タグ別アーカイブ: カメムシ科

★ ちょいポル☆2月1日(臨時にちょいとポル☆シェ)。

img_8492

てっぺんミカンで隠居中だったミナミアオカメムシがミカン就農収穫を祝福した火曜日。

ミナミアオカメムシが新たな隠居先を探し求めているミカンを背に就食面談へ出向の水曜日、阪神芦屋駅前のたこ焼きBarポルポさんの水曜マルシェ『ちょいポル☆』2月1日。

img_8503

あまあっまミカンとキンカンの橙パレード、セミファイナルに近いファイナル面談。

キンカンも一粒残らず、ミカンもミカン大好きさんの優しい胃世界に安泰就食できた至福に極寒どこへやら。

ミカンをミカンの季節に目一杯楽しんでいただけるという嬉しさで農援者さんとの会話で頬が上がりっぱなしという、何重もの味わい深さをいただきました。

数多の強豪ブランドの足元へ寄りつけるよう、ど根性を磨いていきたい限りです。ありがとうございました!

img_8504

今回の『ちょいポル☆』出店仲間はというと。上写真はポルポさんの出入り口側の様子。

img_8507

自家製天然酵母パンのヒカリノmutsu cafeさん。

ふたつとも、あまあっまミカン魅惑の変身のお姿なり。

写真はごく一部どアップのみですが、ムツさんがあまあっまミカンの皮を丁寧な下処理を経てフル活用で手掛けて下さっているオランジェ(ミカンジェ)、ドーナツ、スコーンとミカンパンがたくさん登場しております! この機会にムツさんのミカン情熱パン大陸を味わっていただきたいです♪(素敵な続報は下方にて★)

img_8508

京都から毎週水曜17時~21時に出店の八百屋、有頂天晴果さん。

小作人「これ(手前の京やさいシールの)なんていう野菜?」

有頂天晴果店主・西川氏「呼び名としてはツボミナ、子宝菜、四川児菜、子持ちタカナ、祝蕾、といいます」

ぉ、ぉぅ。芸名多し。野菜あるあるですね。

有頂天晴果さんがずっと取り扱っている卵「アローカナ」(奥手前)とツボミナを食ッピングしてみました。 アローカナのお味伺い、目玉焼きよりは卵かけご飯でいただくのがオススメとのことでした。初アローカナ、楽しみです♪

img_8506

Kinoko-Tenさんの家庭用栽培しいたけブロックは来週8日に開催の『ポル☆シェ』が販売最終日になります。

どうしようかなと迷われている方、猶予は一週間を切っているのでご家庭や職場でのしいたけブロックお迎え会議を煮詰めていただきますよう。

写真のブタちゃんは鳴き声つき照明です、Kinoko-Tenさんがしいたけブロックと一緒に販売しているのは豚肉ではなく鶏の地鶏卵ですぞ。

img_8509

こちらポルポさんの「ベジ焼き」(特製のトッピングが奥で隠れちゃってますが)。

王道たこ焼きもいいけどベジ焼きもええぞ♪という事もお伝えしたく。

そしてポルポ旦那ノリさんのマヨ描き、“パンまつり”とは一体…?!

2月12日(日)10:00~18:00にHDC神戸で開催の『てくてくパンまつり』にヒカリノmutsu cafeさんが出店されます。(イベントは10日(金)から3日間開催ですがムツさんは12日のみ出店)

【HDC神戸 http://www.hdc.jp.net/kobe/ 】

あまあっまミカンフル活用の魅惑の変身ミカンシリーズも登場します!

ミカンシリーズ完売して欲しい!!!な気持ちでいっぱいでんがな♪♪、をノリさんがこのように描いてくれましたが、ムツさんの似顔絵が似てるかどうかはワタクシ関与しておりません(笑)。

こうして農援者さんのお力添えにより、あまずっぱミカンからあまあっまミカンの約3か月に渡る『ちょいポル☆』でのミカン就農も無事に幕を閉じることができました、ありがとうございます!

次週2月8日は月に一度の『ポル☆シェ』開催です!告知は追い追い☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同のリンク先一覧です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ニラの蕾から花芽までの短さよ。

9月を過ぎたあたりからニラに蕾がつき始めました。

img_7238

9月14日撮影のニラの花の様子(上写真)。

蕾から開花までの間の花芽、白い雫型のニラの花芽が薬味として格段に美味しいのです。

現役長寿農家組の贅沢スパイシー品でお馴染みのニラの花芽を9月14日開催のポル☆シェに出品しました。グルメ人集結なマルシェのため、ニラの花芽も就食内定をいただきました。

その1週間後には、

img_7342

ほぼ満開期を過ぎました。花になると柔らかさが激減するため、花芽を摘み取れるのはほんの一瞬です。

花芽に限らずどの作物も収穫期というのは一瞬ですが(笑)。

img_7345

花びらが落ちた後は種の準備ハート型。

img_7346

群がるアオクサカメムシの赤ん坊たち、種に偽装…擬態ごっこかな。

img_7343

カメムシ含め、花盛り場は虫たちで賑やかでした。

img_7347

虫たちの憩いの場ですが、花盛りのニラたちをたっぷり刈り取りました。

食材を得るにはある程度の整理整頓が必要ですね。

img_7451-1

と言いつつ、虫の遊び場をほんの少し残していたハート型がはち切れて種がこぼれてきた今日この頃。

蕾からの開花はあっという間ですが、花から種まではうんと長い時間がかかります。

次世代への本仕込み種にはうーんと時間をかけるという英知の摂理に笑う。

アオクサカメムシよ、群がるなら今ぞ!と言ってももう大人として旅立ったあと、とな。

img_7452

バッサリたっぷり刈り取ってから約2週間後のニラはこんなにも生き生きと「食べて♪」と主張くださっています。

この若々しい2016秋ニラも今日のポル☆シェに連行する予定です♪♪

 

★ 8931Survivor。

IMG_5563

3月中旬まで食せたハクサイ。ナガメだらけ、つがいだらけ。

IMG_5566

3月いっぱい持ちこたえてくれたら明日の餅つきのお味噌汁で活躍してもらう予定だったんですが、暖かさのおかげで一気に花開き。

IMG_5606

本日のお姿。和紙に包まれたような花束となり。

IMG_5607

8931(ハクサイ)サバイバー、ナガメも華やぎ一層繁殖中。

身のこなし方に愛嬌のある「ナガメ」ですが、なかなか覚えられず…。

明日はいよいよ春の餅つき『ぺったん卯月会』です。

赤穂市から参られたイサさんの糯米「めっっちゃスタンバッた甲斐あったわい!」

とおっしゃっていました。

ぺったん勇者たち登場までスタンバッてますんで無事の到着をよろしゅうに♪