タグ別アーカイブ: アブラナ科

★ サークルB サンクス。

あのサスペンス劇場から一ヶ月と少し。

輝く雫は嬉し涙と思い込む。

芯だけにされたとしても彼ら返り咲くブロッコリー。

芯まで柔らかなブロッコリー。

サークルBroccoli、ありがとう。

29日の水曜に柔らかな胃世界へ旅立ったブロッコリーたち。

このあと目立ち始める脇役ブロッコリーで春を柔らかに食いつなぐのです。

春の以心伝心、なんとも柔らかく。

★ 心根に響くセトリ。

img_8842

引き抜き公演で体感する心根を信じ抜く躍動。

img_8843

前座はガラスの心を持つ若手屈指の実力派、

img_8844

黒仮面シンガー。

img_8845

研ぎ澄ませば聞き取れる煽り文句「度肝も抜くぜ」。

img_8846

ニンジンとダイコンをちょびちょび食べ尽くす3月ももう半ば。

3月11日と12日、東日本大震災の特集で、高校生たちの現在を取り上げた記事が特に印象に残りました。

将来の夢は廃炉ロボットをつくることと語っていた高校生に、誌面越しに体温が上がりました。

日々の現実を暮らしながら夢や理想を持てる世界であって欲しいと。

心根を豊かに育てて欲しいと。

img_8847

それでは代表曲で味わってください、♪ ちゃんと元気にお腹空いてるかい? ♪

心根に響く引き抜き一発屋たちのセットリスト中継でした。

★ ミズナに関する菜の花コミュニケーション。

img_8806

今週のミズナ場所。

img_8808

ミズナ菜の花、頭角を現しはじめる。

img_8807

ミズナに関する菜の花コミュニケーション

『ミズナを菜の花ごと食す取り組み』〜ダイコンハムシからヒヨドリまで〜

菜の花お抱えのミズナに大変お世話になっている小作庁。

大阪と東京で意見交換会「食品に関するリスクコミュニケーション『食品の安全を守る取組』〜農場から食卓まで〜」(消費者庁/開催案内・申込書 PDF  2月24日付)が開催されますね。

小作庁でもダイコンハムシたちとの意見交換に励みたい所存。

★ 弥生あやめ雪、弥生ポル☆シェ。

ダイコンハムシと膝を抱き合わせては談判し、ダイコンハムシに膝を折って請うたあの日々からの、

img_8710-1

あやめ雪かぶら返り咲き!

根っからの執着心に拍手喝采。

img_8709

春の貴重な食糧なうえに、この展開からのトウ立ちまでの速度を考えると就食活動は見送りか否か微妙なところ。

小さくとも根も葉も美味端麗なので小作じゃない胃世界へ連れていけたらと思いつつ。

img_8713

(自分で並べつつ)この密接感…、まるで『ポル☆シェ』。

阪神芦屋駅前の老舗だけどカラフルなたこ焼きBarポルポさんの水曜マルシェ『ポル☆シェ』の開催をお知らせします。

【第52回 ポルポさんの水曜夕市~夜市マルシェ ポル☆シェ】

3月8日(水) 16:00〜21:00

*開始・撤収時間は各出店者により異なりますのでご注意ください。

開催場所:POLPO-ashiya-  ポルポ広場 (兵庫県芦屋市川西13-6)

Facebook https://www.facebook.com/polpo.ashiya

最寄り駅:阪神芦屋駅 西 改札出口、出て数秒

【 52ポル食ッピング提供メンバー(変更の場合もあり) 

  • テルってる畑。(16:00~撤収時間調整中) 詳細を改めて告知します。
  • 六甲山のオーベルジュ naare(なあれ)(16:00~20:00)〜伊与田シェフの焼き菓子、季節のジャム、本日限定品〜
  • 真山養蜂場 (16:00~20:00)〜2016年度大阪府知事賞受賞、過去にも数多の受賞歴を持つ、完熟・天然蜂蜜〜[ 小作人による訪園記はこちら ]
  • 【りんご専門店】林檎道 (17:00~19:00)〜農家直送、減農薬栽培の旬な新鮮りんご〜
  • 有頂天晴果 (16:30~21:00)〜京野菜を中心に、流通されにくい野菜や果物を扱う八百屋〜
  • 松茶商店 (17:00~19:00)〜台湾の食べるお茶「れい茶」専門店〜
  • 藤井農園 (時間未確定)〜お百姓・藤井さんの厳選野菜や食品〜

歯抜けなく出店者総出を堪能できる時間帯は今回も17:00~19:00ですね。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさんは参加否かのお知らせは開催直前になるとのことです。

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を更新しております、フォローといいね!よろしくお願いいたします。

img_8712

個々カラフルで芯の強い根っ子を持つ出店者たちと農援者さんがひしめき合う『ポル☆シェ』で3月も楽しいひと時を一緒に分けっこできますよう♪♪

★ ✂︎ – – – – -〈 キリトリ 〉- – – – – 。

img_8707

ダイコン場所。

img_8708

ダイコンももれなくぶっちゃぎられましたが、ダイコンへの一気食いにはちょっとした特徴がありまして。

img_8745

ダイコン葉っぱ先端部

✂︎ – – – – -〈 キリトリ 〉- – – – –

ダイコン葉っぱ中間層

ダイコン根っ子のおでこ葉っぱお立ち台

ダイコン根っ子

といった具合です。葉先キューティクルだけ切り取られた模様。

img_8746

ヒヨドリたち食事中のダイコンハムシの心境も気になるし、ヒヨドリたちにはダイコンハムシを気にかけて欲しいし、葉先でまどろんでいたダイコンハムシを一緒に食べてくれたのかどうかも気になります。

ヒヨドリたちを見習い、この執念は切り取って心に刻み(すぐ忘れるけど)、残されたダイコン葉っぱ&根っ子を思う存分楽しみ切るのじゃ。

★ サスペンス傑作選 ~舞台は目の前のディストピア~。

img_8694

「意識高い系」という皮肉言語があっちらへん界隈で浸透する昨今、意識高くなければ食べさせていただけないこっちらへんの現場から意識高いサスペンスをお届けします(今回はちゃんと( )内に元ネタ表記)。

img_8692

『ア・フュー・グッドメソメソ』

配給元:ブロッコリー

(「ア・フュー・グッドメン」’A Few Good Men’ アメリカ,1992年)

img_8693

『あいつらだ』

配給元:ブロッコリー

(「あいつだ」’Fatal Intuition’ 韓国,2015年)

img_8690

『働く標的』

配給元:キャベツ

(「動く標的」’Harper’ アメリカ,1966年)

img_8691

『欲しがるヒヨドリ』

配給元:キャベツ

(「欲しがる女」 ‘Irréprochable’ フランス,2016年)

img_8696

『ヒヨドリの偽証 前編・職権』

配給元:ハクサイ

(「ソロモンの偽証 前編・事件」日本,2015年)

img_8688

『ヒヨドリの偽証 後編・折半』

配給元:ハクサイ

(「ソロモンの偽証 後編・裁判」日本,2015年)

img_8689

『プリプリー』

(「リプリー」’The Talented Mr. Ripley’ アメリカ,1999年)

頭を抱えて悶絶する瞬間でもニ・コ・ニ・コしちゃえるアカデミックな現場監督を目指すべく。

菜っ葉食卓計画ガタ崩れ中継を今回も乗り越えまずぞ。

★ ハクサイダニ。

ミカンとキンカン以外の中継が久しゅう。ハクサイ中継です。

img_8556

外側の葉はハクサイらしさがあるのですが中側の多くがキャベツっぽい菜っ葉に進化中。

味はハクサイなんですがね。

img_8557

菜の花の準備、着々のご様子。キャベツっぽい葉調は菜の花到来のお知らせ。

img_8558

食材貴重な春直前、ちょびちょび食しているこのハクサイたち。今年に限らずなのですが、いつも「こやつら何奴」と思っていた彼らの正体が判明しまして…。

ダイコンハムシよりもすばしっこく、過去に撮った写真を探してもブレ絵ばかりなので鮮明絵は諦めました。画像検索すればいくらでもお姿拝見できますしね。

img_8559

だいたい葉の根元にこうして隠れています。

彼ら、秋~冬が躍動期。

わずかな振動で高速移動で散るし(彼らも命がけなので当たり前ですが)、他のあざとき虫同様、こちらの黒目の動きだけでも逃げたりします。

img_8562

「こやつら何奴」と意識しはじめてから数年どころじゃないので、やっと辿り着けて嬉しいんですけど彼らへの歓迎の念はございません。彼らの名はハクサイダニ。

ハクサイダニ。

またしてもこのなんとも言えないそのまんま感。

ダイコンハムシの正体判明時と同じような心境です。

ここ数日、ハクサイダニを検索し続けましたがハクサイダニについても天敵については有力情報は見当たらずでした。

ダイコンハムシにしろハクサイダニにしろ、畑で見る「こやつら何奴」の正体を検索すれば検索数の少なさに毎度笑う現状ですが、作物に付属する虫についてちゃんと学んでいきたい念も強くなる一方。

畑での目撃情報とともに整理しながら『農作物と虫と天敵』のまとめ作成を目指したいところ。

図解がたくさん掲載の虫や土壌の専門書を数冊借りているのですが、今回はこの一冊のご報告。

img_8570

『ひと目でわかる 野菜の病害虫防除 / 根元 久著(家の光協会)』

虫と作物症状がすべてカラー写真で紹介、白黒写真ではなくカラー写真がありがたい。ハクサイダニについての記載はありませんでしたが、天敵については簡潔な基本情報は揃っていました。

根元 久氏の著書に『天敵ウォッチング(NHK出版)』や『天敵利用と害虫管理(農文協)』もあるので後追い出来たらと思います。

作物栽培の愉快さにもれなくプレゼントされる虫への「何これ何故これ如何これ」コレクションを究める道は非常に険しいですが、こんな感じで楽しいうちはつづくはず。

目新しい作物を紹介されるとき、どんな虫が付属するのかを真っ先に気にするようになっているので、自身の進歩としては御の字です。

黒ゴマのような体と透明感あふれる朱色の脚で忍者の如くな彼らハクサイダニ、判明できてまずはひとつ、めでたし。