いただきました。

太っ腹速報までしばらくお待ちください。

★ 薄日すぐさま灼熱。

fig-tree-praying-mantis

台風10号襲来の前に会えたウスバカマキリ。

約3週間ほど降水なく炎天下続きでウスバカマキリ色になってしまうのではと思っていたら超大型台風ですよ。

砂漠か冠水か、0か100か。

イチジクへのご心配ありがとうございます。

倒れてしまったイチジクは立て直しが容易な幼く低い子たちだけだったので御の字です。

豪風の煽りでみんなふんぞり返っとりますが、徐々に元の姿に戻るはず。

お盆の週が終わりますね。

高温が和らいでくれるかどうかが肝心要。

引き続き酷暑疲れに気をつけてまいりましょう。

★ トップアイドルにやっと会えた。

昨日7月29日、トップアイドルにやっと会えました。

春から姿を見ていなかったので嬉しさひとしお。

昨年は1匹しか会えず。

今年は1匹も会えないかもと思った矢先。

心配ご無用やで、ちゃんと生きてるでと言いに現れてくれたと解釈。

ただそこで暮らしてくれているだけで至極御の字です。

★ ガガンボのいる無花果と。

ガガンボはイチジク場所で元気そうですよ。

5月下旬から続いたイチジクの芽かき(余分な新芽を取り除く作業)とキボシカミキリほじほじ(カミキリ虫の駆除)を一旦終えました。

芽かきは早く済む作業なのですが、キボシほじほじは今年も時間がかかりましたね。

早めに報告したいですがどうでしょうね。

幼虫類の写真たくさんあるので食事時間と前後は閲覧お気をつけください。

これは5月10日前後のイチジク。

同じ場所からの写真を撮ればいいのにね、全然違う立ち位置から。

先週末のイチジク。

このあと草刈機で励みました。

緑刈れてイチジクの若芽際立つ写真を撮り忘れたのは休憩とるのに必死な証拠ということで。

本日の新月から6日木曜までは大潮なので、水やりはたっぷりとがんばりましょう。

★ まめぞら。

5月はソラマメをうんと楽しみました。

エンドウはソラマメよりもあっという間に終わってしまった感です。

ソラマメ2019は大粒と小粒が多く、中間が極小でした。

L〜XLサイズとXS〜Sサイズが多く、Mサイズは品薄だった空豆アパレル。

この収穫回は新玉ねぎと生クリームと牛乳でソラマメポタージュを作りました。

誠の食いしん坊万歳ですよ。

ソラマメヒゲナガアブラムシの体色は黄緑色なので、この子らはワタアブラムシかな。

いつ見てもアリたちが一所懸命お世話中。

ソラマメはいつもアブラムシとアリとナナホシテントウらと一緒です。

3者のうち誰か不在になるとソラマメの健全が崩れたのではと思い込んでしまいそうなほど。

5月最終週、世知辛い時事に落ち込みすぎないよう。

雨に喜びながらのソラマメ報告でございました。

★ 竹チップを試す夏秋野菜。

やっと雨が降ってくれました!

殿様蛙や沼蛙たちとの雨乞い叶い、待ちに待った夜の雨に歓喜です。

更新が滞っていましたが夏秋野菜の作付けを励んでおります。

毎春のように竹刈りさせていただいる農友さんから、竹チップをいただきました。

この5月に篠山市から丹波篠山市へ改名した、丹波篠山産の竹チップです。

竹の粉砕機をレンタルして作ったとのことで、米袋一袋分もいただきました。

竹は「とても強い」ため、量に気をつけねばなりません。

農友さんの使用具合を参考にしたかったのですが、畝に撒いていた様子が適当だったため参考にならず(笑)。

私も私なりに適量だと思う少量を野菜畝に投入してみました。

試すと言っても今回限りが濃厚ですし、昨今の気象条件だと効果の比較はできそうにないので、夏秋野菜の栄養になればいいなという気持ちです。

まだまだ気温の寒暖差が大きいので体調管理は過保護気味がいいかもしれませんね。