タグ別アーカイブ: トゥルルンイチジク

★ ポル☆シェ 54ポル。

ソラマメ守護神アマガエル「午後は下り坂で雨と曇りと晴れ間があるっていう天気予報やけど、ソラマメ届けに行こうやないか!」

そやな、その子らはまだ連れて行けんけど大きい食べドキッ子を連れて行こうやないか!

5月10日水曜日、たこ焼きBarポルポさんの夕市~夜市マルシェ『第54回ポル☆シェ』に出店させていただきました。

食ッピングありがとうプレゼントのお花はシランでした♪

就食できた面々は、イチゴ、ソラマメ、アスパラガス、ニンジン、ほうれん草、レタス、ニラ、フキ、若採り玉ねぎ、木の芽の露地作物たち。

農援者さんに食ッピングいただけてこそ報われる露地健やかタフネス畑の恵みたち!完売御礼申し上げます!!

翌日早速、農援者さんからの軍資金で草刈機の燃料を職ッピングできました。

野良作業の根っこから支えていただいております、ありがとうございます。

ミナミアオカメムシ「めっちゃ楽しかった54ポルの中継写真ないって、どゆこと」

写真がございませんのごめんあそばせ。

久々にお顔を拝見できた農援者さん大勢回で浮き浮きし過ぎました。

54ポルの出店者は、京都から参戦の八百屋・有頂天晴果さん(毎週水曜出店中)、食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店さん、そして当畑の3店。

3店だと寂しそうな雰囲気が漂いそうですが、賑やかさ続いたのもポルポさんと農援者さんのおかげです♪

イチゴ「露地イチゴの旬の時期を忘れさせはしない(キリっ)!! 」

巷ではハウス栽培のイチゴ時期が強豪ですが、露地イチゴの旬は5月ですよ!っと。

旬の面白さ大切さ尊さの共有も絶やさずに。

次回、第55回ポル☆シェは6月14日(水)に開催です!

手帳やカレンダーに「ポルポるマーク」をよろしくお願いいたします★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
広告

★ イチジク狩り2016御礼 イチジク狩りは終了しますがイチジク狩りに似た催しは続けます!というお知らせ。

img_7425

イチジク狩り2016開催終了からだいぶと日が経ってしまい、報告が遅くなりました。

2016年もご新規さんから常連さんまで、たくさんのイチジク好きのトゥルルンイチジク大好きな農援者さんにイチジク狩りを楽しんでいただくことができました、ありがとうございます!

いつもなら恒例の“怪しくない催しだよ、ほら、こんなに怪しくない、ほらとっても健全っぽいでしょ”アピールのため、参加くださったイチジクハンターさんたちの楽しそうな写真とともに自慢報告をするところですが、今回はございません。

今季にて、イチジク狩り終了のお知らせをさせていただきます。

このお題にもあるように、今までのイチジク狩りは終了しますが、イチジク狩りに似たような催しは来季も続けます。単純な話なのですが説明が下手なためややこしく聞こえるかもしれません。

以前からちょくちょく漏らしていた話ですが、トゥルルンイチジク狩り大好きな農援者さん全員に届くよう、ここで説明させていただきます。

2010年から2016年までの6回季にわたり、私としては「イチジク狩り」をどうにかして続けようと1季ごとに微細な概要変更のなか自分なりに試行錯誤しながら開催してきました。

逐一お伝えしてきましたが、イチジクは果実狩りに非常に適さない果実です。

2010年開催前から覚悟はしていましたが、いよいよとうとう、「イチジク狩り」という名の下での発案の息の根と創意工夫域の限界に達しました。限界を感じる大きな障壁は「イチジク狩り」の「狩り」の部分です。

「狩り」と言えば自由に食べ放題、ですよね。私も大好きですし、イチジクだからこそ続けたいという気持ちが強いです。

しかしながらイチジクのイチジク「狩り」は命取りという言葉の通りなのです(理由は後ほど)。

ですのでつまり、(二言三言で書くと)

2016年までのイチジク狩り

  • イチジクの性質と都合に“それなりに”寄り添い合わせる
  • イチジク「狩り」なので、“自由に”もぎ採って食べ放題

2017年からのイチジク狩りみたいなもの(イチジク狩りじゃない)

  • イチジクの性質と都合に“完全に”寄り添い合わせる
  • イチジク「狩り」ではないので、“完全ご指名のもと”もぎ採って食べ放題

という変更です。一言で書くと自由廃止です。

もぎ採るための選別の行為に限り、自由は一切なくします。

「狩り」特有の自由廃止はわたくし小作人にとっては莫大な好転なです。

自由に食べ放題の「〇〇狩り」が大好きな方にとっては我慢ならない/受け入れられない内容になります(大切な事前告知部分)。

「狩り」特有の自由な部分を完全に制御することで「狩り」に向かないイチジクの催しを続行できるかもしれないと希望に満ち満ちておりますが、開催するには参加者さんの協力が不可欠です。

イチジク狩りに来ていただいた農援者さんが楽しいと感じて喜んでいただいていた共通点は、

「イチジク畑でイチジクの樹に囲まれ、イチジクの爽やかな甘みの薫りに包まれながら、熟成豊かなイチジクを自分の手でもぎって頬張ること」でした。

この尊い部分を続けるにはイチジクに100パーセント合わせていただくしかない、と辿り着いた次第です(とは言っても良案はずっと模索中ですが)。

イチジクのイチジク「狩り」は命取りそのものの理由

「イチジク“狩り”開催は命取り」の命を取られるのは農援者さんではなく、わたくし小作人の命がなんぼあっても足りぬなこりゃ、という意味です。

2016年は「狩り」さいごの施策、1日1組限定に挑戦しました。理由は完全な完熟イチジクだけを食べていただくためでした。

1組だけなら、「これ食べてください」と見逃しこぼしなくイチジクを指名しながらできるはずと企み、ほぼほぼ、実行できました。

ですが1組だと超絶な爆買いがない限り、当たり前ですがイチジク狩り終了後の配達量が増えます。今季はなんとかやりきりましたが出荷&配達後は睡眠時間もあまりとれないどころか農作業の時間もほとんどとれない日が増しました。

引き続き、午後から夕刻にかけて足の速い日持ちのしなさ俊足のイチジクを取り扱っていただける委託販売店を増やすことは常に励まねばですが、まずは首を絞めすぎる「イチジク狩り」をなんとかせねばと長い間、悩み続けた結果でございます。

イチジクってやつぁ、ほんとにもぅまったくもって、的な。

イチジクは、食の原点である「鮮度命、即、食べよう=食べものの本質」をこれだけ変わらずに、これだけ変えられずに育まれてきた果実です。なんとまぁ、な古来果実です(笑)。

イチジクならではの特性と本来の美味しさをどれだけ届けられるか・伝えられるかが、消費流通世界でのイチジクの行く末にかかっていると感じております。

来季、吉と出るかあちゃちゃちゃちゃ…白目!となるかは当畑と参加者であるイチジクハンターさんのみぞ知る(毎度でございますが)。

「新・イチジク狩りじゃないけどイチジク狩りのようなイチジクを畑でもぎとり食べる催し(仮)」、開催名が迷走中なので何か良い案がございましたら一報ください(採用時の報酬はございませんあしからず)。

他の変更予定は、

  • 開催日数を少し絞る(=減らす)
  • 参加人数・組数を増やす(=イチジク好きさん同士の出会いと交流が大切)

といったところです。他にもありますがまだ検討の余地続きなので控えます。

やはり長々とした説明になりましたが、少しでも変更の中身が伝わったなら幸いです。

あらなんだかややこしい…もういいわよ他を探そう、と、そっと離れるトゥルルンイチジク大好きな農援者さんは少ないはず(驕り満開)と思い込みたい一心で書きました。

トゥルルンイチジク2017の時期が近くなりましたら、新たに整えた詳細をお知らせします。

イチジク好きさんがイチジクの至福の時をイチジクに囲まれて楽しんでいただけるようなイチジクイベントの新たな実現に向けて、ご協力とご理解をいただけますよう。

img_7197

トノサマガエル「寛容過ぎるイチジク大好き農援者さんにもっと甘えるつもりじゃろが」

小作人「いやもっとちゃんとがんばんがんん(やはり悟られとる)」

イチジク狩り2016へのイチジク農援をありがとうございました!

★ ドライフルーツ ~ イチジク2016 ~。

〜テルってる畑。ドライフルーツ史 トゥルルンイチジクの巻〜

img_6971-1

イチジク好き過ぎるトゥルルンイチジク大好きな農援者さんにまだかまだかとお待ちいただいているトゥルルンドライイチジク。

8月から9月にかけてドライ加工に勤しみました。

img_6928

収穫後、すぐさま取り掛からないといけないので天候に振り回されながらも段取りを練り練り、数時間ごとに時間割を組み立てる(&組み直しの)日々でした。

イチジクも正真正銘の果物なので、中の状態を逐一確認しながらが必須。

状態のわずかな違いから出来具合にも差が際立ちました。

img_6955

若干の疲弊のせいか、3種の並び順が甚だ疑問(自分でしておきながら…笑)。

真ん中が完熟の中の完熟の極み状態のイチジクのドライ結果です。ドライ時間、約5日間。

左端が完熟の極みで真ん中よりもやや熟度が低い(といっても一般的には十分なほどの完熟)ですが、これはドライ時間、約3日と半日。

右端が通常販売させていただいている完熟度です。ドライ時間、まる2日と少し。見た目的にも理想的かもしれません。

肝心の風味の差ですが、イチジクだけでなく、ドライにする果実の味がそのまま反映されるので、上写真の3種のドライイチジクの味は全て濃厚差があります。その違いはまさにドライ加工前の味の違いと同じです。

「売り物にならなかった/ちょっと残念な状態」がドライ加工によってより一層より美味しくなるわけではなく(ここ、めちゃ重要ですね笑)、そのままの風味が出るんです。

なので、ドライ加工にするイチジクもちゃんと美味しい状態のものを選別しなくちゃいけません。

そんなわけで細々とした差異をデータに撮り続け、それなりに学びながら、トゥルルンイチジクたちの期間中、イチジク占領のドライ機器はフル稼働でございました。

img_6959-1

なぜ上右端2個だけ裏返しにしたのか甚だ疑問(自分でしておきながら)。

砂糖ゼロ、油加工ゼロ、熱温風のみのドライイチジクの平均顔。画像だと硬そうに見えるかもしれませんが、意外と柔らかです。

トゥルルンドライイチジクの販売開始までもうだいぶと待っているんだけど!というお声が聞こえてきますが、もう少しお待ちいただけますよう。

〜ドライフルーツ史 次回へつづく〜

★ ポル☆シェ 46ポル。

img_7231

9月14日水曜日、臨時じゃないポルポさんの月一夕市マルシェ『ポル☆シェ』、臨時開催のような顔ぶれとなりました(笑)。ちょいポル☆のようでちょいポル☆じゃないポル☆シェ、ややこしいようでややこしさ皆無な食ッピング市場も第46回を迎えることができました。

場の提供者はポルポさん、継続の糧は農援者さんと出店仲間たち、さらに良き噂話や情報を共有くださる影武者さんたちすべてが開催の源であります。

img_7242

たこ焼き屋で居酒屋進化中なポルポさん正面入り口には毎度おなじみの有頂天晴果くん、阪神芦屋駅改札階段前には台湾の食べる「れい茶」専門店の松茶商店さん、季節到来のりんご専門店林檎道さん。

藤井農園さんと淡路育ちいちじくの中村さんは前日の火曜日に出店されていました。

img_7245

テルってる畑。は阪神電車ご利用のみなさまと電車待ちホームからチラ見なみなさまとも対面できる位置でドーンと構えさせていただきました、ポルポさんの期間限定・特製サイダー「ポル☆ダー〜トゥルルンイチジク〜」とともに♪

ポル☆ダーはポル☆シェ開催じゃなくても販売中です、旦那ノリさんのたこ焼き又は女将ユミさんの旨い本日のお品のお供に喉ごし爽やかに堪能ください。

46ポルの就食内定希望者は、トゥルルンイチジク/葉つき人参/ししとう(万願寺、伏見甘長、紫)/ピーマン/まくわうり/ニラの花芽でございました。

今回はイチジク以外、すべての野菜に鷹の爪を1~2個添えさせていただきました。バテ気味の身体にピリッとした薬味で食欲震わせていただきたく。

薬味の中でも特に鷹の爪は「ちょびっとだけ、ひとつだけ、ほんのひとかけらだけ欲しいのよ」という個人的な気持ちの押し付けです。

台風の影響で雨予報だった46ポル、途中、小雨が降ったり止んだりでしたが、それでもわざわざ足を運んでいただき、イチジク&野菜ともに感服たる内定をいただきました。

幸せ畑自慢また一つ、ありがとうございます!

img_7232

次回、第47回ポル☆シェの開催日は10月12日(水)です!

(月に一回のポル☆シェ以外の臨時開催分を「ちょいポル☆」と呼んでいます)

ポル☆シェの開催概要、過去ログなどはマルシェinポルポ『ポル☆シェ』をご覧ください。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 

★『octa.朝市』9月12日。

img_7219

トゥルルンイチジクまであと数歩なトゥルイチジク秋の装い、フアフア。

イチジクマニアさんにトゥルトゥル召し上がってくれますようにと期待を込めたであろう野鳥デザイナーの粋な計らいを背に、行ってまいりましたオクタ朝市就食活動9月12日月曜日!

img_7222

各出店者も農援食ッピングなみなさまも一時退席中な瞬間?…な一枚になってしまいました(笑)。

オクタ朝市にいらっしゃる方々がイチジク噂話を濃厚に濃厚を重ねてくださっているのか、トゥルルン食ッピングに列を作ってお待ちいただいた次第です、恐縮すぎます。

色んなイチジクの顔色を詰め込んだパック面接で吟味され(♪~ドキドキワクワク最高潮~♪)、選び抜かれる際の手のぬくもり得て(♪~プラッチックパック越しながら~♪)、イチジクマニアさんの最高の笑みとともに芳醇な胃世界へと旅立つことができました(♪♪至福♪♪)。

高湿度で蒸し暑く、雨予報だったのにお天気も持ちこたえてくれたのもイチジクマニアさんたちの“念”強きおかげかと♪

すべてのイチジクたちが見事な就食内定をいただきました、ありがとうございます!

そして今回の自慢話を!

img_7220

自家製天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさんの、力作コラボパンとケーキでっす♪

中央に並ぶはトゥルルンイチジク魅惑の変身「イチジクフォカッチャ」、右側手前はニンジン魅惑の変身「キャロットケーキ」。 どちらもしっとり芳醇な第2の人生をムツさんからいただきました、ムツさんありがとうございます。

魅惑の変身イチジクたちの就食内定ももちろん気になって気になって仕方ないので、どんどん旅立っていく様子を遠目の横目の細目でチラっ、チチチチ・チラっっと見ておりました♪

イチジクフォカッチャとキャロットケーキを食ッピングいただいた皆さま、農援ありがとうございます。

自分んとこの畑の作物の主張だけかーい!な報告記ですが、オクタ朝市さんでの一瞬一瞬もミミズたちの勲章ですからそこのところ省くと畑に顔向けできませぬ。なのでしつこいくらいに書くのです…。

週明け平日気分を多彩に熱量増し増しいただける出店者さんたちの情報や当日の様子はオクタ朝市さんの各媒体でご覧いただけます。

当日のレポートが更新されるのは嬉しいですよね♪

オクタ朝市公式サイト http://octaasaichi.jimdo.com

ブログ http://ameblo.jp/octa-asaichi/

Facebook https://www.facebook.com/octaasaichi

オクタ店長さんとスタッフさんが「イチジク、ソロ販売もオッケイだぜ」と男前なお言葉をいただきましたので、もしかしたらもしかすると、いつかの平日、ある日の平日にソロっとイチジクinオクタホームを迎える日がくるかもしれません。

イチジクとイチジクマニアさんのみぞ知るその日が来るまで…、季節の変わり目あるあるドン引き風邪にもお気をつけて。

オクタ朝市さんでのご贔屓と農援、ありがとうございました!

★ 無花果 weekender。

img_7179

先週末のpâtísseríe Atelíer TAKEさんでのトゥルルンイチジク魅惑の変身、イチジクのタルトとイチジクのクレープ包みとも完売とのことでした、嬉しい限りです! この週末も限定発売されますので爽やかな甘さ倍増のトゥルルンをお楽しみいただけますよう♪

CAFÉ Kogetsudoさんでも引き続きイチジクメニューが登場しますのでご贔屓弾丸トゥルルンツアーをご賞味くださいませ。

そしてトゥルルンイチジク魅惑の変身いただく麗しのお店Ristorante Dueさんでも去年に引き続き登場しますので、秋の深まり感じる割烹仕立てなイチジクを堪能いただけますよう♪

トゥルルンイチジクツアー、時間がかかることは間違いないですが、あっという間に濃厚な週末になることも間違いなしなこの感じ…これぞ、…まさに、イチジクそのもの!

素敵なイチジク週末になるよう、交通にお気をつけてお出かけくださいませ☆

(上記店舗情報は『取り扱い店舗』ページをご覧ください)

★ ちょいポル☆8月31日(臨時にちょいとポル☆シェ)。

img_7130

まだ若きトゥルルンイチジクの向こう側。

img_7131

稲妻模様のトゥルルンイチジク先輩。

img_7132

雨に打たれ弱いんだけど打たれ耐えた雨粒雫の刻印入りトゥルルンイチジク。

稲妻姿のイチジクに理解あるイチジクマニアさんが集うポルポさんの臨時夕市『ちょいポル☆』8月31日水曜日。

トゥルルンイチジク、ししとう、ピーマン、葉つきニンジンの就食活動をさせていただきました。

img_7141

野菜のゆるやかな端境期である8月31日は『野菜の日』、見事な語呂記念日ですね。

ここ数日更新が滞ってしまい、直前の確定告知になってしまったにもかかわらず足を運んで食ッピングくださったイチジクマニアさん、ありがとうございました。

早々に旅立っていった稲妻柄トゥルルンイチジクたちの恵まれっぷりはポルポ広場にて華々しく打ち上げられました。

img_7142

今回のちょいポル☆出店仲間はレギュラー組ヒカリノ mutsu cafeさん、有頂天晴果くん、松茶商店さんに加え(写真は出店者談話の一コマです♪)、久しぶりの『中村さんの淡路育ち“いちじく”』が登場しました!

淡路島の無花果畑で中村さんが丹精込めて栽培されてらっしゃるイチジク、今回は白イチジクの販売でございました♪ 白イチジクなので薄緑にほんのり桃色の外見なのですが、果実はとっても甘いので、次回登場時は是非イチジクマニアさんにお手に取っていただきたいです☆

img_7144

たこ焼き屋ポルポさんの夜の一コマチラリ。

旦那・ノリさんのたこ焼きに加え、奥様ユミさんの居酒屋風お食事メニューも加わって、多彩に展開中のポルポさんです。よく見ていただくとノリさんの超趣味ポスターもめちゃ増えてます(笑)、美味しいたこ焼きとこだわりメニューをいただきながら、おもちゃ的なものも増えたり減ったりな遊覧箱驀進中な様子をぜひ店内でお目目ぱちくりしていただきたいです♪

次週9月7日水曜日、トゥルルンイチジクが採れましたら『ちょいポル☆』にお世話になります、農援食ッピングよろしくお願いいたします!

野菜の日のトゥルルンイチジク、食ッピングありがとうございました!

以下、ポルポさんと出店者一同のリンク先です。

臨時ポル☆シェ『ちょいポル☆』とはなんぞ?という方は開催概要と過去ログマルシェinポルポ『ポル☆シェ』を参照ください。