カテゴリー別アーカイブ: ドライフルーツ/dehydrated fruit

★ ドライフルーツ、やっと半歩、まだ半歩。

ドライフードのページにドライフルーツのトゥルルンイチジク・あまあっまミカン・艶かビワの情報を追加更新しました。

実際に動いていくとあれも新たにこれも新たにと、一旦落ち着いたつもりがずっと手を加えていきたい部分が次々出てきますね。

長らく迷宮入していたのはやはり「価格」。

ドライフルーツに限ったことじゃないのですが、価格を決める難しさには何時も追い詰められていますのよトホホ。

巷の市場価格を参考にすればするほど自分で価格を決められずに「奉仕活動ではないんやで」と自分で自分にぼやく日々ともしばしおさらば。

ドライ包装の理想を実現したい欲求を一時停止させるまでの背伸び運動ともしばしおさらば。

徐々に理想に近づけるべくアイデアをひねくり出すことを頑張るしかなき小作道。

イチゴのドライ仲間入りを待つイチジクとミカンとビワ、半歩先へ。

やってみてやはり思っていた通りだったことなんぞ僅かばかりで、やってみて「なるほどな〜ふむふむ、うむうむ」と思わせられる世の中への感心ひとしお。

色々と慣れるまでに時間がかかりますが、最終的に笑えて楽しめているうちは心配ご無用なはず。

今後も些細な変更を重ねつつ、ドライフルーツ分野も励む予定です。

まずは半歩と半歩、進めたご報告にて。

★ ドライフルーツ ~ ミカン2016-2017 ~。

〜テルってる畑。ドライフルーツ史 あまずっま・あまあっまミカンの巻〜

あまあっま〜あまずっぱミカンのドライ加工。

じゅッワ〜と流れ落ちる果汁が惜し九てたまらない気持ちで熱風空間へ閉じ込めまして。

高温で殺菌乾燥し、低温乾燥を超長時間。

やはり3~4日はかかりますね。

写真は皮なしミカンですが、皮ごとミカンも作りました。

なるべく皮ごとミカンをドライにしたいのですが、心理的に皮の状態の選別に厳しくなりますね。

回数を重ねるとほんの少し許容範囲に変動が生じましたが、やはりなるべく「きれいめ」ちゃんを合格させてしまいます。

視覚的に常識の範囲内で皮ごとの合否の結果、皮ごとより皮なしが多くなりました。

皮への嗜好は生鮮ミカンへの反応からも個々様々なので、皮ごとも皮なしも両方作っていきます。

ミカンもイチジク他同様、大量には作れないのですが、ドライなミカン味も楽しんでいただけたらと願います。

報告が遅れましたが、ドライフルーツにミカンもなんとか無事に加わりました。

〜ドライフルーツ史 次回へつづく〜