タグ別アーカイブ: キンカン

★ 白い花咲く沼から暗闇シェア。

あの金柑たちの今。

正確には今から一週間ほど前の様子。

枝葉を多めに残していた金柑が芳香豊かな白い花を咲かせました。

もう一本の若芽ぐんぐん伸び盛りな金柑と違い、若芽は音沙汰なしだったので胸を撫で下ろしました。

そして若芽ぐんぐん伸び盛りな金柑には、

羽化に困難を極まったであろうクマゼミが2日ほど閑かに抱きつかれていました。

クマゼミ奥の葉と左端の葉にいるナミアゲハの卵、孵化日が近い色です。

ちょうど今は葉をカジカジもぐもぐしていることでしょう。

せっかく地上に出てこられたのにね、ちょっと切ない。

枝葉を目一杯取り除いた金柑は一所懸命に若芽を伸ばし、枝葉を残し気味にした金柑は目一杯花を咲かせました。

大きな橙色になるまであと半年ほど。楽しみです。

近畿地方の8月20日頃までの暑さ予報が発表されましたね。

予報とはいえ大注目の情報です。

「(関西の)お盆頃までは例年より暑い酷暑が続き、お盆を過ぎてからは暑さが和らぐ」らしいです。

ふむ…。毎年、お盆以降は暑さ和らぐ予報ですけどね(笑)。

熱帯夜地獄への警戒は緩みません。

動きがあるのは上階だけにとどまらず。

ヌマガエル「砂漠化しちゃう。潤いおくれ」

へい、かしこまりやした。

水と遊べば出てくる出てくる沼財閥。

移植の際はしっかり土壌を敷き詰めたのにね。

沼蛙&ヌマガエル「今日も水道民営化に沼意見ぶちまけるで!」

沼財閥のヌルっとした躍進の背後に広がる闇深きものとは。

白い花咲き散る金柑とその根底手前からお届けしました。

広告

★ クマっていたキンちゃんたち。

5月の大型連休ゴールデンウイークに来た豪風で折れてしまった金柑。

この金柑は以前からクマバチの住処でありながらも根性で実り続けてくれていました。

こちらが折れ倒れた本体で、黒い穴がクマバチの玄関。

倒れたのが5月3日の未明から早朝でして、『香川照之の昆虫すごいぜ! 4時限目 クマバチ』の放送が同日の朝からという、まさに感慨に浸り尽くす日でありました。

この金柑で新たに建築中だったクマバチが困ってウロウロしていたのも束の間、新天地「南天」でガリガリ工事を始めて現在は早朝から懸命に蜜の収集に励んでおります。

上の図で説明すると金柑場所には大サイズ2本、中1本、小2本がおります。

倒木金柑も根本は無事なので新芽が出るかもしれないのでしばらく見守ります。

黒い点はクマバチの巣穴です。

良い機会なので金柑場所を整理することにし、赤矢印の小2本を移植しました。

小2本とも大サイズの金柑から落ちた果実の種から出てきた根性の金柑たちです。

窮屈な環境だったせいで枝すべて横向きに流れ伸びてしまっていたので思い切って剪定。

ちょっと切りすぎてしまったかな?と不安になった金柑。

移植を喜んでくれたのか、出てきてくれた新芽たちに安堵。

引き続き喜んでくれているということは無事に根付いてくれたと解釈。

あまり切りすぎないように少し残し気味にした金柑。

切りすぎちゃったかもの金柑のような枝からの新芽ではなく、

葉先からの新芽がたくさん。アゲハ蝶の産卵もいただきました。

移植前から出ていた根元に近い新芽には、

すでに孵化したナミアゲハが元気にムシャムシャ。

この金柑も無事に根付いてくれたようです。

クマってた金ちゃんが倒れてしまい、窮屈で困ってた金ちゃんたちを広々とした場所へ移動させた5月の金柑でございました。

6月初日の締めにクイズです。

金柑の移植作業の際、ミミズに次いで多かった生きものは誰でしょう?

チクタク、チクタクの代わりにクマバチの迫力ある羽音をBGMに。

金柑の根っこを掘り起こし、引き抜く際にワッサワッサ出てきたのは?

正解は、蝉の赤ちゃん。

梅雨前にごめんごめんと謝った相手は蝉の幼虫たち。

クマバチ、アゲハ、蝉と、尊い子たちに囲まれる金ちゃんたちです。

★ パティスリーアトリエ TAKEさんで金柑クグロフが発売です。

パティスリーアトリエ タケさんにて、金柑2018春たちがクグロフとして登場です!

季節限定・数量限定なのでお早めに来店いただけますよう。

pâtísseríe Atelíer TAKE パティスリーアトリエタケ

兵庫県西宮市北名次町1-1-1F OPEN 10:00〜19:00 Tel: 0798-72-1857

最寄駅:苦楽園口  定休:月曜・火曜(祝日の場合は営業)

http://cake-west.com/atelier-take/

タケさんのFacebookに紹介いただいております、こちら

3月某日に収穫し、タケさんに託した金柑たちです ↓ 。

昨年の金柑たちはバターケーキに、そして今季はクグロフに魅惑の変身!

柑橘界のキンカンドリームに拍手喝采。

タケさんの手から農援者さんへ届けられていく歓びをありがとうございます。

★ アナログスイーツ金柑テクニック。

キンカン「暑さ寒さも彼岸まで」

長らく青二才だったキンカンたちは目映い達観色となりました。

2018冬春ファイナル金柑たちは3月24日土曜よりハレバレさんにて就食に励みます。

今季は週を大きくまたぐ不定期リズムでしたが毎回見事な就食内定をいただいていたとのことで嬉しい限りです、ありがとうございます!

キンカン「慌ただしい春の行楽のお供選抜戦への気合は十分」

アナログおやつ農援食ッピングをよろしくお願いいたします。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側 定休:月・火・祝日

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

風邪産業の内部告発を微塵も見過ごさない華麗な裁量を担う潤しのキンカンをどうぞお楽しみいただけますよう。

★ キンカン座への招待状。

3月に入ってもキンカン就食活動の案内だけしか更新できておらずで反省。

三寒四温の寒さの中、3月ならではの忙しさの隙を狙う「イガイガゴホゴホ風邪」への喉対策にたくましいキンカンを選んでいただけたなら幸いです。

3月10日土曜からハレバレさんに並びます。

農援食ッピングをよろしくお願いいたします。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側 定休:月・火・祝日

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

貴重な週末にお近くから遠方からとせっかくお越しいただく尼崎、寄り道ついでで楽しんでいただけそうなイベントを一部ここで共有です。

3月10日(土)10:00~13:00『うず潮まつり』大圧支所 : 尼崎市大圧西町3-17-11 チラシ案内PDFこちら

3月10日(土)10:00~17:00『チャレンジ マルシェ』三和本通商店街&三和市場 : 尼崎市建家町(アクセスの詳細は http://www.sanwa38.jp/0map.html )

3月11日(日)10:00~16:00『小田南公園スプリングフェスタ』小田南公園 : 尼崎市杭瀬南新町3-15-10 http://amagasaki-park.com (アクセスの詳細はhttp://amagasaki-park.com/plant2 )

『チャレンジ マルシェ』は三和本通商店街の新たな企画らしいです。

『うず潮まつり』『(通称)小田フェス』ともにまだ足を運んだことがないので良い意味で無責任なオススメと解釈いただいてからの情報収集と検索チャレンジを推奨します。

 

★ 劇団キンカンのアンコール上映。

約1ヶ月ぶりの金柑速報です。

青二才だった劇団員たちがようやく表舞台へ立てる日を迎えます。

ハレバレさんにて明日24日(土)より就食上映、10時開演です!

彼らが熟考を重ねてきた物語は就食先の農援者さんの喉元へ運ばれる過程と喉から胃世界へ流れ行く過程によって目まぐるしく展開していきます。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側 定休:月・火・祝日

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

三寒四温と潤滑に付き合えるか否かの劇団キンカンをこの機会にお迎えいただきたく。

激動のキンカン大局を体感ください。

農援食ッピングよろしくお願いいたします。

★ 間一髪のゴールデン劇場。

今季の金柑はいつ頃まで食ッピングできそうですか?

と、金柑大好きな農援者さんからご質問をいただきました。

時期としては青い金柑たちもまだ多い頃合いで、これから徐々に熟す子が増えます。

おおよその予想になっちゃいますが、1月下旬〜2月中旬頃が収穫のピークかもしれません。

気にかけてくださり嬉しい限りです、ありがとうございます!

再三のお話になりますが、金柑の告知や紹介時によく「選び抜かれた子なんだぜ!」感を強く出してしまう理由がこちらっ。

(手で押し当てているように見えるかもしれませんが、金柑に焦点を合わせるための演出です)

ドキドキ・ド緊張の瞬間です。

どのへんがかと言うと。

あっあっあ〜♪ トゲ刺さらずのお宝大当たり!の瞬間。

トゲ先が濃い橙色で金柑と同化気味ですが、まさに間一髪。

ヒヤヒヤしっ放しだったであろう金柑の生き様、実にゴールデン劇場。

つんつるてんの無傷っ子は10粒のうち1粒あるかないかといったところ。

選ばれし金柑たちよ!と一粒ごとに声をかけずにはいられません。

それとこの3粒の金柑たち、見ていただきたい部分がボヤけて分かりづらいかもですが、

小さな小さな褐色の点がトゲトゲの打撃痕です。

このトゲ点が裸眼で見えなくなったら就食活動の引退時ですね(笑)。

こちらは小柄な野鳥ごっつぁん痕。

枝やトゲにあてがい、落下させぬまま突いた上級者はジョウビタキかな?

そしていつも悩むこの手の痕跡。

野鳥がこれだけの回数で突いたのならよくぞ落ちずにいたねと感心するし、

懸命に突かれている金柑の近くだったため枝揺れにより繰り返しトゲトゲ衝撃を食らったのなら、それもまたよくぞ落ちずにいたなと感心します。

痕跡めざましい金柑たちはさておき、間一髪の金柑たちをお手元に迎えていただいた際は今回の上から2枚目の写真を思い浮かべていただけたら、ニマニマゴールデン劇場の後援者として幸いであります。