タグ別アーカイブ: コガネムシ科

★ 神戸新聞 阪神版 8月29日月曜『ひと探訪』で紹介いただきました。

イチジクの葉の上で手足を広げるはシロテンハナムグリやシラホシハナムグリたち。

8月最後の月曜の朝に新聞を広げるは小作人の震える両腕。

img_7023

なんとなんと、8月29日月曜日の神戸新聞の朝刊の阪神版(21面)にテルってる畑。が掲載されました。

img_7119

かなり大きく紹介いただきました。「1部130円です、お買い求めお願いいたします!」と購買催促のため月曜中に更新するつもりで記事部分をモザイク加工しました(拡大すると読めちゃいますんで笑)。

img_7122

畑の名前が出なかった理由を自分なりにいろいろと勘ぐりました(笑)。

ブログのアドレスも公開されずで、逆に携帯電話番号が公開されたおかげでこの数日間は対応しきれない事態に陥っていました。

農作業と他業務を優先させるための情報を(自分なりに)まとめている当ブログの役割トホホ。

お問い合わせを下さっている方々、ありがとうございます、これからお返事をさせていただきます、遅れ遅れで申し訳ございません。

それにしても記事についてはさすがだなと感心極まりました。新聞用語で紹介されるとものすごく良い印象に響いているような感触の余韻をひしひしと感じております。つまりとても照れくさいですね(笑)。

テレビ、ラジオ、新聞と、一つ一つ学ぶ貴重な機会をいただいております、ありがとうございます。

神戸新聞社さま、ご紹介ありがとうございました。

img_7022

ハナムグリ「もうないと思うけど、次の機会があるときゃ掲載内容の契約書を絶対用意しなきゃと心に留める小作人であった。おっぴろげ話これにてめでたしめでたし」

★ 8月27日 土曜は『かばくんカレーの夏休み2016 in オクタホーム』へ。

img_7037

シロテンハナムグリ2匹組(間柄は不明)がてっぺんあたりから狙うは、

img_7038

イチジク山麓に見え隠れするトゥルルンイチジク。

明日8月27日土曜日、イベント『かばくんカレーの夏休み2016 in オクタホーム』にトゥルルンイチジクの就食活動させていただきます!

イベント開催時間は10:00〜15:00ですが、テルってる畑。は13:30からの参加です。

遅れての参加になりますが、どうかたくさんのご贔屓食ッピングをいただけますよう。

他の豪華な出店者さんたちの情報はFacebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/1565533513752202/ をご覧ください♪

【かばくんカレーの夏休み2016 in オクタホーム】

8月27日(土) 10:00〜15:00

開催場所:オクタホーム(兵庫県芦屋市浜風町3-12)

株式会社八木建設 オクタホーム http://www.alice-yagi.com/store.html

8月さいごの週末をトゥルルンと彩っていただけますよう!

 

★「トゥルルンイチジク2016」特設ページを公開しました。

IMG_7007

野鳥にチュンチュンされたトゥルルンイチジク、ずくずくに進化中でまさに「チュルルンじゅるるんイチジク」。

耳のようなリボンのような息のあった粋な対の蝶たちの姿を撮らえきれずが惜しまれた今朝でした。

IMG_7009

8月20日に『natural marché HaréBaré』さんでトゥルルンイチジクを販売予定です、農援食ッピングをよろしくお願いいたします!

そしてやっと「トゥルルンイチジク2016」ページを公開しました♪

ブログの上部の一覧にございますんで、カーソルを合わせていただくと「トゥルルンイチジクとは」「取り扱い店舗」「イチジクの配達について」が表示されます。

ハレバレさんの基本情報も「取り扱い店舗」のページでご確認いただけます。

IMG_7005

トゥルルンイチジク狩り2016ページ公開まであと数日お待ちください。

IMG_7006

チュルルンじゅるるんイチジクの甘い蜜を長い時間吸い続けていたこの蝶を識別する気力は冬に持ち越し……はせずに、蝶に詳しい農援者さんにお任せしたい所存。

やっと携帯電話の更新を終え、畑の情報運営で活用していたアプリを再入手できました。このところ便利なアプリを全て消去せざるをえなかったので、メッセージのやり取りを円滑にできるようになって、わしゃ、わしゃ、嬉しゅうて(涙)…と書きながら焦点が合わなくなってきたので就寝します。

イチジクマニアさんがトゥルルンな素敵週末を過ごされることを願いながら明朝の収穫頑張ります!

★ あとちょっとを待たない彼ら。

IMG_6763

アワノメイガの表札が目立つトウモロコシ。

先端をチョロリとめくって中の様子を見たところ、いよいよあとちょっとかなという具合です。

あと数日か一週間か一週間と少しか…、とにかく収穫日が迫ってきました。

例年のごとく地味に待機中のこちらとは真逆の、

IMG_6764

コガネムシ族。

あとちょっとを待てないのではなく、あとちょっとを待たない彼らです。

まだ早いのに貪るなんて…Oh, no…!! という感覚は人間さまだけかな。

金色に輝く収穫の時まであと少し!

★ ささのは さらさら。

畑の片隅の笹、さらさら祭り。

IMG_6672

♪ ささのは ぺらぺら プラスチックにゆれる ♪

ではなくて、

♪ ささのは さらさら のきばにゆれる ♪

を楽しんでもらいたく、7月1日から7月3日にかけて「七夕の笹欲しい人、とりにおいでなすって〜♪」と今年こそ呼びかけるつもりがそれどころではなかった先週末。

6月末に小さな命を保護しました(虫たちよりもだいぶ大きな生きものです)。

身体に2箇所の負傷があり、現在も経過を見守りながら療養中です。

畑で保護したと書くと畑界隈で遺棄される命が増えやしないかと悩んでいたので進行形での報告はできず約1週間が経ちました。

この状況にやっと慣れてきた本日は七夕。

自然保全あっての畑からの恩恵と環境への御礼と、強烈な運の強さ持続中への御礼と、イチジクから派生している愉快な人生への御礼に加え、久しぶりに「小さな命の身体が回復しますように」という願いごとを抱いた次第です。

まとめると「人も環境も健康でありますように」ですね(笑)。

また改めて手短にご報告しとうございますんで、お付き合いどうぞよろしくお願いいたします。

そんなわけで畑の片隅でさらさらしている笹から離れた場所では、

IMG_6674

♪ もろこしゆらゆら〜。

甘い願いごとがっしりなシラホシハナムグリのお姿が。

トウモロコシの収穫は“予定では”7月下旬から8月初旬頃なので間に合いませんが、来週のポルポさんの夕市『ポル☆シェ』にて、少しずつ収穫が始まっている夏野菜を連行し出店参加しますんで、真夏の食ッピングの宴にお誘い合わせくださいませ。

テルってる畑。の出店時間は16:30〜19:30を予定しています。

【 第44回 ポル☆シェ 】

7月13日(水)POLPO-ashiya- 広場(兵庫県芦屋市川西13−6、阪神芦屋駅西口)

ポル☆シェ開催時間は16時〜21時頃ですが、出店者により開始・撤収時刻が異なります。

夏野菜は冬野菜と違って直前にならないと確定しづらい面子が多いのですが、

ナス、キュウリ、ピーマン、若採り葉つきニンジン、ズッキーニ、オクラ、ししとう、青じそ、赤紫蘇、ニラ、ミニトマト、玉ねぎ、じゃがいも、ニンニク、などを予定しています。

出品作物などの直前の告知や他の出店者情報などは当畑FacebookTwitterで更新予定なのでフォローくださると嬉しいです。

ポル☆シェってなんぞ?という初見の方はマルシェinポルポ『ポル☆シェ』を参照ください。

8月開催はお盆休み変動のため、第45回ポル☆シェは8月3日(水)に開催です、お間違えなきよう、食ッピングのご計画をよろしくお願いします。

8月3日にトウモロコシ、どうでしょうね…、時期が早まるか遅れるか…、コガネムシ族のみぞ知る…。台風1号の動きも気になっています。

IMG_6675

シラホシハナムグリ「ずっとスタンバッてまんのや♪」

♪ もろこし ゆらゆら ほさきにゆれる ♪

★ イチジクヒトリモドキ2016。

IMG_6402

セマダラコガネ「モドキが湧いてるで」

IMG_6397

イチジクヒトリモドキ「湧いたんはちょっと前やしな」

IMG_6416

イチジクヒトリモドキ「湧いたんはだいぶ前やで」

何年経っても、うわぁぁぁ〜と身の毛がよだちます。うっじゃぁ〜な孵化後まもない湧きまくりな毛虫画像大好きな方は前身ブログをご覧ください☆

IMG_6401

イチジクヒトリモドキ&小作人「食べてみる?」(主様の目の前に落としてみたら…)

IMG_6403

イチジクヒトリモドキ&小作人「おいコラ」

IMG_6417

密集せず、かなりゆとりをもった卵の配列を発見。これぞ真のゆとり世代。

イチジクヒトリモドキを取り除くのに約3日かかります。1日目は一本一本くまなく探し回って、残り2日は見逃し&取り残しを探し回り(こちらの気配を察知して素早く葉の裏へ隠れるので)。彼らはすべて水を張ったバケツに投入(糸で這い上がってくる強者もいるので逃亡も見逃さぬよう)。

薬剤を未使用だとイチジクヒトリモドキにもこうしてお目にかかれます。会うたびに全身が痒くなるお相手です。

葉を食べるだけなので放っておく手もあるんですが、日よけ作業帽子のツバに乗っかってウニョウニョした影に気づいた瞬間からの全身毛虫じゃら感覚な過去の体験以来、放っておかずに溺死策を採用しています。

IMG_6396

なんせ主様は食べてくれないもんだから。

イチジクヒトリモドキとともにゾワゾワしまくりの週後半でした。