タグ別アーカイブ: イチゴ

★ いちごの日のいちご。

img_8177

本日1月5日いちごの日のいちごたち。

img_8179

マイマイ教授が研究熱心過ぎて、このかぶりつき様。

度が過ぎる研究より糖度が過ぎる研究は出資者泣かせなり。

★ 11月の灼熱と。

img_7785

雑草の取り巻きで一層鮮やかなイチゴ。

img_7786

付き添いのマイマイ教授の姿が見えると緊張が走る…。

img_7787

まさかの、マイマイ教授が手付かずのイチゴとは!

img_7788

マイマイ教授の緊張感を殻越しに感じつつ、無傷の灼熱イチゴを頬張りました。

野良作業の合間の稀なご褒美。

img_7779

秋晴れの取り巻きで一層鮮やかなイチゴ。

img_7780

マイマイ教授が不在…?不気味で不穏な緊張感が走る…。

img_7782

もの悲しげな表情で推し量る、イチゴの微熱。

img_7783

裏を返せば、やはりである。

マイマイ教授が生唾を飲み込んだ先の先の行く末のお姿かな。ヌマガエル助教授の影も伺えます。

11月のイチゴ、ほぼほぼ微熱、ごく稀に灼熱。

★ ドライフルーツ ~あまずっぱイチゴ2016~。

IMG_5956

5月初旬の苺たちはまだ知る由もなかったのです、ドライに変身させられることを…。

♪デデんっ デン っでデン♪ ♪デデんっ デン っでデン♪ ♪デデデン っでドゥン♪

IMG_6280

そのまま食べてもらえないことを察知した苺たち。

♪ひゅうるりぃ〜 ひゅうるりぃらるあぁ〜 ♪

IMG_6302

はじめてドライになったあまずっぱイチゴのドライ記念日。

IMG_6304

〜テルってる畑。ドライフルーツ史 あまずっぱイチゴの巻〜

ドライフルーツ史はあまずっぱイチゴで幕を開けました。

立派な乾燥機器が油も砂糖も使わず、水分だけを飛ばし抜いてくれました。

乾燥時間・形状・量など、いろいろとデータを取りながら果実に野菜にとドライフードを極めていくぞ♪な意気込みじわじわと。

収穫から乾燥工程まですべてを自分の手でできるので、細かい部分までとことんこだわることができます。今のところ、最高のおもちゃを手にしている気分です(笑)。

〜ドライフルーツ史 次回へつづく〜

★ いちご親方の教え。

IMG_5946

4月末あたろからぼちぼちとはじまったイチゴ。

IMG_5945

10日ほど食べつづけたあたりで判決が出ました。

今季イチゴは販売せず自家消費で完結することにしました。

3〜5個のうち、ちゃんと酸味の強い美味しい子が1個といった具合です。

美味しい甘ったるさなら良しですがそんなに美味しくない甘ったるさなんです。

ズドゥ〜ンとした甘さなので、不味くはないけど美味しくもない…みたいな。

ジャムにするとズドゥ〜ンな甘さがズッドゥ〜ゥンな甘みに増し増しで笑えますがね。

IMG_5954

栽培においてイチゴ解析もこれまたむずかしき道なのですが、おそらく長年頑張ってきた親株の疲弊が実に沁みてきたんだと思われます。過剰労働の歪みに酸味を奪われたと推測。

いちご親方の引退希望届けというお実送り…。

イチゴの株整理をすればまた酸味のしっかり効かせた美味を取り戻してくれるはず(とっても前向き)。

IMG_5955

イチゴはイチゴだけにしかないイチゴ特有の酸味があってこそのイチゴ(持論)。

イチゴらしさを発揮でききれていないイチゴも味わえたことに笑う♪