カテゴリー別アーカイブ: ごぼう/burdock

★ ごぼう、花から種へ。

ゴボウは花を咲かせるまでにめっちゃんこ時間をかけることに驚きを隠せなかったあの報告(野良日誌こちら)から約2週間。

あんれまぁ。

ゴボウさんは花から種になるまではあまり時間をかけない“らしい”。

何せ初観察のため、花から種への時間が短く感じるのはこの酷暑が影響しているのかどうかもわからず。

至って通常の速度なのかもしれませんね、どうでしょうね。

も、もしや、花を咲かせるまでの超長時間が異例だったのかしら?と思えてきたり(笑)。

種になるのは8月下旬ではなかろうかといった予想も吹き飛ばされました。

イチジク枝葉がみんな無茶苦茶なオールバック状態にまで倒れ乱れたのに、彼らゴボウの花は不動の仁王立ちとは。

写真は台風12号前ですが通過後も変わらずです。

そんな頑丈な彼らの中を拝見。

種の色が種色です。

前回の日誌ではまだ乳白色だったので、種色になった種に思わず祝辞を。

威嚇満点な風貌の内部はふわっふわのサラッサラな柔毛が大半で、種は身を隠すように潜んでいる状態です。

過剰に凝ってますね〜。

キク科とゴボウの知識を得ないとこの不思議ファッションの美の追求はできませんね。

奥の深さに感動し切る以前に学びが全く足りない…と、ちょっとショボくれましたがゴボウの花から種への過程を観察できたことが嬉しゅう。

次世代への繋ぎ方をまじマジ魅せてくれたゴボウとの夏。

7月の締めがまさかゴボウとは。

予想外の愉快さ再々噛み締めつつ。

広告

★ ごぼうの花。

この春に種まきしたゴボウちゃんたち。

上写真は5月末~6月初旬の様子です。最近の様子は後ほど。

所変わって、

こちらはこの冬の終わりにトウ立ちがはじまったゴボウ御殿。

長期間の収穫を楽しませていただいていたゴボウの居残り組です。

トウ立ち立ち上がり切るまでにかなり時間がかかったゴボウ。

時間をかけるのは立ち上がりだけではありませんでした。

蕾の初期段階トゲトゲわしゃわしゃが現れるまでどれだけ待ったことでしょう。

不安になってしまうほど待ちましたよ。

横からの図は丁寧に扱ってもらえなくて荒くれ果てた絵筆のよう。

黒いブツブツはアブラムシです。

時がぁ〜流れぇ〜、流れにぃ〜流れぇ〜。

歌いたくなるほどに待つことほにゃらら。

丸まってきました。

トゲトゲわしゃわしゃも形に沿って広がりました。

この状態が長く続いたので思わずこの形態が花なのかしらと。

我慢できず割ってみたところ、

しまった!咲こうとしている!

紫系の花なのねという喜び混じりの驚きと、もうちょっと辛抱すればもっと驚くことができたのにという惜しさ半々。

意地でも検索しなかった『ゴボウの花』。

久しぶりに味わった甘じょっぱい我慢風味。

それでもまた長い時間待って待って待ちまして。

やっと!ついに!花の姿が!!

ゴボウの花がイチジク色とは!

こじつけ大感動。

そしてそして?ほんでほんで?

君の満開はどんな姿かな?

と、この姿からの「先」を楽しみに待ちに待ったのですがこれ以上の広がりを見せる気配なく。

待ち飽きて、とうとう検索してしまった『ゴボウの花 満開』。

検索に頼ってしまったものの、驚き大きく。

この頭のてっぺんだけ咲いている状態が満開でございました。

愉快なことに、満開の期間はべらぼうに短い!

そこは抜かりなく儚さを演出するとは。

ゴボウのユーモアは根が深い。

満開に挟まれた真ん中の茶化したゴボウが咲き終わった状態です。

そうとわかれば膨らみの中の状態を見てみましょう。

ちゃんと種になっていらっしゃる。

まだ乳白色です。

渋い木肌色した種色までどれだけの時間を要するのか。

7月初旬の時点ではこの乳白色にほんのり黄色がかった程度でした。

熟成までまだまだ長くかかりそうですね。

ゴボウ栽培回数はまだ数えるほどですが、ゴボウの花を観察できたのは今回が初めてです。

トウ立ちさせないと知ることができない野菜の花の一つ。

まだまだ知らない野菜の花が多いですが、ゴボウのトウ立ちから開花・種熟成までの期間がこれだけ長いとは思いもよらなかったです。

ゴボウより長い時間をかける野菜の花探しの始まりでもあります。

そして今春から生育中の写真一枚目のゴボウちゃんたちはというと、

7月に突入の頃の様子。

真夏の陽光を祝うかのように元気でした。

そして先日の西日本豪雨の後の様子がこちら。

多くの若葉が痛んでしまいましたが、また時間をかけて返り咲いてくれるかと。

半年以上かけて花を咲かせるゴボウですからね。

ゴボウの花の時間のかけ方が半端ないことが伝わったなら幸いです。

まだまだ隠されている面白いことに気付けるよう、気持ちの余裕を持つことの大切さを教えてくれたゴボウ場所よりお届けしました。

★ 安穏に。

切られ茹でられ叩かれる前の、ごぼう。

足元(根)がっちり、足腰(繊維)しっかり。

安穏を得るまでの発掘は細く長く、笑えるほど重くてね。

牛蒡が食べたい!牛蒡を食べよう!からはじまり、

もう嫌だ…やっぱり食べるのやめる…牛蒡の件はなかった事に…と何度も手を止め、

せっかくここまで来たのだ諦めるでない、もうあとほんの少し!で戻っちゃっては、

ラストスパート何度目じゃコレ!とうんざりを繰り返しての、

叩き上げ牛蒡からの貰い笑い。

そりゃ涙も出るさ。

そんなわけで今年も牛蒡の栽培を強くお勧めします!!

★ 山の幸、牛蒡の幸。

ゴボウちゃんを引っこ抜いた後の空席を埋め埋め。

気高き牛蒡山、再び!

お隣と密接し過ぎないように付き合うのが自然の良策。

何もかも台無しにするだけのミサイルと違って、食糧を産む畝の打ち上げに精を出すほうが未来永劫美味しいぞ。

海の幸、山の幸、牛蒡の幸。

打ち上げるべきは幸の美味しさ。

★ ポル☆シェ 53ポル。

ニンジンの収穫に取り掛かってすぐにアオバアリガタハネカクシ氏が視野に入りまして…。

作業速度を限界にまで落として動体視力はトップギアで引き抜き完了したニンジンとゴボウたち泥まみれ、わし汗まみれ。

採れたてホヤホヤ偽装ゼロたちで就食活動に励む食の祭典、たこ焼きBarポルポさんの水曜夕市~夜市『ポル☆シェ』、昨日4月12日は第53回目の開催でした。

阪神電鉄車内からは幻覚的に楽しめますぞ。

忘れがちな余暇娯楽「ちょっと寄り道気分」を存分に味わえるポル☆シェです♪

今回は出店仲間が少数でしたが、物足りなさご無用。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさん。当畑のあまあっまミカンのピールを使っていただいている焼き菓子もございましてよ。

出店時間が1時間限定ですが、続々と完売しちゃうのでパン好きの御人はお早めにどうぞ♪

そして台湾の食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店の松本さんと、52ポル回での取材記事が掲載中の4月号『Bplatz (http://bplatz.sansokan.jp)』の松本さん♪

写真たっぷりのサイト記事は http://bplatz.sansokan.jp/archives/8477 です。

Bplatz読者アンケートへ松茶商店・松本さんの感想を届けるべきは、今!

反響が大きければ大きいほど夢広がる現実膨らむほくそ笑む。支持熱の見せ所でっせ♪

当畑はニンジン、三つ葉、ゴボウ、ドライフルーツシリーズのトゥルルンイチジク・艶かビワ・あまあっまミカンのヌーディ(皮なし)&ファッショニスタ(皮ごと)でございました。

今回は食ッピングいただいた方に先着で、スズラン/ムスカリ/菜の花の中からお好きなお花をプレゼント!を開催。

もちろんお花たちも摘みたてホヤホヤ♪ 農援者さんに喜んでいただけたようで嬉しい限り。

有頂天晴果さんの出店写真は撮れずじまいでしたが毎週水曜に出店中なので、ぜひ来週、再来週と途中下車かお立ち寄りいただけますよう。

昨日も風が冷たく寒い一日でした、まだまだ油断せず、寒暖差に気をつけたいですね。

いろいろな特技や趣味を持った方々がたくさん集うポルポさんのポル☆シェ、毎回楽しみにでなりませんが、次回もどんな面白い農援者さんとお話を耳に目にできるのかと期待が高まり続けております♪

53ポルもニンジン・三つ葉・ゴボウ全て完売いただき、ドライフルーツもたくさん旅立って行きました、ありがとうございました!

次回、第54回ポル☆シェは5月10日(水)に開催です!

ご予定に「ポルポるマーク」をよろしくお願いいたします★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ きさんじな子たち。

img_7876

きさんじなゴボウたち。

img_7871

「きさんじな子やねぇ」という言葉を聞いて、“きさんじ”とはなんぞや?となり、大先輩方から教えていただいたお話によれば「きさんじ」は関西語らしく、明朗活発で気さくで人懐こい気質という意味で「きさんじな〜」と使用するとのことです。

初耳の瞬間は音感的に、やや真逆寄りの意味かなと個人的に感じた次第です。

きさんじな子やなぁと一度も言われずの人生だったので、覚えたての言葉を使いたい気分を発散できるブログとあらゆるこじつけを担う畑の面々達がありがたい♪

img_7874

「明朗活発で気さくで人懐こい気質な子」をきさんじに代わる一言で表すと…?

最新の現代語でいうと…? で、出てこん(笑)。みんな何て言っているっけ?と。

img_7873

そんなことをちょびっと考えつつ、きさんじなゴボウ達を取り巻くホトケノザやスギナを引っこ抜きました。