カテゴリー別アーカイブ: テルってる記/diary

★ 目的地までの道中も観光地。

ウリハムシ観光に飲み込まれ、懸命に巻き返し中の道の駅『かぼちゃの郷』。

こちらはウリハムシ観光大使のお墨付きの道の駅『ウリの島カボチャ』。

駆け出しカボチャ業界のウリハムシ灼熱バトルは畑トップレベル。

小作マネージャーは毎度ヒヤヒヤしますがね。

ウリハムシバブルで足踏みしていたカボチャ業界も負けじと青二才を送り出し、あの手この手で蔓を伸ばし花を咲かせていくことでしょう。

成果にお目にかかれるまでが辛抱。

高速道路でひとっ飛びではなく下道をのんびり走るときは目的の観光地までの道中も大切な観光地です。

農村地帯を日帰りすると痛感する、お食事処の尊さ。

「地方を元気に」とは。

ウリハムシ観光で不景気知らずなカボチャ場所より。

広告

★ 空見て 屋根見て イチジク見て。

月曜18日の朝9時台のイチジクの様子です。

7時58分に起きた大阪北部地震の際、私は畑で苗の定植作業中でした。

足袋の足裏じわじわに気付き、はじめは虫刺されか熱中症かなと疑い、次に地響きと上空を覆うような轟音からついに飛行機が落ちてくるのかと空を仰ぎ(大阪国際空港が近いため)、そのまま這いつくばるしかできないほどの大きな横揺れが。静まってすぐさま古家屋の屋根や周辺の工場や建物が崩れていないか煙が上がっていないか確認した次第。

地響きからを緻密に体感しましたが、最初で最後であって欲しいです。

少し時間が経過し、SNSでも無事を確認できたりと安堵の半ばかと。

緊張感から平常の寝食に影響が出るでしょうし、地震発生の当日と翌日の2日間だけでも臨時休業・休校の自宅待機を優先できる社会であって欲しいですね。

緊張ほぐしに一役買ってくれた、イチジクぷっちんサイズ。

引き続き、無理のない範囲で気をつけて参りましょう。

★ オクラはおやつかおかずか。

只今のオクラとオクラの影、10株あるうちの9株はだいたいこんな感じです。

そのうちの1株であるこのオクラだけ影の美しさが際立っています。

この葉一枚だけが見事な齧り絵に。

齧り主にとって、このオクラはおやつだったのかおかずだったのか。

それとも主食だったのか。

主食だとしたらこの一枚で足りたのだろうか…。

齧り始めはおやつのつもりが実はおかずに近いかもと気付いたかもしれない。

おかずとして齧ったのにおやつにしかならないと見切ったかもしれない。

オクラはおやつになれたのかおかずになれたのか。

人間なら言葉で簡単に確認できますが、齧り業界は確認できないことが非常に多いため難儀です。

今日も誰かがどこかで「〇〇はおやつかおかずか」を齧り開いていくことでShow。

オクラ2018、おやつでもおかずでも上手に食したい所存。

★ くびれが簡単にできちゃうPステップ。

くびれが簡単にできちゃうピーマンステップをご紹介します。

ウエストらしき箇所をキュっ!

ヒップらしき箇所もキュっ!

ピーマンらしく構えたまま、ちょっと伸びるだけ!

簡単すぎて飽きちゃった場合はすぐに食べてもらえるので安心です!

くびれ測定マイスター・アリんこ利用も周回無制限でなんと無料!

今なら秋まで「熱視線浴び放題」増量キャンペーン中!

お問い合わせはグリーンダイヤルセンター、(株)アイジョウヒツヨウまで。

★ 香ばしい脇の甘さ。

雑草ボーボが雑草ボーボーになる直前のショウガ場所。

梅雨で芽が出揃い始めるのですが、駆け足早い子たちも出現するこの時期。

こうして小作の手よりも先に目で気付けて無事だった子にはニンマリを。

小作の脇の甘さにより雑草と一緒に掴みちぎってしまった子が二本…。

ちぎれようが折られようが伸びると分かっていても落胆と後悔の念。

でもちぎってしまった若葉の香ばしさにうっとりするという。

感情の対応がめまぐるしいです。

落胆と後悔ですが、種生姜の保存に大失敗しました。

収穫生姜から種生姜になるはずだった彼らのお姿がこちら。

里芋と同様の収穫・貯蔵保管・種として植え付けサイクルを継続したかったのですが途絶えてしまいました。

前回の貯蔵保管が難なく保管できてしまったことに油断し過ぎて、もう、本当に情けないやらで。

豊作ではなかった状態への脇の甘さは悔しさ一杯ながらほぼ無臭。

昨秋~今春回こそ過保護な貯蔵環境が必要だったのだと学びました。

そんなわけで、ひとまず雑草ボーボをスッキリさせた昨日。

早朝からの雨に小躍りしてくれているであろうショウガ場所でございます。

★ 超次元の圧力。

「異次元の圧力」と聞いて、彼ら(雑草)が真っ先に浮かんだのですが、

「超次元の圧力」と言っても大袈裟が足りぬなと思う次第。

★ 求められるゴール。

小作がニンジン場で求められるゴール。

ゴールまでひたすら手を動かすのみ。

ハーフタイムに後ろを振り返る瞬間の何とも複雑な感情。

神業でスギナをかわし抜くレジェンド、コモリグモに目を細め。

イナダハリゲコモリグモかな?

清掃会の大御所、蜘蛛もめちゃんこ苦手でしたが今は非常に愛おしく大切にしたい存在です。

心癒されたはずのこのあと、指先に潰れた卵のうが…。

たくさんの未来のレジェンドを奪い去ってしまった悔しさ…。

オウンゴールの味わい。

卵のうを失ってぎこちなく右往左往するコモリグモに一方的に落ち込んでも、

ニンジンYOUTHから求められるゴール。