タグ別アーカイブ: クマゼミ

★ イチジク狩り2019 開催についてのお知らせ。

イチジク狩り2019 開催についてと、少しの相談。

イチジク狩り開催の有無について。

  • 8月に入ってからのイチジクの収穫量
  • 8月10日からのイチジクの足並み具合
  • 気象庁の2週間予報
  • ここまでの夜間と朝4時台〜6時の気温
  • 本日8月18日のイチジクの様子

そしてまだ生鮮イチジクとして一度も販売できていないこと。

これら踏まえ、導き出した結論は。

イチジク狩り2019開催は見送らせていただきます。

イチジク狩り2019開催「も」ですね…。

気象庁の2週間予報では「最低気温は平年よりやや高めかもしれない、そして最高気温は平年と同じくらいか高いめかもしれないし低めかもしれない」とあります。

まぁ、わからんでしょう。

朝晩がもっと涼しくなってくれるかどうかもわかりません。

ただ、今のイチジクは昨年と同じような鈍足なのは確かなので(下手すると鈍足新記録を更新しそうな気配もある)、朝晩の涼しさが霞むほどの猛暑酷暑が続く場合の昏冥を回避したく、大事を取らせていただきました。

イチジクがないイチジク狩りは至極辛い。

開催する場合、摘み放題・食べ放題できるような収穫量があるかどうかが最大の不安要素です(3年前までできていたからこそ余計に不安)。

なので少し相談を。

イチジク狩りはできないけれど、収穫できたイチジクを分け分けして食べるイチジクミーティングみたいなものならどうでしょうか。

十分に満足できるイチジク(数量)を食べることはできないことを前提に、

「少しの数でも摘み取って、その場のみんなで分けっこで食べてもいいよ」

という方がいらっしゃるなら実施する価値はあるかもしれない。

どうでしょうか?

実は「イチジクがたくさん食べられなくても、イチジクの畑で完熟イチジクを食べられるだけで幸せなんです」という声を過去に頂戴しておりました。

それだけのイチジクへの情熱をお持ちなら…

イチジクを摘める数が少なくてもがっかりされないのなら…

「イチジクたちに会う機会」みたいなものでもいいのなら…

とりあえず訊いてみよう、という思考経緯です。

イチジクミーティングプレシャスオープンデー(仮)みたいなものでも参加したい!という方いらっしゃいましたら一声お知らせください。

実施するなら日時など諸々決めてお知らせしたいので8月23日(金)頃までに反応いただけると嬉しいです(ブログ、各SNS、メールなど何らかでお願いします)。

イチジク好きさんの期待に応えたい気持ちはあるのですが、いかんせんこちら視野縮こまってアイデア迷走中。

そしてこのやりとりで来期以降のヒントか何か見つかればいいなと。

イチジク期に猛暑酷暑を目の敵にすることに飽きに飽き(たぶん良い傾向)。

★ <募集> イチジクジャムの作り手さんを募ります。

今季最後のクマゼミと見つめ合ったのが先週の火曜日。

お天気予報と何度も見つめ合っている昨日今日。

台風21号が近畿地方に向かってらっしゃいますね。

勘弁して欲しいでごわす。

十分が足りない厳重な警戒態勢がちゃんと肩透かし食らいますように。

イチジクはまだ足取りがやや鈍行気味です。

突入した9月、台風や雨風の強い日が多くなりますね。

そこでイチジク大好きさんたちへの呼びかけです。

雨風に打たれ弱いイチジク救援『イチジクジャム作り隊員』を募ります。

当畑にはジャム作り隊員が複数在籍いただいていますが、対策強化します。

ジャム作りできるタイミングも量も様々ですしね。

イチジクジャム作り隊希望いただける方はメッセージください(メール、Facebook/Twitter、ブログお問い合わせなどで)。

ジャム用イチジクのお届けは配達ページのイチジクたちと同じ地域範囲内となります。

ジャム用の詳細は配達ページに追記しますので少々お待ちを。

雨風に合ってしまったジャムになれるイチジクたちが美しいジャムになれるなら幸せこの上ないです。

イチジクジャムが好きでイチジクジャムを作りたい農援者さん、お待ちしております。

反応がなくても落ち込まんぞフフフ。

ではまたのちほど。

★ イチジク2018カウントダウン。

8月に突入です、イチジク全員ドキドキ。

今年もイチジクの最新情報をブログの先頭に固定ページで公開します。

トゥルルンイチジクを楽しみにお待ちいただいているイチジク大好きさんに情報が届くよう、しっかり更新していきたい所存。

近畿の気象予報ではお盆が明けてからも酷暑が厳しくなるとのことです。

ほいほ〜い。

ほいほ〜いという返事が丁度いい感じですね。

春から延々と続く猛暑予報に右往左往でしたが、ついに8月ということでドゥーンッと構えるのみ。

口角から虹色の泡轟かせるイチジク劇場のカウントダウン、本日スタートなり。

★ 白い花咲く沼から暗闇シェア。

あの金柑たちの今。

正確には今から一週間ほど前の様子。

枝葉を多めに残していた金柑が芳香豊かな白い花を咲かせました。

もう一本の若芽ぐんぐん伸び盛りな金柑と違い、若芽は音沙汰なしだったので胸を撫で下ろしました。

そして若芽ぐんぐん伸び盛りな金柑には、

羽化に困難を極まったであろうクマゼミが2日ほど閑かに抱きつかれていました。

クマゼミ奥の葉と左端の葉にいるナミアゲハの卵、孵化日が近い色です。

ちょうど今は葉をカジカジもぐもぐしていることでしょう。

せっかく地上に出てこられたのにね、ちょっと切ない。

枝葉を目一杯取り除いた金柑は一所懸命に若芽を伸ばし、枝葉を残し気味にした金柑は目一杯花を咲かせました。

大きな橙色になるまであと半年ほど。楽しみです。

近畿地方の8月20日頃までの暑さ予報が発表されましたね。

予報とはいえ大注目の情報です。

「(関西の)お盆頃までは例年より暑い酷暑が続き、お盆を過ぎてからは暑さが和らぐ」らしいです。

ふむ…。毎年、お盆以降は暑さ和らぐ予報ですけどね(笑)。

熱帯夜地獄への警戒は緩みません。

動きがあるのは上階だけにとどまらず。

ヌマガエル「砂漠化しちゃう。潤いおくれ」

へい、かしこまりやした。

水と遊べば出てくる出てくる沼財閥。

移植の際はしっかり土壌を敷き詰めたのにね。

沼蛙&ヌマガエル「今日も水道民営化に沼意見ぶちまけるで!」

沼財閥のヌルっとした躍進の背後に広がる闇深きものとは。

白い花咲き散る金柑とその根底手前からお届けしました。

★ 大阪ぐりぐりマルシェ ~ぐりぐり盆盆マルシェ~ 。

8月12日(土)に開催された、大阪ぐりぐりマルシェ『ぐりぐり盆盆マルシェ』回に出店させていただきました。

イチジク出店するには時期尚早でしたが、なんとか採れまして…。

実りはじめなので厳選に時間がかかりましたが、パック詰めが終わったこの瞬間は胸を撫で下ろしました。

「見た目は美味しそうなこの子、もしかするともしかするぞ…(パカッと割ってみる)」

あぁ、やはり残念ちゃんだったか…なイチジクなら御の字。

ぁぁあ!やはり最高な子やったやないか!…なイチジクは試食イチジクとして連行。

そんなわけで、実りはじめは就食イチジクより試食イチジクが多くなっちゃいます。

難波神社の御神木の御側にてイチジクとマクワウリの就食活動させていただきました。

無添加・非加熱ハチミツの真山養蜂場さんのお隣にて。

イチジク、マクワウリともに完売いただきました、ありがとうございます!

そしてなんと、神戸、茨木市(大阪)、遠くは京都と、遠方からイチジク食ッピングに足を運んでいただいたことにただただ感服の限りでした。

こんなにも可愛がっていただいているイチジクは他にいないんじゃなかろうかと思わず思ってしまうほどです。

主催運営の重鎮氏は初夏に当畑を見に来園くださいました。まだイチジクたちが青々とした時期でしたが、畑の姿を確認いただいたように農家や作り手をちゃんと知ろうとしてくださるぐりぐりマルシェさんです。

お盆休み突入期間でも来場者さんが絶えなかったぐりぐりマルシェさんに農っからせていただきました。

9月開催日もイチジク出店でエントリー予定です。当選するか否か…、吉報の際は即お知らせに追記します。

大阪ぐりぐりマルシェ https://green39.jimdo.com 】

クマゼミ「イチジクご贔屓食ッピングありがとうございました!」

イチジクの年中守護神「クモ」「アリ」と一緒に期間限定で現れる守護神「セミ(多くがクマゼミ)」。

枝木よりイチジクの足元に転がる姿が増えてきたお盆期間、無事にお盆休みを過ごされていますよう。