タグ別アーカイブ: ヌマガエル

★ 竹チップを試す夏秋野菜。

やっと雨が降ってくれました!

殿様蛙や沼蛙たちとの雨乞い叶い、待ちに待った夜の雨に歓喜です。

更新が滞っていましたが夏秋野菜の作付けを励んでおります。

毎春のように竹刈りさせていただいる農友さんから、竹チップをいただきました。

この5月に篠山市から丹波篠山市へ改名した、丹波篠山産の竹チップです。

竹の粉砕機をレンタルして作ったとのことで、米袋一袋分もいただきました。

竹は「とても強い」ため、量に気をつけねばなりません。

農友さんの使用具合を参考にしたかったのですが、畝に撒いていた様子が適当だったため参考にならず(笑)。

私も私なりに適量だと思う少量を野菜畝に投入してみました。

試すと言っても今回限りが濃厚ですし、昨今の気象条件だと効果の比較はできそうにないので、夏秋野菜の栄養になればいいなという気持ちです。

まだまだ気温の寒暖差が大きいので体調管理は過保護気味がいいかもしれませんね。

★ 白い花咲く沼から暗闇シェア。

あの金柑たちの今。

正確には今から一週間ほど前の様子。

枝葉を多めに残していた金柑が芳香豊かな白い花を咲かせました。

もう一本の若芽ぐんぐん伸び盛りな金柑と違い、若芽は音沙汰なしだったので胸を撫で下ろしました。

そして若芽ぐんぐん伸び盛りな金柑には、

羽化に困難を極まったであろうクマゼミが2日ほど閑かに抱きつかれていました。

クマゼミ奥の葉と左端の葉にいるナミアゲハの卵、孵化日が近い色です。

ちょうど今は葉をカジカジもぐもぐしていることでしょう。

せっかく地上に出てこられたのにね、ちょっと切ない。

枝葉を目一杯取り除いた金柑は一所懸命に若芽を伸ばし、枝葉を残し気味にした金柑は目一杯花を咲かせました。

大きな橙色になるまであと半年ほど。楽しみです。

近畿地方の8月20日頃までの暑さ予報が発表されましたね。

予報とはいえ大注目の情報です。

「(関西の)お盆頃までは例年より暑い酷暑が続き、お盆を過ぎてからは暑さが和らぐ」らしいです。

ふむ…。毎年、お盆以降は暑さ和らぐ予報ですけどね(笑)。

熱帯夜地獄への警戒は緩みません。

動きがあるのは上階だけにとどまらず。

ヌマガエル「砂漠化しちゃう。潤いおくれ」

へい、かしこまりやした。

水と遊べば出てくる出てくる沼財閥。

移植の際はしっかり土壌を敷き詰めたのにね。

沼蛙&ヌマガエル「今日も水道民営化に沼意見ぶちまけるで!」

沼財閥のヌルっとした躍進の背後に広がる闇深きものとは。

白い花咲き散る金柑とその根底手前からお届けしました。