カテゴリー別アーカイブ: いきもの/life

★ テントウのねぎっ子。

DD77スタイルだった玉ねぎ(日誌こちら)の続報です。

先週木曜(約5日前)に撮った玉ねぎ場所です。

鮮やかな山吹色の卵ずらりがちょっこり。

幼き玉ねぎへの重圧。

玉ねぎ場所を注視すれば…

いらっしゃいました、てんとう虫。

産卵したのがこのてんとう虫とは限りません。

幼い玉ねぎを登っては産卵姿勢をとるかのように止まってはまた動き出し…を繰り返す様子を見ると、「君かね?彼らの親は」と尋ねたくなります。

ちなみに玉ねぎの葉先に付いている黒い粒は種の抜け殻です。

台風19号による雨嵐が過ぎ、そういえばテントウさんの玉ねぎっ子たちは無事かな、と。

13日(3日前)の玉ねぎ場所がこちら。

テントウねぎっ子たちの山吹色は一切見当たらず。

けれどもテントウ芋虫の姿が一匹…。

みんな孵って離散し終えた中で留まっていた一匹なのか、

他所から移動してきたこのテントウ芋虫が全部食べちゃったのか、

孵ったこの一匹が他の子をぜんぶ食べちゃったのか、

雨嵐で去ってしまった彼らを偲ぶ姿に見えてしまっているだけなのか。

玉ねぎ場所にて、テントウ謎の一幕をお届けしました。

玉ねぎ、元気です。

 

広告

★ いちじくカエル跳び。

イチジク場所は特に防鳥糸(黄色)を張り巡らせています。

野鳥も必死なので、防鳥糸を体当たりでイチジクをチュルルンしに来る日々を営みます。

野鳥に切られた糸が垂れに垂れ。

そこで今季はあえて糸を張り直さず、イチジクの樹周りに直接かけまくる方法をとりました。

チュルルンされないイチジクがゼロではありませんが、防鳥効果は実感できています。

引き換えに、自分自身が糸に引っかからない日はございません。

糸だらけなので、ただ歩き回るだけでアスレチックフィールド。

収穫作業なんて、なんちゃってサーカス団員気分です。

その上で、こちらの表情をご覧ください。

これに勝る表情なし。

イチジク直接掛け防鳥糸に難儀して動く小作を見るこの表情。

イチジク蛙跳び、軽軽と。

アマガエルばかりのイチジク日誌。

体育の日につき。

 

★ イチジク行楽たくさん。

おはようございます。

写真は一昨日金曜に会えた無花果カマキリです。

無事に産卵してくれたか気になりつつ。

今日明日とイチジク行楽たくさんあるのでご紹介します。

生鮮イチジク販売がお休みとなったナチュラルマルシェハレバレさんは本日は開店です、イチジクスムージーをお楽しみいただけます(最寄りはJR尼崎駅)。

店主ちえこさんのCHAIRさんでは本日はイベント開催で、イチジクメニューをたっぷりお楽しみいただけます(最寄りは阪急・伊丹駅)。

パティスリーアトリエTAKEさんでは週末限定のイチジクケーキが明日の祝日までお楽しみいただけます(最寄りは阪急甲陽線・苦楽園口駅)。

店主きんちゃんのカフェQUINさんではイチジクソースが販売中です、そしてイチジクのスイーツが登場するかも!?です(最寄りは阪急甲陽線・苦楽園口駅)。

酵母パンと焼き菓子ヒカリノさんは明日14日に開店です、イチジクパンと焼き菓子をお楽しみいただけます(最寄りは山陽塩屋駅・JR塩屋駅)。

16時開店ですが、たこ焼き屋ポルポ芦屋さんではイチジクサイダーのポル☆ダーをお楽しみいただけます(最寄りは阪神・芦屋駅)。

甲山ハニーガーデンカフェでもイチジクのメニューをお楽しみいただけます(西宮・甲山)。

と、阪神間の7店舗でイチジク魅惑の変身をご賞味いただけます。

書き逃しなしのはず…。

伝え忘れなしのはず…。

イチジクの枝に産卵してくれているかもしれない。

目一杯、見逃さないように手を動かさねば。

秋のイチジク行楽も目一杯ご堪能いただければ幸いです!

 

★ アマガエルと同じ表情。

土曜朝8時台、雨が激しくなってきました。

ナチュラルマルシェハレバレさん(尼崎)は臨時休業なので生鮮イチジクの販売もお休みです。

3連休中はパティスリーアトリエTAKEさん(西宮)でイチジクケーキの販売があります。

最新の気象予報と交通状況をご確認のうえ、無理のない範囲でお楽しみいただければと思います。

追い追い、イチジクメニューお取り扱い店の情報などSNSも更新するので覗いてやってくださいませ♪

このアマガエルと同じ表情で過ごす本日。

台風による影響や被害が最小で済みますように。

 

★ クロマダラソテッちゃん。

赤紫蘇の開花をちらちら見ていたら10月初旬も過ぎていき。

クロマダラソテツシジミと知り。

ポルポ芦屋さんでの事前ご予約イチジク手渡し販売、本日はございません。

やはり先週が最終日でしたね。

まさかまさかの雨と台風が少ない9月のおかげもありました。

予約受付の呼びかけに応えてくださっていたイチジク大好きさん、たくさんのご贔屓をありがとうございました!

 

★ 花の中の気分を。

昨日6日は初の試みイベント『イチジクミーティング』初回でした。

晩秋イチジクの花々に囲まれ、優しさ溢れるイチジク好きさんに囲まれ。

この感情を表すにはぴったんこな、かぼちゃの花にいたこの子。

上向き矢印姿を気分上々にこじつけられた小さな蛾。

翅が透けているからスカシバガ科の仲間かな。

手元のポケット昆虫図鑑では同定できぬまま眠りに落ちたのでした。

優しさの種類も様々と学び、蛾の種類も多すぎると学び。

 

★ 感謝の歯型技師。

ダイコンのダイコンハムシ…ではなくダイコンハムシのダイコン。

「ありがとうハムハム、ハムハムをありがとう」

感謝の歯型技師は小作の手により散り散りに。

感謝の歯型技師よさらば…アリの巣へさらば…を繰り返すこと約7日。

感謝の歯型が霞むほどの葉を魅せるダイコンが誇らしげ。

次に魅せられるはカメムシ族かな。

日を置いてまた殺到する歯型技師にも構えつつ。