タグ別アーカイブ: キク科

★ 山の幸、牛蒡の幸。

ゴボウちゃんを引っこ抜いた後の空席を埋め埋め。

気高き牛蒡山、再び!

お隣と密接し過ぎないように付き合うのが自然の良策。

何もかも台無しにするだけのミサイルと違って、食糧を産む畝の打ち上げに精を出すほうが未来永劫美味しいぞ。

海の幸、山の幸、牛蒡の幸。

打ち上げるべきは幸の美味しさ。

★ ポル☆シェ 53ポル。

ニンジンの収穫に取り掛かってすぐにアオバアリガタハネカクシ氏が視野に入りまして…。

作業速度を限界にまで落として動体視力はトップギアで引き抜き完了したニンジンとゴボウたち泥まみれ、わし汗まみれ。

採れたてホヤホヤ偽装ゼロたちで就食活動に励む食の祭典、たこ焼きBarポルポさんの水曜夕市~夜市『ポル☆シェ』、昨日4月12日は第53回目の開催でした。

阪神電鉄車内からは幻覚的に楽しめますぞ。

忘れがちな余暇娯楽「ちょっと寄り道気分」を存分に味わえるポル☆シェです♪

今回は出店仲間が少数でしたが、物足りなさご無用。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさん。当畑のあまあっまミカンのピールを使っていただいている焼き菓子もございましてよ。

出店時間が1時間限定ですが、続々と完売しちゃうのでパン好きの御人はお早めにどうぞ♪

そして台湾の食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店の松本さんと、52ポル回での取材記事が掲載中の4月号『Bplatz (http://bplatz.sansokan.jp)』の松本さん♪

写真たっぷりのサイト記事は http://bplatz.sansokan.jp/archives/8477 です。

Bplatz読者アンケートへ松茶商店・松本さんの感想を届けるべきは、今!

反響が大きければ大きいほど夢広がる現実膨らむほくそ笑む。支持熱の見せ所でっせ♪

当畑はニンジン、三つ葉、ゴボウ、ドライフルーツシリーズのトゥルルンイチジク・艶かビワ・あまあっまミカンのヌーディ(皮なし)&ファッショニスタ(皮ごと)でございました。

今回は食ッピングいただいた方に先着で、スズラン/ムスカリ/菜の花の中からお好きなお花をプレゼント!を開催。

もちろんお花たちも摘みたてホヤホヤ♪ 農援者さんに喜んでいただけたようで嬉しい限り。

有頂天晴果さんの出店写真は撮れずじまいでしたが毎週水曜に出店中なので、ぜひ来週、再来週と途中下車かお立ち寄りいただけますよう。

昨日も風が冷たく寒い一日でした、まだまだ油断せず、寒暖差に気をつけたいですね。

いろいろな特技や趣味を持った方々がたくさん集うポルポさんのポル☆シェ、毎回楽しみにでなりませんが、次回もどんな面白い農援者さんとお話を耳に目にできるのかと期待が高まり続けております♪

53ポルもニンジン・三つ葉・ゴボウ全て完売いただき、ドライフルーツもたくさん旅立って行きました、ありがとうございました!

次回、第54回ポル☆シェは5月10日(水)に開催です!

ご予定に「ポルポるマーク」をよろしくお願いいたします★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ラウンジ蝶々さん。

雑草てんこ盛り写真で草引き三昧日記をお蔵入りするキアゲハに遭遇しまして。

シロチョウやタテハチョウも舞いはじめ、季節の訪れ早乗り蝶々に目を細めるばかりでもないのが超自然世界。

羽化時に何かしらの問題が生じた模様のキアゲハ。

足空でバタつき続けていたので、休憩しやすそうな蕗に移して、まじまじ鑑賞。

遅かれ早かれ、野鳥かトカゲたちに食されることでしょう。

まじマジ鑑賞のおかげでお蜜時間に同席できまして。

まんまる口吻(こうふん)を、

ちゅちゅいと伸ばして。

蕗のお蜜は美味しゅうございますか。

彼ら超自然風景に衣食住の大切さをじんわり感じます。

身を纏えるものがあって、身をつなぐ食べものがあって、身を休める寝床があることの有難さをキアゲハにも重ねては草引きてんこ盛りなんぞでヒィハァ言っている場合じゃねぇぞい。

と、キアゲハと蕗を前にして思っても雑草を前にするとやはりヒィハァ。

まだまだ朝晩と風が冷たい春のヒィハァ、風邪ヒィハァ回避にも励みたいところですね。

★ ポル☆シェ 52ポル。

ツクシと競い遊ぶように顔を出す蕗の薹を楽しむ3月、8日水曜ミツバチの日の第52回ポル☆シェにお越し下さりありがとうございました!

なにせ、設営完了と同時に小雨がおいでになり…極寒予報だったうえに小雨で風強しとは。

「ぉょょ」音頭で楽しみまして。

ぉょょ演出ありがとう♪ は六甲山のオーベルジュnaare(なあれ)のワッキーさん。

そのお隣、ミツバチの日・玉座テーブルつるピカは真山養蜂場さん。販売できる数も残りわずかでポル☆シェ4月&5月は出店お休みとのこと、真山さんのミツバチたちのお蜜をいただける新蜜学期が待ち遠しいですね。

naareさんは焼き菓子屋さんと思われているかもしれませんが、宿泊ロッジ兼レストランです。六甲山へお出かけの際はnaareさんのランチやディナーをご堪能くださいませ♪

そして写真中央の台湾の食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店の松本さん、取材最中の図。取材内容は『Bplatz (http://bplatz.sansokan.jp)』に掲載されるので要チェキらです♪

たこ焼きBarポルポさんの正面入り口側。

りんご専門店の林檎道さんは神戸市西区の『Berg Bahn』さんとりんごコラボ洋菓子を展開中です♪

藤井農園さんは毎週火曜に出店中で、有頂天晴果さんは毎週水曜に出店中です。

ポル☆シェは第2水曜です、カレンダーの曜日書き込みもお楽しみ行楽混み混みください。

ヒカリノmutsu cafeさんも参加とあって、調理加工食品も含む野菜、パン、焼き菓子、お肉類、ハチミツ、れい茶、りんごと選りすぐりの美味しいお顔が勢ぞろいでございました♪

肝心のテルってる畑。ドライフルーツの報告、出店風景は撮り忘れたので改めて報告します。

代わりに52ポルの戦利品を♪

naareさんからソーセージ、林檎道さんからりんご、有頂天晴果さんからお漬物スグキ、mutsu cafeさんからキンカン酵母パン♪

金柑酵母パンの金柑は当畑の金柑でございます!!大主張だよ!

お漬物スグキの生産農家さんに近々会えるかもな展開もいただきまして、お会いできた際はまた報告しますね♪

小脇に抱えられたバッグからひょっこり顔を出してくれる小さなワンちゃんから、ロバサイズの大きなワンちゃんも現れて御犬様から癒し空間もいただいた52ポルでございました。

おそらく芦屋からJR尼崎駅前の週末マルシェで金柑を食ッピングいただいているかもしれない農援者さんにお礼を伝え損ねてトホホでしたが、小雨の中、ポルポさんと農援者さんに笑いと癒しをたくさんいただきました、素敵なひと時をありがとうございました!

ポル☆シェ次回開催は4月12日の水曜日です!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

約一ヶ月後、53ポルの4月はフキを大いに楽しむ季節でござい♪

★ ぶれながらぶっとんでいく彼ら。

img_8124

タンポポの種と花。

img_8122

ただひたすらにタンポポを眺める時間を流したり。

img_8142

見え方が何に重なるかで深層心理を皮肉ってみたり。

img_8132

こんなぶれぶれの姿こそ動画がお似合いだろなと思いつつ。

img_8126

強風にぶっとばなかったのに極微風にはぶっとぶ子とか、かろうじてな子とか。

img_8141

そんなにもひねくれてるのにぶっとばされずぶっとばずなんですか、な子とか。

img_8145

タンポポの器用な気ままっぷりがこちらには楽しく。

img_8127

2015年の春に『タンポポ調査・西日本2015 (リンクは報告日記) 』企画に当畑も参加しました。

【タンポポ調査・西日本2015 http://gonhana.sakura.ne.jp/tanpopo2015/ 】

カラーチラシの簡易版と読み応えたっぷりの報告書版で調査結果が発表されています。

種類別のデータ数で「不明」が多い傾向なのが興味深いです。いざ調べるとなると難しいという。もっと見慣れて見分けが易しくなるとかなり楽しいタンポポ調査かと。

報告書の色つきの比較図解説でこの足元タンポポたちをじっくり見てみましたが、やはり外来種しか生息していないようです。定期的に観察を続ければ在来たんぽぽに気付けるかもしれませんが。

報告書にもあるように、タンポポもまた、“身近な花なのによくわかっていない植物” なんですね。

身近な〇〇なのにわからない、の多さに毎度笑う。

身近なダイコンハムシ、身近なヨトウガ、身近なアワノメイガ、身近なモンシロチョウ、身近な虫も調査研究が進む世界であって欲しいし、これからも身近な〇〇調査になるべく積極的に参加したいと思う次第です。

面白い「身近な〇〇調査」があれば教えてください。

「身近な」が肝心要(笑)。

今年もどんな身近な〇〇にぶっとべるやら♪と楽しみです。

★ きさんじな子たち。

img_7876

きさんじなゴボウたち。

img_7871

「きさんじな子やねぇ」という言葉を聞いて、“きさんじ”とはなんぞや?となり、大先輩方から教えていただいたお話によれば「きさんじ」は関西語らしく、明朗活発で気さくで人懐こい気質という意味で「きさんじな〜」と使用するとのことです。

初耳の瞬間は音感的に、やや真逆寄りの意味かなと個人的に感じた次第です。

きさんじな子やなぁと一度も言われずの人生だったので、覚えたての言葉を使いたい気分を発散できるブログとあらゆるこじつけを担う畑の面々達がありがたい♪

img_7874

「明朗活発で気さくで人懐こい気質な子」をきさんじに代わる一言で表すと…?

最新の現代語でいうと…? で、出てこん(笑)。みんな何て言っているっけ?と。

img_7873

そんなことをちょびっと考えつつ、きさんじなゴボウ達を取り巻くホトケノザやスギナを引っこ抜きました。

★ 春の足元コーデは “ ちゃんとナチュラル ”。

IMG_5502

フキノトウも顔を出しはじめ、カエルが一匹だけ日曜から時々声を出しはじめました。

IMG_5507

つくしも背比べぞくぞく。

IMG_5505

例に漏れず、三つ葉もわさわさと。

フキノトウ・つくし・三つ葉が春の貴重な食材です。

IMG_5509

「三つ葉の日」は3月28日。今日3月8日は「ミツバチの日」。

真山養蜂場さんの美味しい蜂蜜を食べられる恵まれた環境に感謝です。

20日後の三つ葉の茂みっぷりに期待を倍増させる存在、キアゲハ。

食材を見て虫についてほころびる愉しさは言葉になりませんな。

*但し贔屓の虫に限る。

IMG_5500

週末の『ナチュラルマルシェ ハレバレ』さんで就食活動させていただいたナミアゲハ栽培・金柑を食ッピングくださりありがとうございました。なんと、全員内定獲得!とても嬉しいです。

就食先でどんな仕事っぷりを披露できたか/しているか気になるところです。そのまんまカジカジから魅惑の変身のお話まで、またお会いできた時に教えていただきたいです。

フキノトウ・つくし・三つ葉を摘み採る地味な春祭り。

つづく寒暖の宴の中、風邪にお気をつけて。