タグ別アーカイブ: セリ科

★ 4月のみんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ に三つ葉ジェントル。

ミツバを渡り飛ぶアマガエルに夏を感じる蜃気楼。

4月の『みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~』への食材提供は三つ葉です。

アマガエルはミツバ場所に残留ですよ。

先月から開催時分のお料理レシピの公開が始まりました。ミツバレシピも開催後にご覧いただけるはずなので、プロジェクトサイトのブログ更新をどうぞお楽しみに♪

《 第23回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

4月16日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

紙芝居の部やおにぎり部などイベント内容の詳細はFacebook https://www.facebook.com/events/1386729591349865/ を参照ください。


「貧困」「子ども食堂」と謳うと近寄り難い印象が先行するかもしれない理由から、“大人も子どもも誰でも気軽に食事をする場”として利用して欲しい狙いで「地域食堂」と言い表している現況。

最低限の食事を摂れない状況にいる子どもたちの参加が最たる願いですが、いじめ問題と同じで、大人に関わって欲しくない・大人が関与してくる事が迷惑且つ恐怖に感じる子が少なくないと思います。

私は小学校から中学校時代にかけて裕福極まりない家庭暮らしから口外禁止事項だらけの貧困家庭まで、垣間見れるどころか知りたくもない家庭内事情を直視させられる立ち位置で過ごしていたため、後者の彼らが彼らだけで参加できるとは考えられません。

「飯を食え」と便器にこすりつけた菓子パンを口の中に押し込まれ、飲み込むまで殴り続けられても「(このことを)誰かに言ったら殺す」と言うことしかできないのが子どもたちです。

困窮の場にはお節介が必須。

それも同級生や同年代からのお節介が理想なんですがね。

もちろん親を含む大人や教師、近辺の知り合いなどが何時も聞く耳を持つ構えも常に揃っていないと本末転倒。

学校内で近距離・遠距離を駆使して奮闘しようするお節介な子たちが極端に少ない傾向などあるのかないのかどうなんでしょうか、気になるところです。

見て見ぬ振りが重要な場面や深入りが危険な場合などの例外を除き、大抵は厄介ごとと捉えて我関せずで済ませがちなところを、周囲が裏で影であれこれと手を組んで少々のお節介を重ねないと好転の可能性の発動地点にも辿り着けないんですよね。

私には実子も養子もいないので、今の子ども社会の内情がどれほどか把握できず、どうしても自身の子ども時代の思い出話ばかりになってしまうのですが…こうして現段階の見解は一筆したためたく。

このイベントに対して「反吐が出る」「ババァとジジィの自己満足」「気色の悪い道楽」と感じる子どもたちを想像しながらミツバを収穫した土曜の午後。

★ ポル☆シェ 53ポル。

ニンジンの収穫に取り掛かってすぐにアオバアリガタハネカクシ氏が視野に入りまして…。

作業速度を限界にまで落として動体視力はトップギアで引き抜き完了したニンジンとゴボウたち泥まみれ、わし汗まみれ。

採れたてホヤホヤ偽装ゼロたちで就食活動に励む食の祭典、たこ焼きBarポルポさんの水曜夕市~夜市『ポル☆シェ』、昨日4月12日は第53回目の開催でした。

阪神電鉄車内からは幻覚的に楽しめますぞ。

忘れがちな余暇娯楽「ちょっと寄り道気分」を存分に味わえるポル☆シェです♪

今回は出店仲間が少数でしたが、物足りなさご無用。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさん。当畑のあまあっまミカンのピールを使っていただいている焼き菓子もございましてよ。

出店時間が1時間限定ですが、続々と完売しちゃうのでパン好きの御人はお早めにどうぞ♪

そして台湾の食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店の松本さんと、52ポル回での取材記事が掲載中の4月号『Bplatz (http://bplatz.sansokan.jp)』の松本さん♪

写真たっぷりのサイト記事は http://bplatz.sansokan.jp/archives/8477 です。

Bplatz読者アンケートへ松茶商店・松本さんの感想を届けるべきは、今!

反響が大きければ大きいほど夢広がる現実膨らむほくそ笑む。支持熱の見せ所でっせ♪

当畑はニンジン、三つ葉、ゴボウ、ドライフルーツシリーズのトゥルルンイチジク・艶かビワ・あまあっまミカンのヌーディ(皮なし)&ファッショニスタ(皮ごと)でございました。

今回は食ッピングいただいた方に先着で、スズラン/ムスカリ/菜の花の中からお好きなお花をプレゼント!を開催。

もちろんお花たちも摘みたてホヤホヤ♪ 農援者さんに喜んでいただけたようで嬉しい限り。

有頂天晴果さんの出店写真は撮れずじまいでしたが毎週水曜に出店中なので、ぜひ来週、再来週と途中下車かお立ち寄りいただけますよう。

昨日も風が冷たく寒い一日でした、まだまだ油断せず、寒暖差に気をつけたいですね。

いろいろな特技や趣味を持った方々がたくさん集うポルポさんのポル☆シェ、毎回楽しみにでなりませんが、次回もどんな面白い農援者さんとお話を耳に目にできるのかと期待が高まり続けております♪

53ポルもニンジン・三つ葉・ゴボウ全て完売いただき、ドライフルーツもたくさん旅立って行きました、ありがとうございました!

次回、第54回ポル☆シェは5月10日(水)に開催です!

ご予定に「ポルポるマーク」をよろしくお願いいたします★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ サークルC サンクス。

29日水曜に引っこ抜かれたニンジンたち。

鮮度偽装ゼロ、産地偽装ゼロという肩書きは橙色。

サークルCarrot、ありがとう。

根も葉も一欠片残らず食していただけているであろうニンジンたち、豊かな人生なり。

★ 三つ葉の日の翌日と4月のイベント出店のお知らせ。

3月28日、3(み) 2(つ) 8(ば)、三つ葉の日。

激しい寒暖差に身を固める三つ葉。

忙しい寒暖差に身をほぐす三つ葉。

春風との付き合いではだける三つ葉。

3月後半からいただいている春の香草、名脇役で味をしめ。

テルってる畑。お知らせページにて4月のイベント出店の一覧を更新しました。

三つ葉の日の翌日、明日は阪神芦屋駅前のたこ焼きBarポルポさんの夕市ミニマム版『ちょいポル☆』の日です。

毎週水曜に出店中の有頂天晴果さん(16:30~21:00)が出店仲間です。

山菜や春野菜は京野菜を中心に扱う八百屋・有頂天晴果さんで、ドライフルーツはテルってる畑。で食ッピングいただけると嬉しいです。

ぷ、プレミアムフライで〜に頬張るプレミアムおやつ・ドライフルーツがスタンバイいたします。

3月29日(水)『ちょいポル☆』

16:00~21:00 開催場所:POLPO-ashiya- 兵庫県芦屋市川西13-6

最寄り駅:阪神芦屋/悪天候時中止

出汁にこだわるたこ焼きBarポルポさんは16:00~23:00で営業中です。

明日は暖かくなるとの予報ですが春の気まぐれ其れ如何に。

★ 心根に響くセトリ。

img_8842

引き抜き公演で体感する心根を信じ抜く躍動。

img_8843

前座はガラスの心を持つ若手屈指の実力派、

img_8844

黒仮面シンガー。

img_8845

研ぎ澄ませば聞き取れる煽り文句「度肝も抜くぜ」。

img_8846

ニンジンとダイコンをちょびちょび食べ尽くす3月ももう半ば。

3月11日と12日、東日本大震災の特集で、高校生たちの現在を取り上げた記事が特に印象に残りました。

将来の夢は廃炉ロボットをつくることと語っていた高校生に、誌面越しに体温が上がりました。

日々の現実を暮らしながら夢や理想を持てる世界であって欲しいと。

心根を豊かに育てて欲しいと。

img_8847

それでは代表曲で味わってください、♪ ちゃんと元気にお腹空いてるかい? ♪

心根に響く引き抜き一発屋たちのセットリスト中継でした。

★ くつろぎのモフモフ。

img_8683

ニンジンちゃんモフモフ。

img_8685

モフモフとくつろぐニンジンちゃん。

img_8684

触り心地に酔いしれながら根っ子の緩やかな激太りを待機。

img_8687

モフモフなニンジンが3Dプリンターで生産される日が来たら、キアゲハの反応や生態環境も気になるところ。キアゲハも3Dプリンターから誕生する日も来るのでしょうか。

バイオ3Dプリンターによる神経再生組織の開発ニュースからも色々と想像が膨らむモフモフ人参場所にて。

素敵にモフモフな週末を♪♪

★ カロチン艇。

朝から夕方頃まで雨模様で暖かだった金曜。

img_8599

この子は裂け目が少なそうだから収穫はまだ少し先にして、

img_8600

裂け目の激しそうなこの子を月曜からちょびちょびといただきました。

食べられるニンジンも残り5本を切り、いつ収穫しようかと食べるタイミングを熟考する日々。

img_8602

img_8604

img_8603

img_8605

img_8601

割れて裂けていようがニンジン。日焼けしていようがニンジン。

食べられる食材は畑にたんとあるんですが、人様にお渡しできるような面持ちは不在。

食材と商品の境目について多く考えさせられます。

この冬の雪害で、折れて出荷が危ぶまれていた特産『岩津ねぎ』が『雪折れ岩津ねぎ』として販売されるとの一報を目にし、雪で折れただけの食材を商品ではなく食材として流通させた姿勢こそねぎの大道。

「雪折れ」という言葉のイメージから、より一層美味しそうに感じるのは私だけでしょうか。

雪折れ岩津ねぎのような粋な対応が今後も増えるといいですね。

img_8606

商品圏まで遥か彼方なニンジン「カロチン艇」。

来週(もしくは再来週)のニンジンもどんなお姿か楽しみなり。