★ ポル☆シェ芦屋 57ポル。

コガネムシ族ではない、「イチジクと言えばこの虫!」が下の写真に写り込んでいます、さて何方でしょう?

答え合わせはおしまいにて。

予想通り、8月のポル☆シェには間に合わなかったイチジクです。

来週水曜の『ちょいポル☆』から登場できるはずなので、しばしお待ちいただけますよう。

就食面接に向かわせた、豊作のマクワウリとお野菜少々は全員が見事な内定をいただきました、ありがとうございます!

お盆直前の8月9日水曜日、たこ焼き屋ポルポさんの夕市~夜市『ポル☆シェ芦屋』第57回目。

阪神芦屋駅「西口」の踏切からのポル☆シェ図。右奥が改札口への階段です。

今回も農援者さんで賑わっている光景は撮れず。

「☆」は反映されないので、「#ポルポ芦屋」又は「#ポルシェ芦屋」タグで広めていただけると嬉しいです。

今回は各出店者さんのあんな逸品こんな逸品のご紹介を。

真山養蜂場さんの百花蜜が、今年の大阪府はちみつ品評会で見事、『日本養蜂協会会長賞』(3等賞)を獲得(拍手)!

真山さんご本人が自慢する気ゼロマイナスなので、周囲の私たちが言わねば、と。

百花蜜の蜜の透明感は写せるものの、風味の素晴らしさを伝えられずが歯がゆいところ。ぜひポル☆シェでひとペロンチョしていただきたいです。

八百屋・大日ファームさんで異色を放っていた、「バナナまくわ」。

香りがバナナで味はマクワウリとのこと。マッカ好きな方はぜひお試しください。

トゥルルンイチジクを求めてお越しいただいたイチジク大好きさんが有頂天晴果さんに選び抜かれたイチジクを食ッピングの図。

「イチジクの時期=お盆」を覚えていただいていることに拍手喝采です。

お盆期間のお野菜と果物の調達にたくさんお越しいただいて御の字です!

台湾の食べるお茶・擂茶(れいちゃ)専門店、松茶商店さんの新商品、ついに登場!

『食べる擂茶バー』、写真は少量パック分です。

企画立ち上げから完成まで半年もの月日を要した逸品、さりげない甘さはなんとお砂糖ではなくハチミツが使われています。なんと贅沢な…。

ここでは省略せざるをえないほどの素材の厳選っぷりは松茶商店さんの公式にてご確認ください。

りんご専門店・林檎道さんの、左からディスプレイ化りんご帽、新しいりんご帽、ポルポさんのビーチスイカ。

夏場に嬉しい、甘くて酸味の強いニュージーランド産のりんご「JAZZ」は今月いっぱいで今季終了とのことで、私も多めにJAZZ食ッピングしました。

JAZZりんごとの一旦さよならは国産りんごへのバトンタッチ!楽しみですね。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさんは18時からの登場でした。到着後間もないお姿は写真2枚目の全体図に写っておりますが、出品チェックは撮り逃してしまいましたオヨヨ。

イベント出店農家さんとのコラボパンの発展著しいmutsu cafeさんの最新情報はSNSでチェキらくださいまし♪

お盆休み前ということもあり、来場者数はやはり気になるところでしたが、多くの農援者さんが駆けつけてくださいました。

曇天ながら蒸し暑い中、ありがとうございました!

マクワウリは日射や高温湿度にさらさなければ日持ちがしますんで、お盆の期間に十分に楽しんでいただけますよう。

次回ポル☆シェ芦屋、第58回は9月13日(水)に開催です♪

当畑のトゥルルンイチジクは来週以降、毎週水曜日に出店予定です、天気予報と超絶にらめっこ月間が本格始動です(笑)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと各出店者のリンク先です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一枚目の写真の影武者どこだ?! の答え合わせ。

葉っぱの隙間にチラッと影武者の脚が見えていました。

その葉っぱをペラリすると、

「ここにいたのだよ」とおっしゃる影武者とは。

イチジクの樹から出てきて間もない、キボシカミキリ。

右触覚を早速失っちゃって…なんと世知辛い。この後、キボシ殿の行く末は…。

小作人と目が合ったが最期。

広告

★ まくわうり祭りをお盆で。

わっしょいわっしょいと、蟻のイチジク祭りが盛況です。

朝晩がだいぶと涼しくなってきました。

日中の酷暑は続くものの朝晩が涼しくなる頃がイチジクのはじまりの合図です。

毎年繰り返しますが、はじまりましたとお知らせしてから実際にお届けできる状態になるまで少々時間を要します。

果肉の状態と味チェックの日々でして。

本夕、たこ焼き屋ポルポさんで開催の『第57回 ポル☆シェ芦屋』にトゥルルンイチジクは連れて行けそうにありません。

台風だった一昨日とお昼頃まで雨が降ったり止んだりだった昨日の影響も少しはありますが、どちらかというと、開催日にはほんのちょっとだけ早かった…、という理由です。

楽しみにしていただいているのにお応えできずで…。わざとジラしているわけではないので勘弁ください。

と言いつつもイチジク採れた際はTwitterとFacebookでお伝えしますね(笑)。

そんなわけで、本日の主力はマクワウリです!

サーモンピンクの雫が煌びやかなり。

カジカジされていないマクワウリを連れて行きますのでご安心を。

マクワウリ日記はとっておき情報と共に後日更新します!

日持ちもするのでお盆のデザートに最適かと。

食べだすと止まらなくなるマクワウリを堪能いただけますよう。

しっかり冷やしてお召し上がりください♪♪

☆ トゥルルンイチジク2017 ご案内。

最新情報を随時更新します。通常のブログ更新はこの固定表示の下よりご覧いただけます。

〜各店舗での入荷予定情報〜(注 : 天候の影響により中止になる場合あり)

  • 10月14日(土) 「natural marché HaréBaré」さんでの販売はお休みです(尼崎)。
  • 10月14日(土) ~「pâtísseríe Atelíer TAKE」さんでの発売はお休みです(西宮)。
  • 「Ristorante Due」さんでメニューに登場します(神戸)。
  • CAFÉ Kogetsudo」さんでのカフェメニューは完売終了しました(尼崎)。
  • 「甲山HoneyGarden」さんでイチジクジャムが発売中(西宮)。

取り扱い店舗の詳しい情報はこちら


トゥルルンイチジクの特設ページを公開しました、こちら

  • イチジクサロン2017(イチジク狩り)は終了しました。

New! イチジク配達の受付は終了しました。

 

★ イチジクサロン2017(イチジク狩り)のページ、イチジク配達ページを公開しました。

セミ「背後の右側がミカンの樹、左奥がイチジクの樹だよ」

長い眠りと短いお目覚なセミとお届けする、イチジク速報です。

イチジク狩り改め、『イチジクサロン』2017のページを公開しました。

露地畑なのにサロンという響き、気品溢れるイチジクにお似合いだと思い込んでの新名称です。

ブログトップページのタイトル下バナー一覧の、「トゥルルンイチジク2017」がイチジク情報のまとめページになっています。

トゥルルンイチジクサロン2017(イチジク狩り)のページはこちら

トゥルルンイチジク配達の詳細ページはこちら

トゥルルンイチジクの取り扱い店舗情報はただいま編集中。

8月と9月のイチジク販売イベントの出店情報もまとめました、こちら

野鳥に愛撫されるチュルルンイチジクも登場しております。

防鳥系増やさなきゃ。

先日、先にFacebookとTwitterで「敬老の日にイチジク贈答の企画があるとしたら希望者はいらっしゃいますか」という未定ながら実行してみたいかもという旨を投げかけてみました。

ほんのちょびっとだけ、反応をいただきました。

反応があったことがとても嬉しく♪♪

ブログ優先だと宣言しているのに順番逆になっちゃいましたが、ご希望の方いらっしゃいましたら一報ください。

イチジク大好きな目上の方にイチジクをお届けする条件は先ほど公開した配達ページの内容と同じです。

また改めて募集内容を投稿して広く呼びかけようとは思っておりますが、ぼちぼち、対応できる範囲で進めて行きたく。

★ 干からびた里心に。

サトイモ夏場所。

ちょいと干からびてしまいましてな。

里のハートがカラカラと。

小作人の潅水見舞いなんぞ表面上の付き合いだと、干ばつ期には思い知らされます。

初々しい新手が心開いてくれていることが里への希望。

毎日、程よい雨が降ってくれますようにと一緒に願っておりました。

台風、暴雨、豪雨、災害を引き起こすほどの雨量は望んでいませんが、今はまだほどほどな雨に安堵しています。

空模様とともに里心も移ろいます。

台風の蒸発を願いつつ。

★ ニラ白斑葉枯病。

遡りニラ中継。

6月、夕市マルシェ『ポル☆シェ芦屋』の出店のためニラを収穫し、グラム分けと袋詰めのため選別しようとしたところ異変に気付き、ニラの販売を急遽中止しました。

白いかすれ模様がいたるところに…。

画像検索の結果、「白斑葉枯病」に辿り着きました。

白斑のないニラを選別しようとしましたが、

難航を極める気配を即座に察知。

これは人様にお代金をいただいちゃダメなやつ。

この写真を例にすると、上段の白斑が多いニラは食べたいと思えないレベルで、下段のわずかな白斑のあるニラは自分の胃袋ウエルカムなニラ。

そんなわけで後日、下段のニラをニラたっぷりすぎるニラチヂミとニラスープで食しました。

「ニラ白斑葉枯病」を検索して2つ目に引っかかる武蔵野種苗園さんのこちらの解説がとてもわかりやすかったです。

他のサイトにも挙げられていた原因となるのは「カビ、高湿度」。

6月だと雨後によく発生するとのこと。う〜む、当てはま〜る。

ニラ場所は雑草ボーボーで草刈りが間に合っていなかったんですよね…。

背が伸びた雑草のおかげで湿気ムンムン、風通しの悪さも抜群だったので頷けます。

高湿度でヘトヘトにバテるのはニラも人様と一緒、ということですね。

ニラの「白斑葉枯病」を把握後、早速ニラ場所の雑草を取り除き、ニラもバッサリ刈り取りまして。

バッサリから新たに伸びた、7月初旬のニラの様子。

7月のニラは無事に胃世界の食卓へ就食できました。

よく「雑草をそんなに必死になって刈り取らなくちゃならないものなのか?雑草ボーボーでも問題ないのでは」という意見を頂戴することが少なくないのですが、ニラに限らず、雑草ボーボーだと虫が居心地よくて暴食気味になったり、虫密度や風通しの悪さから何かしらの症状が発生したりする傾向があると、畑から教わっています。

今回のニラも然り。

草引きに草刈りにと、雑草を追いかけ雑草に追われるという、まさに「イタチごっこ」です。

横目でイタチの子供がはしゃぐ姿を目撃しながら雑草を追いかけ雑草に追われていたり。

ニラ白斑葉枯病からも思うは雑草を生い茂らせないようにせねば。

畑の恩恵を受ける以上、雑草とのイタチごっこは永遠につ…、づ…、く…。

★ 愛と冒険のロロンファンタジー。

連日の天気予報では気温35℃超えですが、体感気温は40℃超えじゃなかろうか…。

コオロギが連日、バケツの中で浮遊しています。

夏の11時~16時はなるべく仮眠休憩を取りたいのに熱気がマグマ風呂過ぎて眠れましぇん。

意識はあるのに身体が動かないので、暑さを忘れられる内容の映画を鑑賞しました。

久しぶりに観た映画はウィル・スミス主演の『コンカッション(原題: Concussion, 2015年アメリカ)』。

アメリカンフットボール選手が脳に深刻な損傷を受ける危険性を一人の医師が発見し、犠牲者をこれ以上増やすまいと訴えるも……。実話をもとに作られた作品です。

個人的にアメリカンフットボールには一切馴染みがないのですが、スポーツ映画というより社会問題を深掘りした映画だったので試合のルールを知らずとも「つまはじきにされる真面目な医師 vs 底なしの利権と巨大組織」が終始淡々と描かれていました。

信念を貫き通す人のおかげでわずかな道理が保たれているんだなと、鑑賞後の余韻も沁み入り。

そんなわけでアメリカンフットボール型のカボチャ、「ロロン」がこちら。

アメリカンフットボールのボールよりもだいぶん小降り。

7月の下弦の小潮に収穫したロロンたち。(下弦の小潮=貯蔵収穫に最適期)

7月前半が高温高湿度で非常に辛かった記憶。

ロロンを収穫したこの時も身体が重くて重くて仕方なかったので、自分の身体の重苦しさよりもカボチャ収穫量が軽やかなことを笑うしかなかった記憶。

カボチャの花の中が凉み舞台のカエルも暑さのせいか見かけなくて寂し笑いの日々。

ロロンちゃん幼すぎる時代。

ロロンちゃん思春期。

ロロンちゃん愛の便り。

ロロンちゃん成熟期への大冒険では時々カエルが同乗したり。

2009年のディズニー映画『カールじいさんの空飛ぶ家(原題: UP)』も観ました。

犬と郵便配達坊やがいい味出ていたのと、カールじいさんがめちゃんこ憧れていた有名人に命を狙われる場面の恐怖と絶望の一瞬の表情が特段素晴らしかったです。

サウンドトラックの3曲目に収録されている「Married Life」が印象的だったので購入しました(アルバムまるごとではなく1曲だけ購入できる時代に感激色褪せず)。

カールじいさんの「Married Life」を聴きながら書いたカボチャ報告記。

『愛と冒険のロロンファンタジー』

ロロンちゃんの8月の食卓への旅立ち大冒険(=収穫)は14日~16日なり。