タグ別アーカイブ: サトイモ科

★ 干からびた里心に。

サトイモ夏場所。

ちょいと干からびてしまいましてな。

里のハートがカラカラと。

小作人の潅水見舞いなんぞ表面上の付き合いだと、干ばつ期には思い知らされます。

初々しい新手が心開いてくれていることが里への希望。

毎日、程よい雨が降ってくれますようにと一緒に願っておりました。

台風、暴雨、豪雨、災害を引き起こすほどの雨量は望んでいませんが、今はまだほどほどな雨に安堵しています。

空模様とともに里心も移ろいます。

台風の蒸発を願いつつ。

★ 里心旅リクエストアワー。

サトイモ根本山の優しい鬼教授ことマイマイプロフェッサー。

マイマイプロフェッサーを喰らういきものと出会えたこの春。

マイマイを好物とする彼らの名は、マイマイカブリ(オサムシ科/Damaster blaptoides)。

マイマイカブリの写真は撮り損ねたのですが、日本の昆虫1400②ポケット図鑑に「カタツムリ類などを食べる」と記載されていたので大興奮です。

畑で増員したい農兵が新たに増えました。

マイマイプロフェッサーを喰らうマイマイカブリマイスターの存在を知り、畑での生存も確認できたことがとても大きな歓びです。

同時に、2016-2017サトイモ種芋分を掘り起こして植え付ける農作業にも励みまして。

サトイモっ子たちを植え付けてから約1ヶ月後。

2017-2018サトイモっ子、ニョキる。

芽が出てきてくれた姿を見るときのこのなんとも言えない高揚感。

雨降らず水やりもらえずでもこれほど大きな雫をぶら下げるとは。

たくましき里心。

毎年ほぼ同じ風景ですが、褪せるどころか愛おしさもっちりモチモチ増すばかり。

サトイモっ子自営の小さなプール玉で浮遊のアブラムシ。

やっと降臨した恵の雨にサトイモっ子たちも大歓喜。

予報ではまたしばらく夏日が続くようです。湿度疲労に気をつけながら乗り越えたいところ。

マイマイカブリ吉報とサトイモ中継でした♪

★ つくしさとをいずる。

img_8594

七十二候の魚上氷(うおこおりをいずる)を迎えましたが、サトイモたちは今まで飛び跳ねていたのが寒さで沈み切りそうなご様子。

約一ヶ月前のサトイモはこちら

img_8596

昨日は満月後の大潮でしたが収穫しました。

貯蔵に最適の収穫期は下弦の小潮なので今月は週末の18~20日ですね。

今回は19日(日)に開催の『第21回みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~』のお知らせです。

img_8595

根っこ以上な巨漢ミミズから華奢ミミズまでたっぷりごっそりな里芋団塊。

img_8597

今回の主役サトイモを抜きん出るツクシこそ魚上氷(うおこおりをいずる)。

今月のまあるい食卓への食材提供はサトイモです。

私は観逃したのですが、先日も「見えない貧困」という特集番組があったとのこと。支援制度の受け方や衣食住に関する支援場所への紹介がどうだったのかどうか、世代間をまたいだ大人の貧困と養育費問題などもどう取り扱ったかなど気になるところです。

まあるい食卓へはお気軽にご参加ください、昼食を一緒に食べることが活動支援になります。

こんなイベントがあるんだよと情報の共有支援もよろしくお願いします。

《 第21回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

2月19日(日) 11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

イベント内容の詳細は近日公開予定のFacebookイベントページ「みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~」で検索ください。

img_8615

食べるときに食べる分だけ掘り上げる、長い冬の貴重な食材サトイモもっちり。

★ まあるい食卓と阪神間の子ども食堂・地域食堂。

img_8241

冬の食卓で大活躍の貯蔵根菜、サトイモ場所。

img_8242

1月10日に撮ったので6日前の様子です。

img_8243

昨日1月15日に開催された『第20回みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~』にこのサトイモ場所の里芋たち少量とあまあっまミカンを少しですが食材提供させていただきました。

告知は間に合いませんでしたが、久しぶりにイベントの様子を覗きに行ってきました。

尼崎も朝から積雪があり、お昼を過ぎてからも粉雪が舞っていたので参加人数が極小かもしれないぞこりゃと思いきや、子供たちが楽しそうに食事を満喫しておりました。

img_8312

未来の小さな子供たちが自分で握ったおにぎりと身体づくり抜群要素たっぷりのおかずと具沢山お味噌汁とあまあっまミカン。お嬢ちゃんの食卓の真ん中に居座るミカンの表情も良きかな。

小さな手でもおにぎりを楽しく握れる工夫もされています(ぜひ現場で体験ください♪)。

img_8314

本当に具沢山のお味噌汁ですよ。

何度すくい上げても具材の欠片が瞬時に見えたか否かなグダクサンお味噌汁とは違って一味も二味も濃いぃ、何度すくい上げても具が乗っかってくれるお味噌汁です。

img_8311

今回はレモンをホットレモンで飲めたりと、フルーティーな食後の一杯もございまして。

ミカンの皮も有効活用にとちゃんと分けて集めてくれていました♪

久しぶりに一緒にいただきましたが、野菜たっぷりでどのおかずも美味しかったです。お母ちゃんのお鍋系からちょいオシャレ系のおかずまで、選り取り見取りでこれぞ胃袋の拠り所。

ごちそうさまでした。

まあるい食卓は毎月第3日曜の11時から14時まで、きらくえんあんしん24(尼崎市金楽寺町2-2-7)で開催中です。

次回は2月19日(日)に開催です。開催概要や募金、ボランティア等についてはプロジェクトのブログ(http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku)をご覧ください。

img_8284

阪神間の「子ども食堂/地域食堂」について神戸新聞で元日から7回にわたり特集されていました。記事はまあるい食卓の開催時にご覧いただけます。

まあるい食卓はアンケート取材に協力しているので、特集とまとめ記事を合わせて一読いただけますよう。

 〜阪神間〜 子ども食堂/地域食堂 (2017年1月13日(金)神戸新聞 朝刊より)】

*補足* 1月16日時点での情報です、事前に各プロジェクトの開催概要をご確認ください池田市のリスト分は今回リンク検索時に新たに見つけたので追加しました。変動があるかもしれない参加料金と問い合わせ電話番号はネット上のため省きました。

《兵庫県 尼崎市》

  • 放課後カフェ(昼の部)/サンセットカフェ(夜の部)……上坂部3-3-16 キッチンポノポノ 昼)第4週までの土曜11時~14時、夜)第4週までの水曜17:30~19時 ポノポノプレイス
  • そのっこ夕やけ食堂……瓦宮1-5-13 旧‘喫茶セピア’ 毎週金曜16時~19時
  • にじっ子夕やけ食堂in園田……東園田町4-104-1 コープ園田組合員集会室 第2・第4水曜16時~19時
  • 塚口みんなの食卓……南塚口町8-7-25 市立地域総合センター上ノ島本館 第2・第4金曜18時~20時 塚口みんなの食卓
  • ごはん・ど・きっちん……次屋1-21-8 次屋共進会館 第3土曜11:45~14:30

《兵庫県 西宮市》

  • にしのみや こども食堂……野間町1-10 yori cafe 毎週月曜17時~20時 にしのみやこども食堂
  • なるっこ食堂……上田中野3-36 西宮上田公会堂 第1土曜の次の月曜19時~20時 なるっこ食堂TwitterFacebook
  • a little よるごはん……西福町15-12 市立若竹生活文化会館 月1回の金曜16:30~20時 ア・リトル

《兵庫県 伊丹市》


《兵庫県 宝塚市》

  • 一緒にプロジェクト……山本西2-6-11 あいわ結愛ガーデン 原則第3日曜11時~14時
  • 子どもかがやき食堂……清荒神3-13-1 第2火曜17時~19:30
  • 水曜日食堂……野上1-4-34 Fata倶楽部 毎週水曜17時~21時 Fata倶楽部
  • たからづか子ども食堂……安倉西2-1-1 市総合福祉センター 第1・第3月曜17時~20時 たからづか子ども食堂

《兵庫県 川西市》

  • 心家こども食堂……栄町21-14 第2金曜16時~19時
  • 絹延橋うどん研究所……小戸3-23-6 夏休みなど長期休暇に実施 絹延橋うどん研究所

《大阪府 池田市》


今回は一覧をまとめて一旦おしまい(笑)。子ども食堂/地域食堂のお話はまた改めてちょいちょい、書いていきたい所存。

★ ちょいポル☆12月7日(臨時にちょいとポル☆シェ)。

12月7日はポルポさんの水曜マルシェ、ミニマム版ちょいとポル☆シェな『ちょいポル☆』開催日でした(月に一度のポル☆シェは毎月第2水曜開催です)。

img_7907

この里芋はじめ、乾拭きに時間が掛かるため2~3日前に収穫のミカンと、貯蔵組ショウガ以外は当日の午前中収穫で尼崎から芦屋へお連れしています。

新鮮な食材と謳われる鮮度さとはそれ如何にで賑わう巷ですが、こちらは収穫後5~6時間後に出店販売でお届けの鮮度です。

7日ちょいポル☆の面々は、あまずっぱミカン&金柑&里芋&ピーマン&ししとう&三つ葉&ニラ&ダイコン若葉(間引き菜)&ほうれん草若葉(間引き菜)&つちショウガ、鮮度10選でございました。

前日記の金柑は宝探しのように輝く橙色を選び抜き、連行に成功♪

今回でピーマンとししとうは今季最終になるかなどうかなと。

第2水曜の毎週ポル☆シェ以外、悪天候時じゃなければ毎週水曜に出店されているのが、

img_7920

京都・二条が拠点の有頂天晴果さんと、出店中に撮れなかった自家製天然酵母パンの mutsu cafe さん。有頂天晴果さんはほぼほぼ21時頃まで出店しているので通勤帰りにちょいと足踏みして物色していただけますよう。

ポルポさんの正面入り口側の「いつもの八百屋さん」で定着しておりますが、お名前は有頂天晴果さんです。どうぞお見知り置きくださいませ。

img_7919

阪神芦屋駅前の改札出てすぐの通り側にお披露目させていただいた当畑、写真右手前。

いつも手厚いご贔屓食ッピングくださる農援者さんに助けていただいております。

畑で地球時間をかけて育った彼らが食卓に就けることの尊さ、これからも自慢させてただきます、濃厚な農援をありがとうございます!

さてそんな強運の当畑の横で一緒に盛り上げてくださったのが、家庭用栽培キット・しいたけブロック販売のKinoko-Tenさんです。

告知でがっつり紹介しておきながら今更でなんですが、しいたけブロックは店主さつきさんのお家元がしいたけ栽培事業主さんとのことでした。

もう少し間接的な応援関係かなと解釈していたんですが、しいたけブロック拡大を本腰で頑張ることとなった過程を知り、宣材チラシのイラストもさつきさんの手描きと知り、大いに熱きお人だと知った次第です。

img_7918

「しいたけを自宅で自分で栽培」と聞くと若干むずかしそうな感覚が先行してしまうかもですが、何よりこの怠惰な私が約2か月もしいたけ生活を満喫できたほどのお気軽さで楽しめます。

「栽培」と言っても、*ビニール袋を開けて、中の様子を見て、大きなしいたけを採って、ビニール袋の口を閉めて、数日放置して、*ビニール袋を開けて〜の繰り返しです。と書いても簡単そうな感じが伝わらんかもですね(笑)。何度もリンク貼っちゃってますが、栽培体験レポはこちらでご覧ください。

ご興味ある方、チラシを見て迷われている方、Kinoko-Tenさんの次回ちょいポル☆出店は12月28日の予定です。年末年始の家族集会のエンタメに、帰省時のお土産に、寝正月のお友なお供にいかがでしょうか。

気温が極下がりに極寒予報だったのになかなかに暖かだった12月7日のちょいポル☆にお越しいただいた農援者さん、どうもありがとうございました!

次週12月14日はちょいポル☆ではなくポル☆シェ開催日です。

当畑のFacebookTwitterで詳細告知を継続中ですんで、いいねとフォローくださると嬉しいです。

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

img_7911

一枚目写真の里芋の根の部分に絡んでいた、繭。お主いったい、どなたかな。

 

★ レモン色ミカン横のレモンのお隣のサトイモはというと。

img_7594

ナミアゲハ芋虫色のレモンのお隣のサトイモの本日、花の金曜日はというと。

img_7595

蜘蛛の住処がわちゃくちゃしていて綺麗。情報処理能力抜群の建築家ならではですね。

美意識を極める彼らの高等な技術を見習いたい所存。

img_7597

サトイモの根元部分、若々しい脇芽がたくさん顔を出しているものもいれば、

img_7598

図太く筋肉美を誇るもの…に乗っかっているものもいれば、

img_7596

閑静な根元のサトイモもおります。

img_7599

レモン色なあまずっぱミカン横の幼いレモンのお隣にいるサトイモたち。

サトイモの根元の中で暖をとっているヌマガエルたちをかき乱す日々も近づいてきました。

★ 人間タロと地球タロ。

〜冬季2016-2017 タロリンピックに向けて〜

IMG_6231

収穫貯蔵からの植え付け里芋たちが芽を出してくれています。

IMG_6232

収穫貯蔵組じゃない傷だらけ捨てられ里芋たちの盛大な生育ぶりに毎度笑う。

地球里芋と小作人里芋の共演。

畑あるある。