タグ別アーカイブ: ナミアゲハ

★ 紅型平時。

山椒の若葉・木の芽を摘み摘みしていたら。

紅型ナミテントウ殿下が余裕の横並び。

紅型殿下はこちらではなくアブラムシ大国ソラマメへお連れしますぞと申しあげたら。

紅型殿下「木の芽がいいのじゃ!」

とお戻りなすった。山椒はアブラムシ零砕国。

木の芽の繁栄に貢献の紅型殿下、背も心も熱きが平時。

ナミアゲハの卵と孵化したてっ子の回避にニヤけながらの摘み摘み業務。

このナミアゲハも木の芽(真上の葉の先)を食べて成長中。

ナミテントウとナミアゲハのおかげで平時ニンマリ。

旬菜はあっという間に過ぎ去ります。木の芽が旬のこの時期に、リストランテドゥエさんでご堪能いただけますよう(詳細日記はこちら)。

広告

★ レモン色ミカン横のレモンはというと。

前回のレモン日記が5月15日更新だったので約半年ぶりのお披露目です。

今はまだレモン色なあまずっぱミカンのお隣で成長中のレモン苗は、

img_7577

このようなVの字型に伸びております。

img_7579

カジカジされている小さなレモンのカジカジ主はというと、

img_7582

映えるはミカン科王国のイモムシ民アゲハチョウ族、

img_7581

ナミアゲハちゃん。終齢への卒業式を終えたばかりで初々しい。どれだけ見慣れても目が細くなります。

img_7578

レモン色したレモンに会えるまでどれだけのナミアゲハが卒業していくのか乞うご期待。

若い果樹の成長は気長に見守りながら時折ちょっと大げさに励ましながらがなお楽しく。

img_7584

うんち扱いされ続けた青き黒歴史の卒業証書をちゃんと自己処理するナミアゲハちゃん、So Cute。

img_7585

世知辛いご時世ですが、レモンとナミアゲハの頑張りにしばしの安堵をいただいております。

越冬への旅立ちまで、たくさんの栄養うんちくをレモンに与えてくれるナミアゲハ。

ミカンとキンカンとサンショウ(木の芽)と同様、レモンもナミアゲハ栽培でございます。

★ めんこいかおりサロン。

あれよあれよと終齢ナミアゲハが続々中。

IMG_6002

木の芽のムシャりっぷりが秋季の8倍速くらい。

IMG_6004

美しい木の芽色。きれいだねぇ。かわいいねぇ。

IMG_6006

眩しそうに見えるけど実際はどうなんでしょうね。

今年の手帳の5月欄にも去年一昨年と同じく「吐く暑さ」と殴り書きました。

IMG_6012

待望のミツバエンターティンメントの新星、キアゲハ登場♪

IMG_6013

アゲハチルドレンを愛でるお楽しみは毎日。

土曜日のお楽しみとして定着しつつあるのが毎日放送ラジオ『ありがとう浜村淳です土曜日です』の映画サロンのコーナー。

きっかけは先月、地味ぃ〜な木の芽の収穫作業のお供にラジオを流しっぱなしにしていたら浜村淳さんの番組が始まり、収穫しながらなので所々聴き逃しもあったんですが「おや?これは浜村さん自身の身の上話ではなさそう…ん?」と思ったら映画の紹介だったんですね。

これが面白くて。

配給会社から怒られないのかなと心配になるほど作中の事細かな描写や台詞を話しちゃうんですよ。冒頭で「あらすじを簡単にご説明します」とはじまるんですがてんで簡単どころじゃない。

しかも、…あれ?…も、もしかして最重要事項である作品最大の見せ場をゆっちゃったよね?!今ゆーてもーたよね!ってなるんですよ。

映画サロンのコーナーは9時台にはじまって、こちらが笑ってるうちに急にピタッと終了する様も小腹が震えます(10時の時報の前後にも笑う)。

映画サロンの部分の浜村淳さんが面白くて私の中でじわじわと流行りつつあります。

きっと浜村さんの文芸映画の情景との「違い」がどれほどかを楽しむための映画紹介かと。

聴き逃す週もあるけどできれば休憩時間か静かな作業に合わせて聴けたらな〜と。

今日は映画『植物図鑑』だったんですが、冒頭でいきなりの作品名のダメ出しに笑って(“図鑑”なんてつけないといけないお堅い内容の作品じゃないんだからという意味で)、劇中にフキのことやフキ料理も出てくるんや、東北のフキ料理は“ばっけ味噌”ていうんや、最後はそういう締め括りなんや、ほぼほぼネタバレしちゃいましたね♪と笑いながらミツバとフキを収穫しました。

IMG_6014

『植物図鑑』超絶詳細紹介中に終えたフキ収穫、ほんとにタイムリー。

予定よりたくさん採れました。明日開催のイベントに提供するフキです。

フキの高級感溢れる薫りがたまりません。

IMG_6007

みなさんも笑い漂う薫りサロンな土曜日を。

★ アゲハステージ。

IMG_5963

約1ヶ月ぶりの更新ですすみません、お久しぶりです。

IMG_5897

お詫びといってはなんですが卑しの…癒しの満ち欠けが愛おしいカエルの満月姿を…。

IMG_5873

アゲハ蝶を見かけない日がなくなりました。毎日飛び交っています。

IMG_5936

続々と孵化していく夏のナミアゲハたちです(↑↓同日に撮りました)。

しっかりちゃっかり食事処と寝どころが別室なのに笑う。

IMG_5935

卵を避けながらの収穫規模が大きくなってきたので『ドゥエ』さんへの出荷も終了です。

人間さまへの木の芽<ナミアゲハへの木の芽、という優先順位。

ドゥエさんは今季は木の芽をソ◯スに変身くださっているとか(昨年はパ◯タでした)。

引き続き、旬の木の芽のご贔屓と農援をよろしくお願いします。

ナミアゲハ以外の普段見かけない蝶だと特段胸が高鳴るわけですが、木の芽収穫時にも何回か黒い蝶を目撃でき、やっとこさ写真に収めることに成功!

ブレブレですがね。

IMG_5923

オナガアゲハ、もしくはクロアゲハのどちらかちゃん。判別むずかしく。

IMG_5924

命がけの蜜食にも目を細めずにはいられまへんで…☆

ナミアゲハナミアゲハと連呼してますが、容姿でいちばん好きな蝶々はアオスジアゲハです。

IMG_3327

黒地にターコイズブルーとほんの少しの紅が粋で美しいです。

IMG_3329

アオスジアゲハの食草樹はクスノキ科なのですが、クスノキ科を調べてみて心惹かれたのは「アボカド」。アボカド栽培に貢献しているのがアオスジアゲハだとは…今後はアオスジアゲハを見たらアボカドを、アボカドを見たらアオスジアゲハを思い浮かべる日々になるのじゃな。

新しく覚えた食の知識、アオスジアゲハ栽培アボカド。

IMG_5967

ナミアゲハ栽培木の芽、彼らの立派なプリプリプリズムが山椒の肥やし。

明日水曜5月11日は『ポル☆シェ』開催日ですが、当畑はお休みします。

週違いの臨時開催時にソラマメたちの就食活動できればと思っています。

なるべく早めに告知しますんで、その際はどうぞよろしくお願いします。

★ ナミアゲハ ぷっ ぷっ ぷっ。

IMG_5859

ナミアゲハ、

IMG_5864

ぷっ。

IMG_5860

ナミアゲハ、

IMG_5865

ぷっぷっ。

IMG_5863

ミカンの新芽たちがナミアゲハのぷっぷっぷっをいただきました。

ナミアゲハ蝶二羽の乱舞も何度か見届けたので、単独で現れた際も目で追い続けていたこの数日。この前と同じナミアゲハなのかはわかりませんが、産卵の舞鑑賞後にこのぷっぷっぷっを確認できた本日です。

明日以降のたくさんのぷっぷっぷっも楽しみでなりません。

★ みのむし商店『イモムシのお顔てぬぐい』。

昨日土曜は、長時間を木の芽の収穫作業で過ごしました。

ナミアゲハチョウの乱舞を目撃してから6日経ち、同じナミアゲハだと思いたいナミアゲハチョウがまた舞っておりました。

手を止めて姿を目で追っていたら、ミカンの新芽に果敢に産卵しはじめたので急いで駆けつけて撮りました。

IMG_5789

羽模様が夏季仕様のナミアゲハチョウ。

めっちゃ喋りかけてしまう、この2〜3秒の瞬間…。

IMG_5789-0

飛び去ったあとにこの新芽をまじまじ見てみたら肝心の卵がなかったんです。

はて。

産卵姿で産卵していたはずの他の産卵地点も見てみるとやはり卵は見つからず…。

そのあとしばらく考察してみましたが、

A:早期羽化により交尾相手の雄と合流できぬままで、本能の習性によるものだった。

B:寸前で「もうちょっと伸びてる芽にしよう」と取りやめた。

C:産卵の予行演習。

D:実は雄だった。

去年は散々至近距離で産卵の瞬間を見せてくれたんですが、このナミアゲハはかなり繊細な性分だったから危機感による緊張で卵が出なかったのかなぁとか。

ナミアゲハで一喜一憂する日が来るとは。人生どう転ぶかわからなすぎて笑う。

ナミアゲハのイモムシの愛おしさに気づいた記念に去年の夏に購入した、イラストレーター・みもじさんの『イモムシのお顔てぬぐい』。

IMG_3124

当畑でもお馴染み、ニンジンとパセリと三つ葉で生き暮らすキアゲハの顔が凛々しい♪

華やかなデザインの手拭いがたくさんあるので、虫好きにはたまらんです。

【みのむし商店 http://www.minoji.net/mushi/ 】

関西の虫てぬぐいは出るのかなぁ出ないのかなぁと密かな楽しみ☆

★ 寒いから近い場所で。

ナミアゲハ観察日記後編の更新は3月中に順延します、2月中は間に合わず…(前編はこちら)。

IMG_5441

各樹木の剪定の大詰めを迎えていまして、山椒で越冬組のナミアゲハの蛹一匹に気付きました。

寒いから遠出をしなかったんでしょうか。「寒いし近場でいいや」みたいな。

IMG_5443

確認できる範囲だと小さな穴は見当たりませんが寄生蜂同居か否かはまだわかりません。

アゲハ蝶ナミアゲハの生態をナミアゲハから学んでいます。まだまだ謎だらけ。

学びといえば、子供の教育格差問題解消に取り組んでいるチャンス・フォー・チルドレンが経済的に厳しい環境下の子どもたち小学生・中学生・高校生を対象に、塾や習い事などの学校外教育サービスに利用できる勉学クーポンを提供されています。クーポンは西日本と東日本大震災の被災児童向けの二つあり、西日本クーポンの申し込み締め切りが今週3月4日(金)必着です。

公益社団法人Chance for Children http://cfc.or.jp

西日本クーポン利用者募集要項 http://coupon.cfc.or.jp/parentchild/west/

東日本大震災被災児クーポン利用者募集要項 http://coupon.cfc.or.jp/parentchild/east/

勉学クーポンなら残念な大人が押領したり残念な大人に横領されたりを避けやすそうですね。

あと、中退者や不登校の学習支援をするTOB塾(とぶじゅく)が、児童や学生向けの辞書・図鑑・問題集などの学習図書の寄付を募っています。活動拠点は兵庫県西宮市で、尼崎市へも出張塾を展開中とのことです。

TOB塾(とぶじゅく)-新しいスタートを応援する個別学習塾- http://tob.new-look.jp

こういうのがあるらしいよ、と話題に出すことでどこかしらで情報を必要としている人の耳に入るとええな、という会話が枝分かれとともに良い方向に伸びていって欲しいなと思います。

IMG_5444

ちなみに山椒の新芽はこんな感じです。これから木の芽となる若者たち。

ナミアゲハが生まれ育ち暮らす場所。