タグ別アーカイブ: てんとう虫

★ Spinach Police。

派手派、テントウムシSP( Spinach Police )。

わざわざ目立つように佇む陽気な彼ら。

一方の地味派SP( Spinach Police )。

影へ陰へと素早く駆けずり回る姿は天晴れ。

陽と陰に守られているホウレンソウ場所です。

 

★ テントウのねぎっ子。

DD77スタイルだった玉ねぎ(日誌こちら)の続報です。

先週木曜(約5日前)に撮った玉ねぎ場所です。

鮮やかな山吹色の卵ずらりがちょっこり。

幼き玉ねぎへの重圧。

玉ねぎ場所を注視すれば…

いらっしゃいました、てんとう虫。

産卵したのがこのてんとう虫とは限りません。

幼い玉ねぎを登っては産卵姿勢をとるかのように止まってはまた動き出し…を繰り返す様子を見ると、「君かね?彼らの親は」と尋ねたくなります。

ちなみに玉ねぎの葉先に付いている黒い粒は種の抜け殻です。

台風19号による雨嵐が過ぎ、そういえばテントウさんの玉ねぎっ子たちは無事かな、と。

13日(3日前)の玉ねぎ場所がこちら。

テントウねぎっ子たちの山吹色は一切見当たらず。

けれどもテントウ芋虫の姿が一匹…。

みんな孵って離散し終えた中で留まっていた一匹なのか、

他所から移動してきたこのテントウ芋虫が全部食べちゃったのか、

孵ったこの一匹が他の子をぜんぶ食べちゃったのか、

雨嵐で去ってしまった彼らを偲ぶ姿に見えてしまっているだけなのか。

玉ねぎ場所にて、テントウ謎の一幕をお届けしました。

玉ねぎ、元気です。

 

★ まめぞら。

5月はソラマメをうんと楽しみました。

エンドウはソラマメよりもあっという間に終わってしまった感です。

ソラマメ2019は大粒と小粒が多く、中間が極小でした。

L〜XLサイズとXS〜Sサイズが多く、Mサイズは品薄だった空豆アパレル。

この収穫回は新玉ねぎと生クリームと牛乳でソラマメポタージュを作りました。

誠の食いしん坊万歳ですよ。

ソラマメヒゲナガアブラムシの体色は黄緑色なので、この子らはワタアブラムシかな。

いつ見てもアリたちが一所懸命お世話中。

ソラマメはいつもアブラムシとアリとナナホシテントウらと一緒です。

3者のうち誰か不在になるとソラマメの健全が崩れたのではと思い込んでしまいそうなほど。

5月最終週、世知辛い時事に落ち込みすぎないよう。

雨に喜びながらのソラマメ報告でございました。

★ いちごフェア2018。

4月末に初収穫のイチゴ場所より、いちごフェアが始まりました。

地上からはナメクジとカエルたちが「かじり忠実(まめ)」に、

上空からはムクドリとカラスが「つつき忠実(まめ)」に徹しております。

小作は彼らのおこぼれを摘み摘み。

ここで苺クイズです。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

ヒント:齧られ突かれあとは蟻がわんさかですが、蟻じゃありません。

答えはこの中継の締めで。

ドラえもんのポケットが型崩れしたようなイチゴに含み笑い。

苺の葉の上で衣替えするナミテントウにも含み笑い(右端のひっくり返りが脱皮殻)。

農友から譲り受けながら増えたイチゴたちを徐々に撤去し、只今リニューアル移行中。

昨年の夏に小作自ら選び新しく迎え入れたイチゴ苗の様子はまた改めて報告します。

アスパラとバトンタッチ。

アスパラが終わる寂しさに浸る間もなく生鮮そのまんまイチゴ、イチゴジャム、イチゴスムージーとイチゴ尽くしの日々。贅沢じゃのぉ〜。

真冬に極小あれど、1年でイチゴをいただく旬の本番はこの5月。

そんなイチゴの5月ももう後半に突入とは。

最近、『集合体恐怖症』という名前があることを知りました。

症状の強くない知人は周囲には少数ですがその都度説明されれば把握出来る症状です。イチゴなら単品でもつぶつぶ部分がダメだったりします。

畑には集合体なる光景が無数に存在するうえ、集合体写真をたくさん投稿してきたし今後も投稿していく予定なので集合体恐怖症の方には閲覧していただけないであろう当ブログ。

集合体恐怖症ではないから野良作業もできるのだな、と思えた今日この頃です。

締めは苺クイズの答えあわせを。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

答えは、タンポポの綿毛。

春の嵐の後は特にたくさんくっついています。

1本か少しならお洒落なんですけどね、ごっそり付いていたら含み笑い不可避なり。

以上、イチゴ中継でした。

 

★ 12月にツクシ。

おや?

おやおやおや?!

君、ツクシだよね?!

どう見てもツクシなんだけど…。

おやまぁ。

ナナホシテントウと一緒に驚いた月曜日。

*ツクシにお目にかかれるのは3月。

★ CanCam 7月号 特別付録『自撮り星型ライト』。

イチジク場所、イチジクの葉で憩うテントウさんを、

CanCam7月号の特別付録『魔法の★自撮りライト』で撮ってみたところ。

違いに気づいていただけたでしょうか。

超拡大すると確認できる星型ライト効果。

CanCam7月号の特別付録『魔法の★自撮りライト』の美肌…美葉効果いかに。

「★が浮かぶ!」よりも「★を探せ!」がしっくりきますね。

畑映えしているかどうか、蜘蛛と蟻に訊きたいところ。

畑で遊ぶに十分な、クリップ型スマホライト。

自撮りライト第1弾ハート型がSNSでザワついていたので第2弾を待っていたところ、星型が登場。

付録目当ては『ちゃお』のトレース台(照明台)以来です。

『CanCam』を購入したのも人生お初。

可愛いさを史上最強に眩しく撮れるこの星型ライトにより、暴れん坊大将軍カラスたちが目眩・立ちくらみアップアップで近寄りにくくなってくれたなら御の字ですよね。

第1弾のハート型だとまるでカラスたちに「食べて食べて、暴食大歓迎!」と解釈されそうですもん。

星型でキラキラを楽しみますよ。

作物映えするよう、小作力あげねば♪

いつだってフォトジェニックな誰かが映えてるイチジク場所からの中継でした。

★ 紅型平時。

山椒の若葉・木の芽を摘み摘みしていたら。

紅型ナミテントウ殿下が余裕の横並び。

紅型殿下はこちらではなくアブラムシ大国ソラマメへお連れしますぞと申しあげたら。

紅型殿下「木の芽がいいのじゃ!」

とお戻りなすった。山椒はアブラムシ零砕国。

木の芽の繁栄に貢献の紅型殿下、背も心も熱きが平時。

ナミアゲハの卵と孵化したてっ子の回避にニヤけながらの摘み摘み業務。

このナミアゲハも木の芽(真上の葉の先)を食べて成長中。

ナミテントウとナミアゲハのおかげで平時ニンマリ。

旬菜はあっという間に過ぎ去ります。木の芽が旬のこの時期に、リストランテドゥエさんでご堪能いただけますよう(詳細日記はこちら)。