タグ別アーカイブ: ナナホシテントウ

★ 目的地までの道中も観光地。

ウリハムシ観光に飲み込まれ、懸命に巻き返し中の道の駅『かぼちゃの郷』。

こちらはウリハムシ観光大使のお墨付きの道の駅『ウリの島カボチャ』。

駆け出しカボチャ業界のウリハムシ灼熱バトルは畑トップレベル。

小作マネージャーは毎度ヒヤヒヤしますがね。

ウリハムシバブルで足踏みしていたカボチャ業界も負けじと青二才を送り出し、あの手この手で蔓を伸ばし花を咲かせていくことでしょう。

成果にお目にかかれるまでが辛抱。

高速道路でひとっ飛びではなく下道をのんびり走るときは目的の観光地までの道中も大切な観光地です。

農村地帯を日帰りすると痛感する、お食事処の尊さ。

「地方を元気に」とは。

ウリハムシ観光で不景気知らずなカボチャ場所より。

広告

★ いちごフェア2018。

4月末に初収穫のイチゴ場所より、いちごフェアが始まりました。

地上からはナメクジとカエルたちが「かじり忠実(まめ)」に、

上空からはムクドリとカラスが「つつき忠実(まめ)」に徹しております。

小作は彼らのおこぼれを摘み摘み。

ここで苺クイズです。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

ヒント:齧られ突かれあとは蟻がわんさかですが、蟻じゃありません。

答えはこの中継の締めで。

ドラえもんのポケットが型崩れしたようなイチゴに含み笑い。

苺の葉の上で衣替えするナミテントウにも含み笑い(右端のひっくり返りが脱皮殻)。

農友から譲り受けながら増えたイチゴたちを徐々に撤去し、只今リニューアル移行中。

昨年の夏に小作自ら選び新しく迎え入れたイチゴ苗の様子はまた改めて報告します。

アスパラとバトンタッチ。

アスパラが終わる寂しさに浸る間もなく生鮮そのまんまイチゴ、イチゴジャム、イチゴスムージーとイチゴ尽くしの日々。贅沢じゃのぉ〜。

真冬に極小あれど、1年でイチゴをいただく旬の本番はこの5月。

そんなイチゴの5月ももう後半に突入とは。

最近、『集合体恐怖症』という名前があることを知りました。

症状の強くない知人は周囲には少数ですがその都度説明されれば把握出来る症状です。イチゴなら単品でもつぶつぶ部分がダメだったりします。

畑には集合体なる光景が無数に存在するうえ、集合体写真をたくさん投稿してきたし今後も投稿していく予定なので集合体恐怖症の方には閲覧していただけないであろう当ブログ。

集合体恐怖症ではないから野良作業もできるのだな、と思えた今日この頃です。

締めは苺クイズの答えあわせを。

露地イチゴによくくっついちゃっているものとはなんでしょう?

答えは、タンポポの綿毛。

春の嵐の後は特にたくさんくっついています。

1本か少しならお洒落なんですけどね、ごっそり付いていたら含み笑い不可避なり。

以上、イチゴ中継でした。

 

★ シェアハウス苺の軒下。

1月5日のイチゴの日と1月15日のいいイチゴの日のちょうど中間なのでイチゴ中継。

シェアハウス苺の軒下で暖をとる赤い彼ら。

ニヤけてしまうほどの動員数です。

枯れ葉毛布を奪われて暖か空間を追い求めるテントウさん、鈍い動きもお早い。

そして暖を取れる空間といえば。

来週1月17日開催の水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋』のイベントページを公開しました。

https://www.facebook.com/events/121535701984129/

軒先にとどまらないシェアをいただけると幸いです。

シェアハウス苺の軒下軒先を触れば触るほど転がり出てくるテントウさん。

目尻のシワも順調により深く。

だがしか〜〜し!

ダイコンハムシ諸君!!

シェアハウス苺もゲストハウス苺も民泊苺もご遠慮いただきたく候!!!

ダイコンハムシたちの暖取りの段取りを狂わせつつ、眉毛がのびのびと八の字。

碧く輝く体色は愛しいが故に残念でございます。

眉間のシワが極まる前に暖かくして休もうぞ。

 

★ 12月にツクシ。

おや?

おやおやおや?!

君、ツクシだよね?!

どう見てもツクシなんだけど…。

おやまぁ。

ナナホシテントウと一緒に驚いた月曜日。

*ツクシにお目にかかれるのは3月。

★ 雨が恋しかった春。

灼熱続きで雨が恋しかったここ最近。

野良作業・春の山場、帰宅後バタンQ続きでお蔵入り日記も増える一方ですが、大人になりたてのテントウムシを片手いっぱいに集めてはソラマメ場所に放つ遊びも山場かな。

アップルミント広場がテントウ虫色の水玉模様で、ダブル斑点祭りです。

明日4月27日は『Yaini Rera Live &マルシェ』の開催日です(告知日記こちら)♪

ドライフルーツ以外にもお野菜を少々ですが連れて行きます♪♪

雨のおかげでゴボウもヘッドハンティングが楽ちんのはず。

雨予報が月曜日から火曜、水曜へと日々ずれていくと同時にこちらも雨に間に合わせようと力みまして。

連日深夜にしとしと降ってくれるのが理想ですが、やっと本日、恵みの雨降臨!

夏から秋までの食糧。

夏から秋、初冬までの食糧。畝にも播種しとりますのよ。

恵みの雨降臨に間に合った種蒔きあっぱれ!

ありがたき雨、ありがたき。

野良作業・春の山場はまだまだつづく♪

★ きゅうり山の日。

IMG_6902

きゅうり山の胡瓜峠で御粧しに没頭していたナナホシテントウ。

天道虫も蟻もアブラムシもウリハムシも几帳面で綺麗好き。虫の姿をした山の神様たちはお手入れ大好き。お手入れされてこそ生き生きできる山々。

IMG_6958

きゅうり山の神様たちの身繕いを見守ってきたキュウリ2016もそろそろ終しまいです、キュウリ2016のご贔屓ありがとうございました。

立秋を境に朝晩の涼しさに沿ってキュウリ山の景色も一変。

暦・気候・作物の連携に食い違いはない自然社会と何時も食い違いが溢れる人間社会、対象の妙ですね。

イチジクの目覚め時計的存在となる朝晩の冷え込みは始まりましたが、時間帯10時〜15時の暑さには参ります。もっと遠慮していただきたいです。

どんどん日が短くなるのでどうしても正午近くまで粘り気味になりがちですが、頑張って休憩を挟まないとね、と毎時間言い聞かせないと危険です。作業の手を止めることを頑張らないといけません(笑)。

お盆帰省で御実家の農作業を手伝う方もいらっしゃると思いますが、魔の時間帯10時〜15時は避けていただきたいですね。

心は無数に複雑ですが、身体と命はたった一つ。

朝晩の冷え込みからの盆風邪もひきやすい時期でもあります、体調を丁寧に扱うことを最優先に大事になさってください。

 

★ 食満から金楽寺まで。

IMG_5379

尼崎の食満(ケマ)から尼崎の金楽寺まで、寝ぼけまなこテントウムシとならどれくらいかかるかな。

IMG_5378

手のひらプレゼンター・カタツムリの無言の合図で里芋の晴れ舞台を彩ったナナホシテントウ。

収穫食ッピング限定上映『ミミズfeat.いきもの』、ゴールデングローブShow。

極上のエンターテインメントをお楽しみいただき、ありがとうございました。

IMG_5377

人情知能モチット里芋が魅惑の変身を遂げ、美味しく食していただく場となる「みんなでごはんプロジェクト〜まあるい食卓〜」9回目の開催についてはこちら(過去日記)。

ご参加、みなさんそれぞれの人情味モチっとな情報の共有ともどもよろしくお願いします。