タグ別アーカイブ: キク科

★ 母子草。

写真は背丈がまだ1.5cmあるかないかの春の七草「もふもふ部」の母子草たちです。

今季は夏の作付け力不足により、スズナ(蕪)・スズシロ(大根)・セリ(人参)が不在なので7日の七草粥イベントも自主完結でええかしらと思っていたところ、一報入ルの巻。

なんと、ハハコグサの御形・ハコベラ・ホトケノザ・ナズナの4草の探求希望者現る!

七草勇者は健在なり。

ということで、4草者だけでも収穫したいという七草ハンターさんへのお知らせです。

1月6日(土)、時間は暖かい時間帯の11:00~13:00です。

上記のあったか陽気時間外はお断りなのでご了承ください。

軽いお誘いなので気軽な気持ちでご参加を。

けれども畑までの交通にはくれぐれも気をつけて、無事に到着くださいませ。

広告

★ 安穏に。

切られ茹でられ叩かれる前の、ごぼう。

足元(根)がっちり、足腰(繊維)しっかり。

安穏を得るまでの発掘は細く長く、笑えるほど重くてね。

牛蒡が食べたい!牛蒡を食べよう!からはじまり、

もう嫌だ…やっぱり食べるのやめる…牛蒡の件はなかった事に…と何度も手を止め、

せっかくここまで来たのだ諦めるでない、もうあとほんの少し!で戻っちゃっては、

ラストスパート何度目じゃコレ!とうんざりを繰り返しての、

叩き上げ牛蒡からの貰い笑い。

そりゃ涙も出るさ。

そんなわけで今年も牛蒡の栽培を強くお勧めします!!

★ 昨年と同じく5月回にフキです。

明日開催の子ども食堂&地域食堂まあるい食卓、当畑からの食材提供はフキです。

昨年と同じなのでフキの味で季節を感じていただけるかと。

5月だからフキがどうこうではなく、フキを食べて4月と5月を感じる体食感を。

今回は昼食後、14:00からスタッフと参加者さん共同での「おしゃべり会」があり、16:00からは「竹パウダーコンポスト講習会」が開催されます。

詳しくは下記ブログとFacebookリンク先を参照ください。

はじまりは果てしなく遠くても、情報や噂がまわりにまわって何かしらのきっかけを必要としている彼ら自身、彼らの家族、同級生や近くにいる人達に辿り着くことを願いながらの食材参加です。

《 第24回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

5月21日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

Facebook https://www.facebook.com/events/301776023582769/

★ 餅つき2017『ぺったん会 ~母の日の巻~』のお知らせ。

8回目を迎える餅つき「ぺったん会」はお初の5月場所、母の日に開催でございます。

今回も兵庫県赤穂市の米農家・前川農産のイサさんの糯米をぺったんします。

つきたてそのまんまいただくお餅に加え、5月ということで、

  • 畑のよもぎでよもぎ餅(上写真)
  • 畑のイチゴで苺大福(大福餅じゃないけど笑)
  • 畑のそら豆で餅
  • 畑のあまあっまドライミカンで蜜柑餅

をぺったんできればな♫と企んでおります。

冬季の開催時と違う点は野菜がござらんので野菜汁類はございません、あしからず。

餅だけです、餅ばっかりです、餅を食べ尽くすします。

母の日につきたてホヤホヤのお餅プレゼント、どうでしょう♫

以下、詳細です。

【餅つき2017 ぺったん会 ~母の日の巻~】

5月14日 (日)

開始12:00~、終了(予定)18:00~19:00

途中参加、途中退散は自由ですが参加費は変わりません。

開催場所:テルってる畑。(兵庫県尼崎市食満3-24-17の横)

参加方法:人数把握のためひと声ください。

Facebook / Twitter / ブログ問い合わせフォーム 、他に小作人と連絡取り合い済みの方は最も便利なツールでどうぞ。

はじめて参加・久しぶりに参加・周辺道路すっかり忘れた方は必ず一報ください、とってもわかりやすい道順案内写真を送ります(当日迷子は手早くお迎えができないため)。

持ち物:マイお箸(*幼児用スプーン・フォーク類)、飲み物用マイコップタオル

〔こちらで準備するもの………味付け海苔、醤油、ポン酢、砂糖醤油、きな粉、餡子 / 飲み物……お茶、お水〕

上記以外の餅の付け合わせ、お酒、甘味飲料などはございません、各自持ち寄りください。

天候について:悪天候時は屋外伝統式から室内で機械ぺったんに移行です。

悪雨天で屋外ぺったんが中止の場合、朝9時までにブログ内の右上お知らせ欄・FacebookTwitterでお知らせします。事前に参加連絡いただいている人には直接連絡します。

糯米は前日中に仕込むため、悪天候なら屋外伝統式ぺったんから室内で機械ぺったんに変更します。室内機械ぺったんでもええよ♪という方はその旨もお知らせください。

ぺったん参加費おひとり:大人1500円、高校生500円、中学生以下無料

母の日ぺったん当日、いちごがどれだけ採れるかはぺったん勇者のみぞ知る。

過去7回分のぺったん会の様子は催しページをご覧ください。

★ 山の幸、牛蒡の幸。

ゴボウちゃんを引っこ抜いた後の空席を埋め埋め。

気高き牛蒡山、再び!

お隣と密接し過ぎないように付き合うのが自然の良策。

何もかも台無しにするだけのミサイルと違って、食糧を産む畝の打ち上げに精を出すほうが未来永劫美味しいぞ。

海の幸、山の幸、牛蒡の幸。

打ち上げるべきは幸の美味しさ。

★ ポル☆シェ 53ポル。

ニンジンの収穫に取り掛かってすぐにアオバアリガタハネカクシ氏が視野に入りまして…。

作業速度を限界にまで落として動体視力はトップギアで引き抜き完了したニンジンとゴボウたち泥まみれ、わし汗まみれ。

採れたてホヤホヤ偽装ゼロたちで就食活動に励む食の祭典、たこ焼きBarポルポさんの水曜夕市~夜市『ポル☆シェ』、昨日4月12日は第53回目の開催でした。

阪神電鉄車内からは幻覚的に楽しめますぞ。

忘れがちな余暇娯楽「ちょっと寄り道気分」を存分に味わえるポル☆シェです♪

今回は出店仲間が少数でしたが、物足りなさご無用。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさん。当畑のあまあっまミカンのピールを使っていただいている焼き菓子もございましてよ。

出店時間が1時間限定ですが、続々と完売しちゃうのでパン好きの御人はお早めにどうぞ♪

そして台湾の食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店の松本さんと、52ポル回での取材記事が掲載中の4月号『Bplatz (http://bplatz.sansokan.jp)』の松本さん♪

写真たっぷりのサイト記事は http://bplatz.sansokan.jp/archives/8477 です。

Bplatz読者アンケートへ松茶商店・松本さんの感想を届けるべきは、今!

反響が大きければ大きいほど夢広がる現実膨らむほくそ笑む。支持熱の見せ所でっせ♪

当畑はニンジン、三つ葉、ゴボウ、ドライフルーツシリーズのトゥルルンイチジク・艶かビワ・あまあっまミカンのヌーディ(皮なし)&ファッショニスタ(皮ごと)でございました。

今回は食ッピングいただいた方に先着で、スズラン/ムスカリ/菜の花の中からお好きなお花をプレゼント!を開催。

もちろんお花たちも摘みたてホヤホヤ♪ 農援者さんに喜んでいただけたようで嬉しい限り。

有頂天晴果さんの出店写真は撮れずじまいでしたが毎週水曜に出店中なので、ぜひ来週、再来週と途中下車かお立ち寄りいただけますよう。

昨日も風が冷たく寒い一日でした、まだまだ油断せず、寒暖差に気をつけたいですね。

いろいろな特技や趣味を持った方々がたくさん集うポルポさんのポル☆シェ、毎回楽しみにでなりませんが、次回もどんな面白い農援者さんとお話を耳に目にできるのかと期待が高まり続けております♪

53ポルもニンジン・三つ葉・ゴボウ全て完売いただき、ドライフルーツもたくさん旅立って行きました、ありがとうございました!

次回、第54回ポル☆シェは5月10日(水)に開催です!

ご予定に「ポルポるマーク」をよろしくお願いいたします★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ラウンジ蝶々さん。

雑草てんこ盛り写真で草引き三昧日記をお蔵入りするキアゲハに遭遇しまして。

シロチョウやタテハチョウも舞いはじめ、季節の訪れ早乗り蝶々に目を細めるばかりでもないのが超自然世界。

羽化時に何かしらの問題が生じた模様のキアゲハ。

足空でバタつき続けていたので、休憩しやすそうな蕗に移して、まじまじ鑑賞。

遅かれ早かれ、野鳥かトカゲたちに食されることでしょう。

まじマジ鑑賞のおかげでお蜜時間に同席できまして。

まんまる口吻(こうふん)を、

ちゅちゅいと伸ばして。

蕗のお蜜は美味しゅうございますか。

彼ら超自然風景に衣食住の大切さをじんわり感じます。

身を纏えるものがあって、身をつなぐ食べものがあって、身を休める寝床があることの有難さをキアゲハにも重ねては草引きてんこ盛りなんぞでヒィハァ言っている場合じゃねぇぞい。

と、キアゲハと蕗を前にして思っても雑草を前にするとやはりヒィハァ。

まだまだ朝晩と風が冷たい春のヒィハァ、風邪ヒィハァ回避にも励みたいところですね。