タグ別アーカイブ: タマネギ

★ 6月のまあるい食卓 ~みんなでごはんプロジェクト~ への食材提供は。

先日のポル☆シェ報告記もまだだし先に更新したいことがたんとあるのですが、本日開催ということで先に告知を。

当畑からの食材提供、今回は玉ねぎです。

本日は曇天模様なのでしょうか。

雨が恋しくて恋しくて(笑)。

地球津津浦浦、曇天様は嫌われがちですが、個人的に曇天様の大ファンで特に農作業にはうってつけ。

なのでお昼前後も曇天であれば農作業を優先、燃ゆる晴天であれば避難して色々と更新したいと思っておりますが…どうでしょう。下弦の小潮なので作業的に頑張っとりますの(笑)。

潅水作業を省いてくれる雨天様と雨粒様が恋しくて恋しくて(切実)。

温かい炊きたてのごはんと作りたてのお味噌汁が恋しい子どもたちに食べて欲しくて、玉ねぎを託しました。

温かいごはんとお味噌汁が恋しい子どもたちと親御さんたちにこのイベント情報が届きますようにと今回も願っております。

《 第25回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

6月18日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

Facebook https://www.facebook.com/events/224408824733389/

広告

★ ポル☆シェ芦屋 6月開催のお知らせ。

相変わらず大中小ミニミニサイズが多彩に混雑中のタマネギ場所。大は稀(笑)。

興味深いタマネギ時事はポルポさんのマルシェ『ポル☆シェ』お知らせあとにて。

6月の開催は手羽先記念日なので採れたてタマネギと一緒におあがりいただくのも最高かと。

当畑の出店時間は16:00~20:30です、55ポル回はタマネギ祭りになりそうです。

ビワのタイミングが合ってくれるといいんですが、どうかな~。

【第55回 ポル☆シェ芦屋 -POLPOashiya Farmer’s Market-】

6月14日(水)
開催場所: POLPO-ashiya- (兵庫県芦屋市川西13-6)
最寄り: 阪神芦屋駅“西”出口出てすぐ
開催時間: 16:00~21:00
*出店者により出店時間が異なります、( )内参照ください。

悪天候時による開催中止は各SNSなどでお知らせしますが、出店者各自の出店キャンセル・変更情報などは各者媒体を参照ください。

お車で来場の場合は周辺の有料駐車場をご利用いただけますよう、近隣のご理解と間近の踏切安全のためご協力をよろしくお願いいたします。

〜 55ポル・食ッピング提供メンバー 〜

【 Facebook https://www.facebook.com/events/1164033453724106/ 】

『ポル☆シェ』は芦屋のたこ焼きBarポルポさんの月に1度の濃厚こだわりマルシェです、過去開催の様子、出店者リストなどは特設ページでご覧いただけます→https://terutteru.wordpress.com/polpo-market-list/

タマネギ場所でいつかのピーナッツのこぼれ種っ子が出没中……なんと強い子たち!

西日本のタマネギ生産地で「べと病」が深刻化している件で、兵庫県と佐賀県が研究機関と手を組んでべと病防除対策の開発に本気で取り掛かるそうです。

べと病は発生~増殖~感染~死滅の仕組みが不明で世界的にもあまり研究がされていないんだとか。

ほんとうに「あまり研究がされていないモノ・コト」だらけですね…。

当畑でもアブラナ科とウリ科でべと病らしき症状を見かけるので、べと病解明へ着手の一報は興味深いです。

ひょっこり出てくるいつかのこぼれ種ピーナッツは土中に数年間ほど生存しているわけですが、べと病は土中で10年程度生存するらしいです。

嬉しい強い子、嬉しくない強い子、といった感覚と見方は人間様限定かもしれませんが、あまり研究されていない件が先行して研究されていきますように。

死活問題な規模になっちゃうはるか前からの地味に地道な研究開発、販売終了や閉店になっちゃう前の地味に地道な継続応援、地味な地道さを楽しめる傾向が多勢になるといいですね。

地味ながらも煌びやかなポル☆シェの農援、6月も眩しめによろしくお願いいたします☆

★ ねぎり節 クリエイターズ。

img_7602

ねぎり節 Uピンカーブ玉ねぎから2〜3日、背筋伸ばし中。

img_7604

曲がりきった根性でまっすぐを目指す玉ねぎたちの見上げた心意気。

img_7605

ねぎり節クリエイター『チャイルド玉ねぎファイター』の中継でした。

玉ねぎたちとはまた一味違った笑いをいただけるクリエイターといえば、『ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」』。

小作人のお気に入りはYOKO FUCHIGAMIさん(トータル・ファッション・アドバイザー)と、横田涼一さん(メディカル・チームドクター)。

【ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」http://creatorsfile.com 】

微笑から爆笑まで、何かと笑える日常とクリエイターたち、尊し。

★ ねぎり節 Uピンカーブ。

img_7566

来年の初夏にタマネギになる予定のタマネギたちの出世街道Uピンカーブ。

img_7564

雨が降ったり晴れたりで種の背中を押したり根っこを揉み叩いてくれている模様。

本夕は雨予報の噂ですが毎度都合よくなんとか持ちこたえてほしいなと思う次第。

★ 洒落たま2016。

IMG_6293

二十六夜の昨日はタマネギを収穫しました。

貯蔵収穫に最良期の下弦小潮は5月30日月曜までだったので2日遅れましたが、次の下弦小潮の6月27日からだと収穫には遅すぎるので、雨が来ぬ間の快晴時に体力を振り絞りました。

IMG_6296

地球の大黒柱、ミミズが振り絞ったプリプリプリズムもたくさん。口角あがるあがる。

根心の優しさに触れるとはまさにこのこと。

IMG_6297

どういたしましてと思ってもらえていたなら御の字です。

IMG_6307

新たに1年間お世話になる便利な大中小タマネギ、いただきました。

収穫した分、貯蔵する空間も必要ですからね…。街中の電柱と電線がヒサシ付きタマネギ掛けになっている夢を数回見たことがあるんですが、なんせ夢設定なのでえげつなく長い梯子をかけないとタマネギに手が届かない高さで、まるでジャックと豆の木タマネギ編、全回ともタマネギに指が触れる寸前で梯子から落っこちるところで目が覚めるという…続編を見られる日はいつぞ。

都会でタマネギ栽培者が増えればタマネギ貯蔵空間が整備される日もそう遠くないかもしれません。タマネギ2017仕込みは今秋9〜10月です。

★ タマネギぽかぽかぽかん。

IMG_6063

2015年秋に仕込んで2016年度初夏に収穫予定のタマネギ。

IMG_6064

今年はトウ立ちの早い子が多い気がする…。定植が早すぎたわけでもないので、暖冬だったからかな?

ぽかぽか冬季に勢いづいてポカーンと頭上にホームラン、みたいな。

IMG_6065

とりあえずトウ立ちタマネギだけ先採りで食べはじめています。

IMG_6062

本日はトウ立ちしていない新タマネギも連れて行きますんで、ポルポさんの臨時ポル☆シェ『ちょいポル☆』就食内定のご贔屓よろしくお願いします。

★ 春デビュー直前、冬ラスコーデ。

IMG_5327

玉ねぎクールの決め手はミミズストリート70%ブリブリ・プリズム。

IMG_5326

春デビュー直前玉ねぎ「冬のラストから肥えてくデ」

IMG_4933

上写真一枚は育苗卒業時の、去年の初冬頃。

種まきから苗まで、苗から玉ねぎまで長い月日をかける玉ねぎ。

IMG_5328

2015期の玉ねぎも残り僅か。伸びた芽はネギとして、皮をむいた時についちゃってる黒カビは拭き取って食しています。