カテゴリー別アーカイブ: いきもの/life

★ 雨が恋しかった春。

灼熱続きで雨が恋しかったここ最近。

野良作業・春の山場、帰宅後バタンQ続きでお蔵入り日記も増える一方ですが、大人になりたてのテントウムシを片手いっぱいに集めてはソラマメ場所に放つ遊びも山場かな。

アップルミント広場がテントウ虫色の水玉模様で、ダブル斑点祭りです。

明日4月27日は『Yaini Rera Live &マルシェ』の開催日です(告知日記こちら)♪

ドライフルーツ以外にもお野菜を少々ですが連れて行きます♪♪

雨のおかげでゴボウもヘッドハンティングが楽ちんのはず。

雨予報が月曜日から火曜、水曜へと日々ずれていくと同時にこちらも雨に間に合わせようと力みまして。

連日深夜にしとしと降ってくれるのが理想ですが、やっと本日、恵みの雨降臨!

夏から秋までの食糧。

夏から秋、初冬までの食糧。畝にも播種しとりますのよ。

恵みの雨降臨に間に合った種蒔きあっぱれ!

ありがたき雨、ありがたき。

野良作業・春の山場はまだまだつづく♪

★ 4月のみんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ に三つ葉ジェントル。

ミツバを渡り飛ぶアマガエルに夏を感じる蜃気楼。

4月の『みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~』への食材提供は三つ葉です。

アマガエルはミツバ場所に残留ですよ。

先月から開催時分のお料理レシピの公開が始まりました。ミツバレシピも開催後にご覧いただけるはずなので、プロジェクトサイトのブログ更新をどうぞお楽しみに♪

《 第23回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

4月16日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

紙芝居の部やおにぎり部などイベント内容の詳細はFacebook https://www.facebook.com/events/1386729591349865/ を参照ください。


「貧困」「子ども食堂」と謳うと近寄り難い印象が先行するかもしれない理由から、“大人も子どもも誰でも気軽に食事をする場”として利用して欲しい狙いで「地域食堂」と言い表している現況。

最低限の食事を摂れない状況にいる子どもたちの参加が最たる願いですが、いじめ問題と同じで、大人に関わって欲しくない・大人が関与してくる事が迷惑且つ恐怖に感じる子が少なくないと思います。

私は小学校から中学校時代にかけて裕福極まりない家庭暮らしから口外禁止事項だらけの貧困家庭まで、垣間見れるどころか知りたくもない家庭内事情を直視させられる立ち位置で過ごしていたため、後者の彼らが彼らだけで参加できるとは考えられません。

「飯を食え」と便器にこすりつけた菓子パンを口の中に押し込まれ、飲み込むまで殴り続けられても「(このことを)誰かに言ったら殺す」と言うことしかできないのが子どもたちです。

困窮の場にはお節介が必須。

それも同級生や同年代からのお節介が理想なんですがね。

もちろん親を含む大人や教師、近辺の知り合いなどが何時も聞く耳を持つ構えも常に揃っていないと本末転倒。

学校内で近距離・遠距離を駆使して奮闘しようするお節介な子たちが極端に少ない傾向などあるのかないのかどうなんでしょうか、気になるところです。

見て見ぬ振りが重要な場面や深入りが危険な場合などの例外を除き、大抵は厄介ごとと捉えて我関せずで済ませがちなところを、周囲が裏で影であれこれと手を組んで少々のお節介を重ねないと好転の可能性の発動地点にも辿り着けないんですよね。

私には実子も養子もいないので、今の子ども社会の内情がどれほどか把握できず、どうしても自身の子ども時代の思い出話ばかりになってしまうのですが…こうして現段階の見解は一筆したためたく。

このイベントに対して「反吐が出る」「ババァとジジィの自己満足」「気色の悪い道楽」と感じる子どもたちを想像しながらミツバを収穫した土曜の午後。

★ 4月17日はオクタホームさんの朝市へ。

あやめ雪蕪の菜の花も一斉撤去した昨日、まっ黄っ黄の花びらシャワーを浴び続けました。

本日も野良作業日和のようです。

予報では週明け月曜の後半に雨が来るかもしれないので、この2日間は目一杯、畑でえんやこらでっせ。

後半は雨が来るかもしれない月曜の前半はオクタホームさんのオクタ朝市に出店しますので、お近くの方、お休みの方はぜひ遊びにいらしてください♪

当畑の出店参加時間は10:00〜13:00です、農援よろしくお願いいたします!

【 オクタホームさんのocta.朝市 】

4月17日(月) 10:00スタート, ~14:00/15:00随時撤収

開催場所:兵庫県芦屋市浜風町3-12 octa.ホーム

オクタ朝市公式サイト http://octaasaichi.jimdo.com

ブログ http://ameblo.jp/octa-asaichi/

Facebook https://www.facebook.com/octaasaichi

octa.ホーム http://www.alice-yagi.com

菜の花びらシャワーの中でイチャコラ〜♪♪

★ ラウンジ蝶々さん。

雑草てんこ盛り写真で草引き三昧日記をお蔵入りするキアゲハに遭遇しまして。

シロチョウやタテハチョウも舞いはじめ、季節の訪れ早乗り蝶々に目を細めるばかりでもないのが超自然世界。

羽化時に何かしらの問題が生じた模様のキアゲハ。

足空でバタつき続けていたので、休憩しやすそうな蕗に移して、まじまじ鑑賞。

遅かれ早かれ、野鳥かトカゲたちに食されることでしょう。

まじマジ鑑賞のおかげでお蜜時間に同席できまして。

まんまる口吻(こうふん)を、

ちゅちゅいと伸ばして。

蕗のお蜜は美味しゅうございますか。

彼ら超自然風景に衣食住の大切さをじんわり感じます。

身を纏えるものがあって、身をつなぐ食べものがあって、身を休める寝床があることの有難さをキアゲハにも重ねては草引きてんこ盛りなんぞでヒィハァ言っている場合じゃねぇぞい。

と、キアゲハと蕗を前にして思っても雑草を前にするとやはりヒィハァ。

まだまだ朝晩と風が冷たい春のヒィハァ、風邪ヒィハァ回避にも励みたいところですね。

★ ちょいポル☆3月29日(臨時にちょいとポル☆シェ)。

カナヘビの視線を浴びながら春の香草収穫に励んだ3月29日水曜の朝。

阪神芦屋駅前のたこ焼きBarポルポさん前で就食活動させていただきました。

面子はドライフルーツシリーズ(トゥルルンイチジク/あまあっまミカン/艶かビワ)、葉ごとニンジン、ブロッコリー、三つ葉、チャード、よもぎ、土筆でございました。

僅かでも小作臭を醸し出すために連行した今回、春の香草で冬の毒抜き祭という商戦でしたが、なんと早々に完売いただき、ただのドライフルーツ屋に様がわりという流れに!

来たまんま持ち帰り内職間違いなし予想を初っ端に挫かれた仰天笑いで特大デトックス、まさに「もう十分に十分、余は満足じゃ」♪

食すまでの下処理作業が大きな壁と謳われる香草たちがまさかの大好評、春らしさを求める方との対人運気が今回は特段に良かったようです。

これぞ春の驚き桃の木山椒の木、農援食ッピングをありがとうございました!

ポルポさん正面口には毎週水曜、夕方5時〜21時まで絶賛出店中の八百屋・有頂天晴果さん。

毎週水曜の有頂天食ッピングが楽しみでお出かけするようになって体調が良くなったという方も続出中で、健やか効果も抜群に展開中。

月に一度の『ポル☆シェ』は4月12日は開催です。

身体ががんばり過ぎる季節の変わり目、身体がホッと一息つける食事と睡眠でうららかな境界を乗り切っていただていますよう。

ポルポさんとポルポさんに集まる農援者さんにたくさんの笑いで癒されました、ありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同のリンク先一覧です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポルポさんで盛大に楽しんでいる間も、農兵カナヘビたちがダイコンハムシらを食してくれていたに違いない(願望)♪

★ 心根に響くセトリ。

img_8842

引き抜き公演で体感する心根を信じ抜く躍動。

img_8843

前座はガラスの心を持つ若手屈指の実力派、

img_8844

黒仮面シンガー。

img_8845

研ぎ澄ませば聞き取れる煽り文句「度肝も抜くぜ」。

img_8846

ニンジンとダイコンをちょびちょび食べ尽くす3月ももう半ば。

3月11日と12日、東日本大震災の特集で、高校生たちの現在を取り上げた記事が特に印象に残りました。

将来の夢は廃炉ロボットをつくることと語っていた高校生に、誌面越しに体温が上がりました。

日々の現実を暮らしながら夢や理想を持てる世界であって欲しいと。

心根を豊かに育てて欲しいと。

img_8847

それでは代表曲で味わってください、♪ ちゃんと元気にお腹空いてるかい? ♪

心根に響く引き抜き一発屋たちのセットリスト中継でした。

★ ハクサイダニ。

ミカンとキンカン以外の中継が久しゅう。ハクサイ中継です。

img_8556

外側の葉はハクサイらしさがあるのですが中側の多くがキャベツっぽい菜っ葉に進化中。

味はハクサイなんですがね。

img_8557

菜の花の準備、着々のご様子。キャベツっぽい葉調は菜の花到来のお知らせ。

img_8558

食材貴重な春直前、ちょびちょび食しているこのハクサイたち。今年に限らずなのですが、いつも「こやつら何奴」と思っていた彼らの正体が判明しまして…。

ダイコンハムシよりもすばしっこく、過去に撮った写真を探してもブレ絵ばかりなので鮮明絵は諦めました。画像検索すればいくらでもお姿拝見できますしね。

img_8559

だいたい葉の根元にこうして隠れています。

彼ら、秋~冬が躍動期。

わずかな振動で高速移動で散るし(彼らも命がけなので当たり前ですが)、他のあざとき虫同様、こちらの黒目の動きだけでも逃げたりします。

img_8562

「こやつら何奴」と意識しはじめてから数年どころじゃないので、やっと辿り着けて嬉しいんですけど彼らへの歓迎の念はございません。彼らの名はハクサイダニ。

ハクサイダニ。

またしてもこのなんとも言えないそのまんま感。

ダイコンハムシの正体判明時と同じような心境です。

ここ数日、ハクサイダニを検索し続けましたがハクサイダニについても天敵については有力情報は見当たらずでした。

ダイコンハムシにしろハクサイダニにしろ、畑で見る「こやつら何奴」の正体を検索すれば検索数の少なさに毎度笑う現状ですが、作物に付属する虫についてちゃんと学んでいきたい念も強くなる一方。

畑での目撃情報とともに整理しながら『農作物と虫と天敵』のまとめ作成を目指したいところ。

図解がたくさん掲載の虫や土壌の専門書を数冊借りているのですが、今回はこの一冊のご報告。

img_8570

『ひと目でわかる 野菜の病害虫防除 / 根元 久著(家の光協会)』

虫と作物症状がすべてカラー写真で紹介、白黒写真ではなくカラー写真がありがたい。ハクサイダニについての記載はありませんでしたが、天敵については簡潔な基本情報は揃っていました。

根元 久氏の著書に『天敵ウォッチング(NHK出版)』や『天敵利用と害虫管理(農文協)』もあるので後追い出来たらと思います。

作物栽培の愉快さにもれなくプレゼントされる虫への「何これ何故これ如何これ」コレクションを究める道は非常に険しいですが、こんな感じで楽しいうちはつづくはず。

目新しい作物を紹介されるとき、どんな虫が付属するのかを真っ先に気にするようになっているので、自身の進歩としては御の字です。

黒ゴマのような体と透明感あふれる朱色の脚で忍者の如くな彼らハクサイダニ、判明できてまずはひとつ、めでたし。