タグ別アーカイブ: テントウムシ科

★ 健康で芸術的な最低限度のなす活。

今季の健康で芸術的な最低限度のナス活も始まっております。

汗だくで隠遁的な最低速度の小作活に潤いを与えてくれる芸術的な瞬間。

ヒメカメノコテントウのファッショナブル過ぎるナス旋回。

足音やBGMなど音的に口ずさむかナス役テントウ役の台詞を吹き替えるか無言で目を細めるだけかでその時の己の心の空模様を計ることもできるナス活。

ナスからの直視に思うは。

少し前に、ケン・ローチ監督の映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』(原題: I, Daniel Blake /2016年イギリス)を鑑賞し、日を置いて関連のドキュメンタリー映像『ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生(原題: VERSUS The Life and Films of Ken Loach )』も観ました。

『わたしは、ダニエル・ブレイク』からは草刈りが捗ったほどの余韻をいただきました。

ゴールデンタイムで放映されればなぁ…と思うばかり。

ドキュメンタリーでは本国上映の際に国内から「自国を悪く描くな」といった類の批判が溢れた件も明かされていたのですが、物語や背景・人物像の描写を読み解こうとする解釈力のような客観的消化力のような、表現を観る術のような何かが衰えていく不穏な空気も少し感じました。

「健康で文化的な最低限度の生活」

健康とは、文化とは、最低限の生活とは。

新たに加わった小作的おすすめ映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』。

こちらの立派な花髭は、健康で芸術的な最低限度の長茄子活。

広告

★ 目的地までの道中も観光地。

ウリハムシ観光に飲み込まれ、懸命に巻き返し中の道の駅『かぼちゃの郷』。

こちらはウリハムシ観光大使のお墨付きの道の駅『ウリの島カボチャ』。

駆け出しカボチャ業界のウリハムシ灼熱バトルは畑トップレベル。

小作マネージャーは毎度ヒヤヒヤしますがね。

ウリハムシバブルで足踏みしていたカボチャ業界も負けじと青二才を送り出し、あの手この手で蔓を伸ばし花を咲かせていくことでしょう。

成果にお目にかかれるまでが辛抱。

高速道路でひとっ飛びではなく下道をのんびり走るときは目的の観光地までの道中も大切な観光地です。

農村地帯を日帰りすると痛感する、お食事処の尊さ。

「地方を元気に」とは。

ウリハムシ観光で不景気知らずなカボチャ場所より。

★ ジャガイアの夜明け。

二紋型ナミテントウと迎えた満月の夜明け。

ジャガイア取締役のミミズたちとハイタッチ。

輝かしいメークインに目が眩み。

男爵棟の紋型ナミテントウと祝うジャガイアの夜明け。

ジャガイア2018春、男爵(左コンテナ)とメークイン(右)。

それぞれ12株ずつから。

これまでの実績が散々でしたから落胆なんぞ忘却の彼方。

収穫量は豊作ではないけれどジャガイア食卓を送る日々を得られたことが御の字です。

明けて本日は丸一日雨のようで。

小作と化してからは雨天は歓喜の一途。

そんな雨の朝に観た(昨夜録画していた)番組『ガイアの夜明け』は不動産融資の審査過程で金融機関が通帳の改ざん不正からお金儲けのためだけの違法建築まで不動産投資業界の真っ黒特集でした。

夜盗虫のカジカジ隠蔽に忍び笑うしかないジャガイア投資にはない不誠実さが際立っておりましたよ。

とはいえ、ミミズの裏切りもあるのかもしれないと考えると。

ミミズの不正を暴くには種をまき続けるしかないでしょうね。

★ いちごフェア2018。

4月末に初収穫のイチゴ場所より、いちごフェアが始まりました。

地上からはナメクジとカエルたちが「かじり忠実(まめ)」に、

上空からはムクドリとカラスが「つつき忠実(まめ)」に徹しております。

小作は彼らのおこぼれを摘み摘み。

ここで苺クイズです。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

ヒント:齧られ突かれあとは蟻がわんさかですが、蟻じゃありません。

答えはこの中継の締めで。

ドラえもんのポケットが型崩れしたようなイチゴに含み笑い。

苺の葉の上で衣替えするナミテントウにも含み笑い(右端のひっくり返りが脱皮殻)。

農友から譲り受けながら増えたイチゴたちを徐々に撤去し、只今リニューアル移行中。

昨年の夏に小作自ら選び新しく迎え入れたイチゴ苗の様子はまた改めて報告します。

アスパラとバトンタッチ。

アスパラが終わる寂しさに浸る間もなく生鮮そのまんまイチゴ、イチゴジャム、イチゴスムージーとイチゴ尽くしの日々。贅沢じゃのぉ〜。

真冬に極小あれど、1年でイチゴをいただく旬の本番はこの5月。

そんなイチゴの5月ももう後半に突入とは。

最近、『集合体恐怖症』という名前があることを知りました。

症状の強くない知人は周囲には少数ですがその都度説明されれば把握出来る症状です。イチゴなら単品でもつぶつぶ部分がダメだったりします。

畑には集合体なる光景が無数に存在するうえ、集合体写真をたくさん投稿してきたし今後も投稿していく予定なので集合体恐怖症の方には閲覧していただけないであろう当ブログ。

集合体恐怖症ではないから野良作業もできるのだな、と思えた今日この頃です。

締めは苺クイズの答えあわせを。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

答えは、タンポポの綿毛。

春の嵐の後は特にたくさんくっついています。

1本か少しならお洒落なんですけどね、ごっそり付いていたら含み笑い不可避なり。

以上、イチゴ中継でした。

 

★ シェアハウス苺の軒下。

1月5日のイチゴの日と1月15日のいいイチゴの日のちょうど中間なのでイチゴ中継。

シェアハウス苺の軒下で暖をとる赤い彼ら。

ニヤけてしまうほどの動員数です。

枯れ葉毛布を奪われて暖か空間を追い求めるテントウさん、鈍い動きもお早い。

そして暖を取れる空間といえば。

来週1月17日開催の水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋』のイベントページを公開しました。

https://www.facebook.com/events/121535701984129/

軒先にとどまらないシェアをいただけると幸いです。

シェアハウス苺の軒下軒先を触れば触るほど転がり出てくるテントウさん。

目尻のシワも順調により深く。

だがしか〜〜し!

ダイコンハムシ諸君!!

シェアハウス苺もゲストハウス苺も民泊苺もご遠慮いただきたく候!!!

ダイコンハムシたちの暖取りの段取りを狂わせつつ、眉毛がのびのびと八の字。

碧く輝く体色は愛しいが故に残念でございます。

眉間のシワが極まる前に暖かくして休もうぞ。

 

★ 12月にツクシ。

おや?

おやおやおや?!

君、ツクシだよね?!

どう見てもツクシなんだけど…。

おやまぁ。

ナナホシテントウと一緒に驚いた月曜日。

*ツクシにお目にかかれるのは3月。

★ CanCam 7月号 特別付録『自撮り星型ライト』。

イチジク場所、イチジクの葉で憩うテントウさんを、

CanCam7月号の特別付録『魔法の★自撮りライト』で撮ってみたところ。

違いに気づいていただけたでしょうか。

超拡大すると確認できる星型ライト効果。

CanCam7月号の特別付録『魔法の★自撮りライト』の美肌…美葉効果いかに。

「★が浮かぶ!」よりも「★を探せ!」がしっくりきますね。

畑映えしているかどうか、蜘蛛と蟻に訊きたいところ。

畑で遊ぶに十分な、クリップ型スマホライト。

自撮りライト第1弾ハート型がSNSでザワついていたので第2弾を待っていたところ、星型が登場。

付録目当ては『ちゃお』のトレース台(照明台)以来です。

『CanCam』を購入したのも人生お初。

可愛いさを史上最強に眩しく撮れるこの星型ライトにより、暴れん坊大将軍カラスたちが目眩・立ちくらみアップアップで近寄りにくくなってくれたなら御の字ですよね。

第1弾のハート型だとまるでカラスたちに「食べて食べて、暴食大歓迎!」と解釈されそうですもん。

星型でキラキラを楽しみますよ。

作物映えするよう、小作力あげねば♪

いつだってフォトジェニックな誰かが映えてるイチジク場所からの中継でした。