タグ別アーカイブ: きゅうり

★ キュキュッと。

ウリハムシが大好きな花。

ウリハムシの最期を見届けた胡瓜の花。

キュウリになる予定のキュウリ。

今年は何本味わえるでしょうか。

小さな生きものあちこち(左下の同定は諦めました)。

夏野菜のウリ科(キュウリ、スイカ、カボチャ、メロン等)のウリハムシ食害に困っているといった相談を受けた際、こう答えています。

ウリハムシ対策は潰して、潰して、潰しましょう。

潰す時間帯が重要です、朝は6時台までに潰し、夕刻は6時以降に潰しましょう。

朝7時以降から夕刻5時台までは非常に過敏で活発です。

人の動き(特に眼の動き)をよく見ています。

手動捕殺の他により良い方法の模索は続きます。

ひとまず早朝と夕刻に励みましょう。

キュウリ中継にて。

 

★ アリの調査に興味のある農援「アリ調査隊員」を募ります。

キュウリの葉の上で。

アリ運営のアブラムシ保育園のような光景があちらこちらに。

イチジクの根元もアリの巣だらけ。

アリも謎と不思議がてんこ盛り。

けれどもアリの種類はほとんど把握できていません。

畑にいるアリたちが何方なのか、どれほどの種類が暮らしているのか、できれば知りたいと思い続けてかれこれ◯年。

そんな中、ラッキーな便りアリ。

打って付けの企画が開催されるので農っかろうと思います。

時間のかかるアリの識別には助っ人が欲しいので、アリ調査に興味津々な農援者さんを募ります。

参加いただけるアリ調査隊員さんはご一報ください。

携帯メール、電話、パソコンメール、ブログお問い合わせフォーム、Twitter、Facebook、お手紙、FAXなどからお待ちしております。

企画は日本自然保護協会の『自然しらべ2018 身近なアリしらべ!』です。

身近なアリしらべ!記事: https://www.nacsj.or.jp/shirabe/2018/06/11192/

参加マニュアルPDF: https://www.nacsj.or.jp/official/wp-content/uploads/2018/06/shirabe2018_manual.pdf

開催は7月21日〜9月30日ですが、当畑での調査はイチジク期間を除く7月23日〜7月30日までの間に行いたいと思います。

お一人〜数人が協力していただけるなら日程を合わせたいなと思っております。

意外に多かった場合は、……ぅ〜ん…ないでしょうね(笑)。

そんなわけで、とりあえず呼びかけます!の巻。

★ 準急『はつもの』。

少しずつですが、準急『はつもの』をいただいております。

先週末はこのキュウリ。

ナス、ししとう、ピーマンはみな超コンパクト車両サイズ。

キュウリも雨でうん!と伸びます。

大雨予報だったので、地上べったりキュウリもお持ち帰り。

ワカメとの酢の物で食し、キュウリも小作も鈍行回避でめでたし。

真夏行きの準急を胃袋で追う日々。

休憩を上手に挟んで乗り切りましょう。

★ 快適生活。

本日6(む)月4(し)日は「虫の日」ですね。

畑は毎分毎秒、虫の時。

キュウリ場所ウリハムシの快適生活をお届けします。

とは言え、ウリ現場(キュウリ/かぼちゃ/ひょうたん/マクワウリ/スイカ)ではウリハムシの快適生活を奪う日々。

すまん。だがしかし。すまんのぅ。とボソボソ言いながらも指先は俊敏に。

ウリハムシの快適生活、キュウリの快適生活、小作の快適生活。

それぞれの快適生活のために明日も頑張るのみ。

明日は夕方以降に雨の予報なのでむちゃんこ張り切る次第。

★ 遅咲きのキュウリとトゥルルン。

いつもなら7月いっぱいで終演のキュウリ団が、

旋回咲きしております。

畑を触らせてもらえるようになってから、1年のうちキュウリを食べられる時期はだいたい7月。

今季は7月の実りが多くなかったので、キュウリも鈍い足取りだった御様子。

8月もキュウリを食べられるとは!

酢の物と浅漬けで、短き保存食に助けられる日々。

イボイボのチクチクが手に響くお盆キュウリ。

さて明日水曜16日はポルポさんのポル☆シェ縮小版『ちょいポル☆芦屋』ですが、まだ実りはじめという時期も重なり、本日の雨模様で出店が微妙でございます。

先週のポル☆シェ芦屋に続き、ポルポさんでのトゥルルンイチジク初登場が来週に延期になるか否かは明朝の様子次第。

状況報告はTwitterとFacebookでお伝えします。

年中、空模様とにらめっこですが、イチジク期間はにらめっこどころじゃありませぬ。

キュウリたちは降雨を喜んでおりますけども。

★ 早くに始まり早くに終わり去る。

キュウリの両隣にニラを混植しましたが、ウリハムシにはなんのその。

香草刈り取り根元敷はこれまで試してきたので、今季は根ごと至近植えを試します。ニラ根っ子たちとの共生効果はいかほど。

脇から顔を出す若芽たちに期待を込めること半月。

少しず〜つ少しず〜つ、背丈が伸び。変化を感じない停滞期こそ愉快に辛抱。

脇いっぱいの花と芽に期待を注ぐ潅水の日々。

例に漏れずキュウリも雨でグンと伸びること半月。

しゃかりきシャキりのお姿ちらほら。

早くにはじまり早くに終わり去るキュウリ中継、次回へつづく。

★ きゅうり山の日。

IMG_6902

きゅうり山の胡瓜峠で御粧しに没頭していたナナホシテントウ。

天道虫も蟻もアブラムシもウリハムシも几帳面で綺麗好き。虫の姿をした山の神様たちはお手入れ大好き。お手入れされてこそ生き生きできる山々。

IMG_6958

きゅうり山の神様たちの身繕いを見守ってきたキュウリ2016もそろそろ終しまいです、キュウリ2016のご贔屓ありがとうございました。

立秋を境に朝晩の涼しさに沿ってキュウリ山の景色も一変。

暦・気候・作物の連携に食い違いはない自然社会と何時も食い違いが溢れる人間社会、対象の妙ですね。

イチジクの目覚め時計的存在となる朝晩の冷え込みは始まりましたが、時間帯10時〜15時の暑さには参ります。もっと遠慮していただきたいです。

どんどん日が短くなるのでどうしても正午近くまで粘り気味になりがちですが、頑張って休憩を挟まないとね、と毎時間言い聞かせないと危険です。作業の手を止めることを頑張らないといけません(笑)。

お盆帰省で御実家の農作業を手伝う方もいらっしゃると思いますが、魔の時間帯10時〜15時は避けていただきたいですね。

心は無数に複雑ですが、身体と命はたった一つ。

朝晩の冷え込みからの盆風邪もひきやすい時期でもあります、体調を丁寧に扱うことを最優先に大事になさってください。