カテゴリー別アーカイブ: 水菜/Mizuna

★ ちょっと違うな。

こちらは水菜の菜の花。

こちらはしろ菜の菜の花。

左・しろ菜、右・水菜。

ちょっと違う。

ちょっと違う菜。

ちょっと違う菜の花のかたち。

菜の花中継でした。

 

★ 地味な歓楽ピンク。

ホウレンソウの根に近いピンクの部分。

様々に調理をしても、笑ってしまうほどにピンク部分が甘い。

あまりにも甘いので、軽く湯がいたピンク部分のみ個別で食べています。

ピンク部分のみ、スイーツ扱いです。

2019-2020冬定番の野菜セット。

水菜、大根、法蓮草。

法蓮草のピンクの部分だけ、スイーツ。

法蓮草という野菜についてくるピンクのスイーツ。

ピンクのスイーツについてくるのが野菜の法蓮草。

地味な歓楽であります。

ホウレンソウ中継より。

 

★ 水菜ドーム 天道ツアー。

幼き水菜に幼きテントウムシ。

水菜の裏表にもたくさん産卵いただきまして。

靴底ちっくテントウムシも順調に育まれ。

写真一枚目からここまでが10月中旬の水菜の様子です。

毎朝毎夕のダイコンハムシ潰しの甲斐ありました。

ここからが12月以降の水菜の様子です。

ド派手まっしぐらのテントウムシ。

お久しぶりの水菜の光景なり。

「つ」スタイルの芋虫も写り込んじゃう有様。

ダイコンハムシに食い潰されずにここまで辿り着けた水菜に大喝采。

水菜の幼い期間に初動の潰し作業を実行できただけであり、ダイコンハムシを撃退できたわけではありません。

こうしている今もダイコンハムシは元気に越冬活動中。

水菜、大根、蕪など、野菜日誌の主役の座が全てダイコンハムシに侵食される事態。

アブラナ科の猛威ダイコンハムシに騒ぎ過ぎと思われるかもしれません。

大袈裟じゃございませんのよ。

かといってダイコンハムシに比べてヨトウガたちを可愛く思えるかというととんでもない。

どやつもこやつも食いしん坊め…という恨み辛み苦み健在。

水菜のかすかに苦い甘味シャキシャキを堪能できた冬を経て。

トウ立ち菜の花ちらほらり。

 

★ ミズナに関する菜の花コミュニケーション。

img_8806

今週のミズナ場所。

img_8808

ミズナ菜の花、頭角を現しはじめる。

img_8807

ミズナに関する菜の花コミュニケーション

『ミズナを菜の花ごと食す取り組み』〜ダイコンハムシからヒヨドリまで〜

菜の花お抱えのミズナに大変お世話になっている小作庁。

大阪と東京で意見交換会「食品に関するリスクコミュニケーション『食品の安全を守る取組』〜農場から食卓まで〜」(消費者庁/開催案内・申込書 PDF  2月24日付)が開催されますね。

小作庁でもダイコンハムシたちとの意見交換に励みたい所存。

★ ミズナの負けん気、強き。

img_8024

この頃のミズナ場所。

ダイコンハムシにドッカドカ食いされて、あぁ、今年もミズナのない長い冬となるのか、あぁ無念。と嘆いたのですが、なんということじゃろう!!と独りで喜んだ瞬間も共有したく。

img_8026

雑草の寝床と化したと見せかけてのミズナの快進撃の立役者は、やはりミミズ!

刃の先の丸くぷくぷくした泡ぶくのようなものがミミズの糞塊です♪

img_8027

さらに大きくなれるよう間引きもミミズの糞塊“ぶりぶりプリズム”は豊満な栄養素なので株元に残るように、そっとしておくのです。

ちなみに、わんさかと隠れていたダイコンハムシは指先でぶっちぎりでごめんちゃい、です。

ダイコンハムシのぶっちぎり追っかけは骨が折れるしイタチごっこ過ぎるので、激情に駆られたときのみしかぶっちぎりできませぬ。

当畑はダイコンハムシに対してはやさしさゼロマイナスです、お見知り置きを。

img_8029

↑これを、こう↓。同じ部分と角度じゃないけど間引き前後の図。

img_8028

ミズナの負けん気、強きど根性に心打たれ、懸命に間の子たちを食しています。

日々、少量ずつ、間引き菜を食せることに感謝なり。

まだつづくであろうダイコンハムシのドカ食いに、強き負けん気で頑張ってほしいミズナ場所。