タグ別アーカイブ: ナス科

★ 寄せて清明。

3月初旬に発芽を始めたじゃが芋たち(男爵とメークイン)。

足並みの不揃いさが力強いです。

この手前と奥の差にも笑いますが、

やっと出てきたこのジャガには笑いとは別の感情を揺さぶられます。

昨日までが小潮でしたね。

小潮といえば、土寄せ作業の最適期。

じゃが芋も土寄せしてなんぼ族。

汗じんわりと汗だくの中間はなんと言うでしょうか。

汗タラタラ?

タラタラするほどでもなかったな…。

汗じんわりと汗タラタラの中間あたりを得た昨日の土寄せ清明。

明るい空気に満ち満ちておくれと願いを込めつつ。

 

★ 天使突抜じゃが番地。

発芽、徐々に、続々。

馬鈴薯という天使が突き抜けています。

天使突抜(てんしつきぬけ)、じゃが番地。

京都の下京区に天使突抜(てんしつきぬけ)という町名があります。

天使突抜に対極をなせる町名があるとしたなら。

…悪魔泥酔。

夜盗虫らを思い浮かべて出てきたのが悪魔泥酔。

今週半ばの終日雨模様だった前日火曜に撮ったじゃが番地の様子です。

予報では天使突抜を手伝う雨が今晩来るそうな。

じゃがいも中継でした。

 

★ ササとホクホクの旅に。

畑の境界で増殖する竹やぶを少しずつながら根こそぎ退治中につき、

副産物の笹をジャガイモ定植時に仕込みました。

王道のメークイーンと男爵の2種のみです。

畝が乾き気味で種芋カット厳禁日を除くタイミングを待ちつつ植え付けたのは22日。

天赦日であり一粒万倍日だったので豊穣の願掛けにはもってこいでした。

カラスにピンポイントで掘り返されないよう寒冷紗ベタ掛けで防御です。

嘘のような本当の話、

植え付け作業の途中あたりから見張り役カラスが見に来るんですよ。

どこに何を植えているのかを確認に来るのです。

目視確認を決して怠らない、何と優秀な奴らじゃ。

作業の完了を見届けてから、群れへ報告に行きやがるんです。

日々進化するカラスを学ばねば。

植え付け時に描く収穫の絵コンテ通りに喜べたならと夢見てばかり。

そして日々忘れるべからず、うがい・手洗い。

 

★ 秋の紫を辿る。

夏ナスを頑張ってくれたナス。

秋ナスを迎えるために夏ナスの枝葉を8月中旬に切り戻しました。

秋ナスの葉と花は今のところ元気な模様。

秋ナスの紫を一所懸命に辿る子たち。

紫での所作に見惚れる秋の酷残暑。

 

★ 大航海トマト。

低速ながら7月から食せているトマト。

この、うっすら色づき始めるまでがとても長い。

うっすら色づき始めてからも長く感じる時もあれば、

うっすらトマト色からはっきりトマト色までが短く感じる時もあり。

この感覚差は何かと毎度トマトと不思議顔。

しっかりどっぷりなトマト色まで待てずに採ること多々。

砂漠化の時はほぼ無傷でしたがこのところの雨で割れ目たっぷり。

今季のミニトマトは赤と黄。(ミニの赤の写真がない…)

晩秋にかけてゆっくり終わり行くのか急に終わるのか、楽しみです。

★ マンパワーに拍手。

見守り続けたピーマンの朗報です。

4株あったうちのこの1株が息を吹き返しました!

比較のため同じ画像を7月26日投稿のこちらから再掲。

他のピーマンたちの後を追ってしまうのかどうか見守って(豪雨からは)約1か月。

今朝の姿です。

肩を落とすことも山盛りですが、拍手喝采も山盛りです。

しばらくピーマン不在だったため、再び実ってくれることに胃袋も飛び跳ねています。

踏ん張ってくれたピーマンパワー、ありがとう。

白い花のあと無事に肥っていく過程でまた拍手できますように。

★ 頑固な未練とサヨナラする朝。

7月初旬の西日本豪雨で被害はなかったものの、取るに足りない痛手はありました。

巻き返しの見込みなしと思いつつも淡い希望は捨て切れずで。

鷹の爪は3株が息吹を失ってしまいました。

ピリ辛界の重役の空席はとても重いですが仕方ありません。

未練のどでかさに毎度笑います。

所変わって垂れ茶っ茶なこちらは、

ピーマン。

晩秋まで頼りにしたかったピーマンも返り咲きの足音なく。

食感も存在感も強くチャッチャと手早く調理しやすいうえ様々に組み合わせ相性抜群の便利なピーマンの不在はとても寂しい。

持ちこたえてくれるかどうかのピーマンはこの1株のみ。

ダメな気がしてならんのは内密に。

いよいよ今日でさよならかしらと別れの挨拶もどきを繰り返す朝があと少し続きそうです。

天災や極端な異常気象は今後も続く見込みらしいですし、各作物への対策を熟考していかなくちゃなりませんね。

2019年1月から農業者のための『収入保険制度』が創設されるので、まずは制度がどんな内容なのか説明会を覗いてこようと思います。

未練ぼやき日記を閲覧くださったあとはお塩ちょいナメ、水分補給を少々、お達者でよろしくお願いします。