タグ別アーカイブ: ダイコンハムシ

★ 感謝の歯型技師。

ダイコンのダイコンハムシ…ではなくダイコンハムシのダイコン。

「ありがとうハムハム、ハムハムをありがとう」

感謝の歯型技師は小作の手により散り散りに。

感謝の歯型技師よさらば…アリの巣へさらば…を繰り返すこと約7日。

感謝の歯型が霞むほどの葉を魅せるダイコンが誇らしげ。

次に魅せられるはカメムシ族かな。

日を置いてまた殺到する歯型技師にも構えつつ。

 

広告

★ かぶら青信号 〜ダイコンハムシ対策〜。

かぶら場所。

毎朝の正念場。

かぶら場所に集う彼らが見えるでしょうか。

そう、向かって中央奥の葉の裏に一匹。

ここです。

さらに右側手前の葉の裏にも一匹(少し角度を変えて撮ってます)。

油断しまくりのかぶら場所には10匹ほどかたまっていたり。

ウリハムシと違って翔んで逃げないのが唯一の救いですが、逃げ足がなかなかお速くてよ。

一匹一匹、親指に押し当てて人差し指の爪で十字に切って潰します。

中途半端に圧迫しても丈夫なのか平気で生き残るので確実に割り潰します。

ダイコンハムシ「うんめぇ、うんめぇ〜っ、何このうんめぇやつぅ〜」

朝、ダイコンハムシの動きが鈍い時間までにくまなく潰し(1)、

潅水後、葉裏に隠れていたけど慌てて逃げ出す生き残りを潰し(2)、

(1)の時点で逃げ出して、(2)が終わった頃に戻ってくるちゃっかりもんも潰す。

さらに数時間後、遠くで避難していた出戻りも潰す。

芽を出す際に土が盛り上がってできる根元の隙間に隠れている子ももちろん潰す。

ダイコンハムシ対策として効果を実感できるのは捕殺して生存させないこと(現時点)。

香りの強いニラやネギにも平気で隠れるしなんだかんだズル賢いので、潰すことに精を出しています。

ダイコンハムシを繰り返し繰り返し、ブチっと、ブチチっと。

ダイコンハムシはアブラナ科を食す大食漢なので、しばらくは辛抱と時間の潰し合い。

竹酢液の希釈水も無力なり。

新たな対策方法は常時、模索中。

〜ダイコンハムシ クイズ〜

ダイコンハムシを確実に潰した時に出る体液の色は何色に近いでしょう?

A:薄い青紫色系  B:薄い赤紫色系  C:薄い黄土色系  D:薄い黄緑色系

色クイズは色彩解釈に個人差がとても大きいです。

なので答え合わせには是非、ダイコンハムシを潰して実際に見てみましょう!

 

★ シェアハウス苺の軒下。

1月5日のイチゴの日と1月15日のいいイチゴの日のちょうど中間なのでイチゴ中継。

シェアハウス苺の軒下で暖をとる赤い彼ら。

ニヤけてしまうほどの動員数です。

枯れ葉毛布を奪われて暖か空間を追い求めるテントウさん、鈍い動きもお早い。

そして暖を取れる空間といえば。

来週1月17日開催の水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋』のイベントページを公開しました。

https://www.facebook.com/events/121535701984129/

軒先にとどまらないシェアをいただけると幸いです。

シェアハウス苺の軒下軒先を触れば触るほど転がり出てくるテントウさん。

目尻のシワも順調により深く。

だがしか〜〜し!

ダイコンハムシ諸君!!

シェアハウス苺もゲストハウス苺も民泊苺もご遠慮いただきたく候!!!

ダイコンハムシたちの暖取りの段取りを狂わせつつ、眉毛がのびのびと八の字。

碧く輝く体色は愛しいが故に残念でございます。

眉間のシワが極まる前に暖かくして休もうぞ。

 

★ 冬もの顔に会いに7日水曜は阪神芦屋駅で途中下車を。

img_7888

柔らかで薄い葉色のダイコン。

img_7889

近づけば近づくほどに奴らの忍術が憎らしい。

それに比べてミミズのブリブリプリズムは実に愛らしい。

ミミズの土壌技術に負けず劣らず愛らしい水曜マルシェといえば、たこ焼き&居酒屋ポルポさんの『ポル☆シェ』かと。

本開催は第2水曜ですが、他の毎週水曜はミニマム版ちょいと開催系の『ちょいポル☆』が開催されています。当畑も出店させていただくので宣伝告知です♪

【ポルポさんの水曜マルシェ・ミニマム版 ちょいポル☆】

12月 7日(水)

開催場所:POLPO-ashiya- 兵庫県芦屋市川西13-6 (OPEN 16:00)

Facebook https://www.facebook.com/polpo.ashiya

最寄り駅:阪神芦屋駅の西口すぐ(市役所/銀行/パン屋などがない出口側)

テルってる畑。出店時間は16:30~19:30です。

他出店仲間は、

★17:00~18:00に自家製天然酵母パン・ヒカリノ mutsu cafe さん(Facebook) 。今回のコラボなスペシャルはあまずっぱミカン酵母のカンパーニュとのことです♪ この季節ならではのシュトーレンも登場だそうです。ぜひ、ご賞味いただけますよう。

★16:00~21:00に家庭用栽培キット、しいたけブロックのKinoko-Tenさんが去年に続き登場です!し、しいたけブロック?!という方は、栽培体験日記「Kink-Tenさんの『しいたけブロック』」をご覧くださいませ。

今季もKinoko-Tenさんのしいたけブロックのしいたけで年末年始を満喫したく♪

img_7886

どアップのダイコンたちを遠目で見た図がこちら。騒がしいでザ・Show。仏の座Show。

7日の就食活動励むっ子たちの予定は、

あまずっぱミカン(食満蜜柑=尼崎ミカン=温州みかん)、里芋、若採り間引き菜ダイコン、若採り間引き菜ほうれん草、を予定しております!

ダイコンもほうれん草も小さい間引き菜っ葉たちですが、風味は主張強し(笑)!

ピーマンとししとうも採れたら連れて行きたいところですが当日にならないとどうでShowです。

img_7892

冒頭でも愚痴っております、憎らしい奴の姿がちらり! 駿足隠れ技が憎い…。

img_7891

憎らしさの根が深いせいで、指先が震撼するのかこんなピンボケ写真で「連写」になってしまいますんや…。

連写のダイコンハムシのピンボケ画像をたくさん消した日曜日です。

ダイコンハムシを研究されてらっしゃる方も、7日水曜の夕刻は阪神芦屋駅で途中下車くださると嬉しいです。

★ はくさいミステリー はむしヒステリー。

img_7772

一枚一枚ちぎり採って食すのが賢明であろう白菜。

img_7773

一枚一枚ちぎり採って食す姿を先に想像させて涙を誘い出す懸命なレース白菜。

img_7774

目ざとくすばしっこいので姿を収めることはできませんでしたが、ハクサイ/赤カブ/水菜/しろ菜をレース場にしている彼らの名は、

ダイコンハムシ。

アブラナハムシじゃなくダイコンハムシという名だったとは…。ルリなんちゃらじゃなかったのか。

ダイコンハムシの天敵を捜索せねば。

ダイコンハムシの天敵にハムシヒステリーを引き起こしてもらって、白菜の枠を超えたアブラナミステリー現象まで辿り着きたい所存。