タグ別アーカイブ: カマキリ

★ 蟷螂と祝い、蟷螂と願う子。

春のお祝いでチュ。

昨シーズンの夏野菜に使用した竹材に産卵してくれたハラビロカマキリに感謝でチュ。

赤紫蘇に産卵してくれたチョウセンカマキリ(ムナビロカマキリ)に感謝でチュ。

この状態でも薫り豊かな赤紫蘇でチュ。

こちらは農援者さんからの贈り物、オオカマキリでチュ。

畑に持ち込んでくださり、感謝いっぱいでチュ。

ありがとうございまチュ。

増殖しちゃってる竹やぶに産卵してくれたチョウセンカマキリでチュ。

竹の伐採もぼんやりできないでチュよ。

農兵カマキリの新世代たちにあっぱれでチュ。

竹やぶ伐採は続くのでまた見つかるかもでチュね。

彼らが孵るのは5月以降でチュ(異常気象がない場合)。

暴食組の昆虫を喰らってくれるカマキリでチュ。

大小獲物のちょびっと喰いをたくさん繰り返すから捕殺量トップレベルなのでチュ。

頼れる奴なんでチュ。

街中や出先で見つけたら、どうか丁重に見守ってほしいでチュ。

2020年もカマキリの尊さをしつこく主張していくでチュ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『いせ辰』のめでたい干支子タオルは農援者さんからの贈り物です。

ありがとうの連続です。

ここでクイズです。

あっぱれ写真を撮り終えた後に接着面からポロリと離れてしまった(落ちちゃった)卵鞘はどれでしょう。

ヒントと正解は3月27日回です。

落ちちゃった瞬間の小作の似顔絵当てクイズでも良かったかなと思いつつ。

新世代カマキリたちを祝う回でございました♪

 

★ ここからもファイン。

天を指すもふもふ。

美しの枇杷です。

目線を下げてみれば。

ハラビロカマキリの卵鞘です。

カマキリと枇杷のファインプレーに酔いしれます。

お外お散歩の際は草花樹々の芽吹きと合わせてカマキリの卵にも注目してみてください。

出会えるのはオオカマキリかハラビロカマキリかチョウセンカマキリかヒメカマキリか。

帰宅時の手洗いファインプレーも忘れずに。

 

★ イチジク行楽たくさん。

おはようございます。

写真は一昨日金曜に会えた無花果カマキリです。

無事に産卵してくれたか気になりつつ。

今日明日とイチジク行楽たくさんあるのでご紹介します。

生鮮イチジク販売がお休みとなったナチュラルマルシェハレバレさんは本日は開店です、イチジクスムージーをお楽しみいただけます(最寄りはJR尼崎駅)。

店主ちえこさんのCHAIRさんでは本日はイベント開催で、イチジクメニューをたっぷりお楽しみいただけます(最寄りは阪急・伊丹駅)。

パティスリーアトリエTAKEさんでは週末限定のイチジクケーキが明日の祝日までお楽しみいただけます(最寄りは阪急甲陽線・苦楽園口駅)。

店主きんちゃんのカフェQUINさんではイチジクソースが販売中です、そしてイチジクのスイーツが登場するかも!?です(最寄りは阪急甲陽線・苦楽園口駅)。

酵母パンと焼き菓子ヒカリノさんは明日14日に開店です、イチジクパンと焼き菓子をお楽しみいただけます(最寄りは山陽塩屋駅・JR塩屋駅)。

16時開店ですが、たこ焼き屋ポルポ芦屋さんではイチジクサイダーのポル☆ダーをお楽しみいただけます(最寄りは阪神・芦屋駅)。

甲山ハニーガーデンカフェでもイチジクのメニューをお楽しみいただけます(西宮・甲山)。

と、阪神間の7店舗でイチジク魅惑の変身をご賞味いただけます。

書き逃しなしのはず…。

伝え忘れなしのはず…。

イチジクの枝に産卵してくれているかもしれない。

目一杯、見逃さないように手を動かさねば。

秋のイチジク行楽も目一杯ご堪能いただければ幸いです!

 

★ ひょえー!のポーズ。

イチジクミーティング、早々に満員御礼いただきました。

カマキリとひょえー!

お手数など諸々、ありがとうございます。

 

★ トップアイドルにやっと会えた。

昨日7月29日、トップアイドルにやっと会えました。

春から姿を見ていなかったので嬉しさひとしお。

昨年は1匹しか会えず。

今年は1匹も会えないかもと思った矢先。

心配ご無用やで、ちゃんと生きてるでと言いに現れてくれたと解釈。

ただそこで暮らしてくれているだけで至極御の字です。

★ 無言カウンセラー。

耕運機を動かし、目標面積の半分に差し迫ったところで休憩のためエンジンを止め、再びエンジンをかけようとしたところ、かからず。

時刻は9時過ぎ、10時までに耕運は終わらせたかったので苛立ちのさざ波が。

帰宅後に知りましたが、高温注意報が出ていました。

注意報が出ていなくても連日暑いでっせ。

暑さも手伝って、かからないエンジンに癇癪を起こしそうに。

癇癪が大勝利を収める寸前、畑の権威に救われるのです。

小作の顔の真横にコガネムシちゃん。

癇癪は一瞬にしてクモの巣の中へ。

イライラ寸劇を真横で見られてたかと思うとお恥ずかしい。

コガネムシの食糧調達に必死な姿をしばし見つめれば。

腹の内も見せられて。

もぅええわぃ、おしまいおしまい。という気分をいただきました。

エンジン再始動は諦めて、納屋まで引っ張ることに。

耕運機の牽引は腹筋が唸ります。

耕運機も購入してから10年以上、エンジンがかかりにくくなることが増えた気がします。家電同様、寿命でしょうか。

買い替え出費を考えはじめ、憂鬱なそよ風が頬を叩き始めた時も畑の権威が。

今年、はじめて見たカマキリ!

幼くて判別できませんでしたが、オオカマキリかな?

カマキリで嬉しさいっぱい、胸いっぱい。

華奢な鎌を逞しく構える姿に「そやね、耕運機の購入費用のことは今は考えないでおこう」と思えて憂鬱がすんなり雲隠れ。

このように畑のあちこちに出没する無言ながら優秀なカウンセラーたちが健在のおかげで小作はニタニタできるのだな、と。

短気は損気を改めて痛感する週明けを経て。

台風の影響で雨嵐が続きます、十分にお気をつけて。

★ 七五三ちょいポル☆芦屋。

子どもたちの成長と無事を祈ってマンティス。

命あってなんぼのマンティス。

写真は9月末にご対面できたカマキリです。

11月に入っても姿を見ることができましたが、夏場の目撃は数えるほどでした。

その点はとても寂しかった猛烈猛暑2017。

カマキリといえば香川照之氏という名のカマキリ先生の情熱番組『昆虫すごいぜ!』、タガメ回・オニヤンマ回ともに雨嵐の日に鑑賞しました。

オオスズメバチの天敵がオニヤンマだというお話が私の中の感動の沸点でした。

今年はオオスズメバチがよく飛来し、アシナガバチとアシナガバチの営巣を淘汰する場面を3度も目撃しました。

当畑で見たオオスズメバチも例年よりだいぶと小柄だったのですが、真山養蜂場さんに飛来するオオスズメバチも小柄気味だったようで、猛暑の影響でオオスズメバチの餌(虫たち)が少なかったのではないかとの見解があるようです。

確かに、カメムシとバッタは多勢だったけどイモムシ系は少なかった印象。

小柄だとしても獰猛なオオスズメバチの天敵が涼しいお顔のオニヤンマだったとは嬉しい驚き。

タガメ回もじゅうぶん楽しめましたが、オニヤンマ天敵情報が濃過ぎました。

引き続き番組の続編が待ち遠しいです。

さて、本日の夕方からは『ちょいポル☆芦屋』での就食活動です。

柿とミカンを連れて行きます。

早い撤収になってしまう場合はSNS(FacebookTwitter)でお知らせします。

SNSと芦屋といえば!

芦屋市は10月から来年3月まで『芦屋Instagram投稿キャンペーン』を開催中です。

【芦屋市シティプロモーション http://www.city.ashiya.lg.jp/city_pr/photo/ 】

水曜マルシェ「ポル☆シェ芦屋」と「ちょいポル☆芦屋」で食ッピングされた方、これから食ッピング予定の方はハッシュタグ #憧れを日常に芦屋市 をつけて投稿いただけると嬉しいです。

「ポル☆シェ芦屋」を広く知ってもらえるこの機会にたくさんご参加いただけるよう、祈ってマンティス。