タグ別アーカイブ: イチゴ

★ 5月の背表紙を飾るイチゴ。

気まぐれ季刊誌『テルってる四季。』5月号を発行するなら。

背表紙にはイチゴがよきかな。

貴殿なら季節を謳う代表として何を背表紙に選ぶでしょうか。

イチゴ2020収穫の第2回は昨日の5月12日。

左パック分が長年に渡り不明な品種が増殖してきた徐々に撤去中の大往生イチゴ、

右が品種を選択してみたお試し栽培中の宝交早生イチゴ。

1回目の収穫より宝交イチゴが少し量が増えました(1回目の日誌はこちら)。

宝交イチゴは風味確認のため生食を楽しみます。

新型コロナウイルス禍により大量廃棄の危機を回避させるべく、乳製品消費の協力願いが農水省からも出ております。

普段、当方は牛乳摂取の習慣がないのですが(乳製品はチーズ消費が最多です)、今季は冷凍した大往生イチゴを苺ミルクで楽しむため牛乳をたくさん購入しようと思います。

宝交イチゴの収量は僅かですし、徐々に撤去中の大往生イチゴは少量以上大量未満なもので。

ヨーグルトやアイスクリームで毎春恒例の苺パフェ等も楽しみでございます。

いちご中継にて。

 

★ 地上苺の出番。

イチゴ2020収穫、第1回目の今朝。

何度かつまみ食いはしたものの、容器を手にえんやこらスタイルでは初収穫。

上2枚の写真は宝交(ほうこう)早生イチゴです。

宝交イチゴ一択へ移行中で、様々な品種が雑多な大往生イチゴは徐々に撤去中。

西宮(兵庫県)の農家さんに宝交イチゴの苗を譲っていただいたのが2017年の夏。

月日の流れ、恐ろしや。

そんなことも思い浮かべつつの摘み摘み。

左の透明パックが多品種入り混じり大往生イチゴで、右のピンクお椀が宝交イチゴです。

今春は宝交イチゴの風味を数日毎に確認できそうかな。

多くの大往生イチゴを撤去できたので量が少なく収穫作業が楽なり。

最も苺を食す5月、季節の移ろい全力疾走の味わい。

露地栽培いちごの始まり中継にて。