タグ別アーカイブ: アゲハチョウ

★ 紅型平時。

山椒の若葉・木の芽を摘み摘みしていたら。

紅型ナミテントウ殿下が余裕の横並び。

紅型殿下はこちらではなくアブラムシ大国ソラマメへお連れしますぞと申しあげたら。

紅型殿下「木の芽がいいのじゃ!」

とお戻りなすった。山椒はアブラムシ零砕国。

木の芽の繁栄に貢献の紅型殿下、背も心も熱きが平時。

ナミアゲハの卵と孵化したてっ子の回避にニヤけながらの摘み摘み業務。

このナミアゲハも木の芽(真上の葉の先)を食べて成長中。

ナミテントウとナミアゲハのおかげで平時ニンマリ。

旬菜はあっという間に過ぎ去ります。木の芽が旬のこの時期に、リストランテドゥエさんでご堪能いただけますよう(詳細日記はこちら)。

★ ラウンジ蝶々さん。

雑草てんこ盛り写真で草引き三昧日記をお蔵入りするキアゲハに遭遇しまして。

シロチョウやタテハチョウも舞いはじめ、季節の訪れ早乗り蝶々に目を細めるばかりでもないのが超自然世界。

羽化時に何かしらの問題が生じた模様のキアゲハ。

足空でバタつき続けていたので、休憩しやすそうな蕗に移して、まじまじ鑑賞。

遅かれ早かれ、野鳥かトカゲたちに食されることでしょう。

まじマジ鑑賞のおかげでお蜜時間に同席できまして。

まんまる口吻(こうふん)を、

ちゅちゅいと伸ばして。

蕗のお蜜は美味しゅうございますか。

彼ら超自然風景に衣食住の大切さをじんわり感じます。

身を纏えるものがあって、身をつなぐ食べものがあって、身を休める寝床があることの有難さをキアゲハにも重ねては草引きてんこ盛りなんぞでヒィハァ言っている場合じゃねぇぞい。

と、キアゲハと蕗を前にして思っても雑草を前にするとやはりヒィハァ。

まだまだ朝晩と風が冷たい春のヒィハァ、風邪ヒィハァ回避にも励みたいところですね。

★ 船越康弘さんの重ね煮お料理教室でテルってる畑。のニンジンが重ね重ねされます。

img_7183

役者が揃い過ぎる濃厚ニンジン、多勢に一斉大就食の巻。

本日、神戸で開催される船越康弘さんの重ね煮お料理教室で、ニンジン達が主役級を担います。

【船越康弘 in 神戸 重ね煮料理教室「基本のしいたま人参」】

9月11日(日)9:30~12:30(開場9:15)神戸市健康づくりセンター健康ライフプラザ4F

重ね煮料理教室はすでに満員ですが、講演会『本当の豊かさと幸せ 〜今、私たちにできること〜』14:00~16:00(開場13:30)は若干空きがあるとのことです。

Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1742525869363098/

船越康弘 http://wara.jp (イベントのチラシ画像こちら

船越康弘さんとはまだ面識がなく、イベントに関わっている方が夏真っ盛りの頃に9月にニンジンが採れることにお目をかけてくださったことがきっかけです。

イベント名とチラシのイラストにあるように、シイタケ・タマネギ・ニンジンの重ね煮ですが、「君たち主役やが、シイタケとタマネギの存在が霞むくらい張り切って味占めてくれなはれ」と引き抜きながら願ったことこそつまり『本当の下心と卑猥さ〜小作人、人参たちとニヤけること〜』。

img_7186

こんな感じでイチジクの木陰で葉の切り落としと軽洗い作業をしていたら…、

img_7184

!!、ぁっ!!ぁァ〜! となる光景。

img_7185

キアゲハが果敢に次世代を産卵。

愛しのキアゲハは未収穫のニンジンに産卵してくれないと困るのでめちゃ慌てました。

ごめんごめん、あっちあっち、こっちこっちとニンジン場所へ誘導を試みるもキアゲハ母ちゃん必死だったのでとにかく早く片付けました。キアゲハの臭覚もさすがじゃの!な感心の一コマです。

そして作業場所を移し、やれやれだぜ…と再びニンジンに目をやれば、

img_7187

マイマイ先生のびっくりプリプリプリズム・超極細。

ニンジンだけじゃなく、一瞬一瞬、小さな笑みをいただいております。

★ めんこいかおりサロン。

あれよあれよと終齢ナミアゲハが続々中。

IMG_6002

木の芽のムシャりっぷりが秋季の8倍速くらい。

IMG_6004

美しい木の芽色。きれいだねぇ。かわいいねぇ。

IMG_6006

眩しそうに見えるけど実際はどうなんでしょうね。

今年の手帳の5月欄にも去年一昨年と同じく「吐く暑さ」と殴り書きました。

IMG_6012

待望のミツバエンターティンメントの新星、キアゲハ登場♪

IMG_6013

アゲハチルドレンを愛でるお楽しみは毎日。

土曜日のお楽しみとして定着しつつあるのが毎日放送ラジオ『ありがとう浜村淳です土曜日です』の映画サロンのコーナー。

きっかけは先月、地味ぃ〜な木の芽の収穫作業のお供にラジオを流しっぱなしにしていたら浜村淳さんの番組が始まり、収穫しながらなので所々聴き逃しもあったんですが「おや?これは浜村さん自身の身の上話ではなさそう…ん?」と思ったら映画の紹介だったんですね。

これが面白くて。

配給会社から怒られないのかなと心配になるほど作中の事細かな描写や台詞を話しちゃうんですよ。冒頭で「あらすじを簡単にご説明します」とはじまるんですがてんで簡単どころじゃない。

しかも、…あれ?…も、もしかして最重要事項である作品最大の見せ場をゆっちゃったよね?!今ゆーてもーたよね!ってなるんですよ。

映画サロンのコーナーは9時台にはじまって、こちらが笑ってるうちに急にピタッと終了する様も小腹が震えます(10時の時報の前後にも笑う)。

映画サロンの部分の浜村淳さんが面白くて私の中でじわじわと流行りつつあります。

きっと浜村さんの文芸映画の情景との「違い」がどれほどかを楽しむための映画紹介かと。

聴き逃す週もあるけどできれば休憩時間か静かな作業に合わせて聴けたらな〜と。

今日は映画『植物図鑑』だったんですが、冒頭でいきなりの作品名のダメ出しに笑って(“図鑑”なんてつけないといけないお堅い内容の作品じゃないんだからという意味で)、劇中にフキのことやフキ料理も出てくるんや、東北のフキ料理は“ばっけ味噌”ていうんや、最後はそういう締め括りなんや、ほぼほぼネタバレしちゃいましたね♪と笑いながらミツバとフキを収穫しました。

IMG_6014

『植物図鑑』超絶詳細紹介中に終えたフキ収穫、ほんとにタイムリー。

予定よりたくさん採れました。明日開催のイベントに提供するフキです。

フキの高級感溢れる薫りがたまりません。

IMG_6007

みなさんも笑い漂う薫りサロンな土曜日を。

★ アゲハステージ。

IMG_5963

約1ヶ月ぶりの更新ですすみません、お久しぶりです。

IMG_5897

お詫びといってはなんですが卑しの…癒しの満ち欠けが愛おしいカエルの満月姿を…。

IMG_5873

アゲハ蝶を見かけない日がなくなりました。毎日飛び交っています。

IMG_5936

続々と孵化していく夏のナミアゲハたちです(↑↓同日に撮りました)。

しっかりちゃっかり食事処と寝どころが別室なのに笑う。

IMG_5935

卵を避けながらの収穫規模が大きくなってきたので『ドゥエ』さんへの出荷も終了です。

人間さまへの木の芽<ナミアゲハへの木の芽、という優先順位。

ドゥエさんは今季は木の芽をソ◯スに変身くださっているとか(昨年はパ◯タでした)。

引き続き、旬の木の芽のご贔屓と農援をよろしくお願いします。

ナミアゲハ以外の普段見かけない蝶だと特段胸が高鳴るわけですが、木の芽収穫時にも何回か黒い蝶を目撃でき、やっとこさ写真に収めることに成功!

ブレブレですがね。

IMG_5923

オナガアゲハ、もしくはクロアゲハのどちらかちゃん。判別むずかしく。

IMG_5924

命がけの蜜食にも目を細めずにはいられまへんで…☆

ナミアゲハナミアゲハと連呼してますが、容姿でいちばん好きな蝶々はアオスジアゲハです。

IMG_3327

黒地にターコイズブルーとほんの少しの紅が粋で美しいです。

IMG_3329

アオスジアゲハの食草樹はクスノキ科なのですが、クスノキ科を調べてみて心惹かれたのは「アボカド」。アボカド栽培に貢献しているのがアオスジアゲハだとは…今後はアオスジアゲハを見たらアボカドを、アボカドを見たらアオスジアゲハを思い浮かべる日々になるのじゃな。

新しく覚えた食の知識、アオスジアゲハ栽培アボカド。

IMG_5967

ナミアゲハ栽培木の芽、彼らの立派なプリプリプリズムが山椒の肥やし。

明日水曜5月11日は『ポル☆シェ』開催日ですが、当畑はお休みします。

週違いの臨時開催時にソラマメたちの就食活動できればと思っています。

なるべく早めに告知しますんで、その際はどうぞよろしくお願いします。

★ ナミアゲハ ぷっ ぷっ ぷっ。

IMG_5859

ナミアゲハ、

IMG_5864

ぷっ。

IMG_5860

ナミアゲハ、

IMG_5865

ぷっぷっ。

IMG_5863

ミカンの新芽たちがナミアゲハのぷっぷっぷっをいただきました。

ナミアゲハ蝶二羽の乱舞も何度か見届けたので、単独で現れた際も目で追い続けていたこの数日。この前と同じナミアゲハなのかはわかりませんが、産卵の舞鑑賞後にこのぷっぷっぷっを確認できた本日です。

明日以降のたくさんのぷっぷっぷっも楽しみでなりません。

★ みのむし商店『イモムシのお顔てぬぐい』。

昨日土曜は、長時間を木の芽の収穫作業で過ごしました。

ナミアゲハチョウの乱舞を目撃してから6日経ち、同じナミアゲハだと思いたいナミアゲハチョウがまた舞っておりました。

手を止めて姿を目で追っていたら、ミカンの新芽に果敢に産卵しはじめたので急いで駆けつけて撮りました。

IMG_5789

羽模様が夏季仕様のナミアゲハチョウ。

めっちゃ喋りかけてしまう、この2〜3秒の瞬間…。

IMG_5789-0

飛び去ったあとにこの新芽をまじまじ見てみたら肝心の卵がなかったんです。

はて。

産卵姿で産卵していたはずの他の産卵地点も見てみるとやはり卵は見つからず…。

そのあとしばらく考察してみましたが、

A:早期羽化により交尾相手の雄と合流できぬままで、本能の習性によるものだった。

B:寸前で「もうちょっと伸びてる芽にしよう」と取りやめた。

C:産卵の予行演習。

D:実は雄だった。

去年は散々至近距離で産卵の瞬間を見せてくれたんですが、このナミアゲハはかなり繊細な性分だったから危機感による緊張で卵が出なかったのかなぁとか。

ナミアゲハで一喜一憂する日が来るとは。人生どう転ぶかわからなすぎて笑う。

ナミアゲハのイモムシの愛おしさに気づいた記念に去年の夏に購入した、イラストレーター・みもじさんの『イモムシのお顔てぬぐい』。

IMG_3124

当畑でもお馴染み、ニンジンとパセリと三つ葉で生き暮らすキアゲハの顔が凛々しい♪

華やかなデザインの手拭いがたくさんあるので、虫好きにはたまらんです。

【みのむし商店 http://www.minoji.net/mushi/ 】

関西の虫てぬぐいは出るのかなぁ出ないのかなぁと密かな楽しみ☆