タグ別アーカイブ: ハコベラ

★ 畑で七草探して七草粥を食そう会2017。

お天気予報が怪しかった1月7日土曜日、天晴れな晴天をいただき、また新たな『畑で七草探して七草粥を食そう会2017』の体験と思い出が誕生いたしました。

集まった七草探索家さんたちと採集できた七草は、

img_8198

スズシロ(大根/Japanese radish)、

img_8200

スズナ(蕪/turnip)、

img_8201

ゴギョウ(cottonweed)、

img_8199

セリ科のニンジン(芹/Japanese parsleyの代用です)、

img_8203

ハコベラ(ハコベ/chickweed)、

img_8204

ホトケノザ(仏座/Lamium amplexicaule)。

現代のホトケノザで代用です。キク科のタビラコは黄色い花です。タビラコ(田平子)を辞書で引くと「キュウリグサのこと」とあり、キュウリグサを調べるとムラサキ科だし花の色も極淡い水色と紫色なんですね。…うむ。やや、ややこしき(笑)。

なんとも言えぬ切なさに似た歯がゆさの残響が抜群に楽しい七草探し、七草探索家としての柔軟性も試される場でもあります。

その年に揃う七草をいただくのが当畑での七草基本姿勢です。

今季は草たちが暖冬で青々と輝いておりましたが、極寒の年には茶茶茶の茶で緑色の草があるかないかの場合もありますもんね(冬なので極寒でないといけないのですが…笑)。

七草探し中、ミミズの糞塊である陶芸作品の鑑賞に盛り上がったり、土壌の痛快話に爆笑したり。もちろん農的話以外でも談笑続きっぱなしの中、七草粥を盛り盛りいただきました♪

img_8210

七草たっぷり過ぎる七草粥2017。

img_8212

タンポポの花やホトケノザの花も散らし、名前存じませんが系の可愛い花や葉をそれぞれの感性で七草粥に添えたり散らしたり。

img_8213

七草粥「♪♪〜どんより溜まった身体の疲れや余分な毒素よさようなら〜♪♪」

大根、蕪、人参のおかげか食事感濃き七草粥となりました♪

img_8214

七草粥のあとは薫り高きお香茶をいただきました。

ミカンの葉、アップルミント少々、ローズマリー極少々のお香茶を、ビワの花に注がれてなんとも気品ある風味漂うお時間。

なんと贅沢なっ!と、あの雑多な畑で過ごすひととき、最高なり(笑)。よく笑いあったので締めは喉への労りキンカン。探索土産はあまあっまミカン。

七草探しの愉快さはやはり探索現場でしか味わえませぬ♪

掴み採られ引っこ抜かれた七草たちだけでなく、畑の作物みんなが耳を澄ましニヤニヤできる時間をいただきまして幸高き。

参加くださった七草探索家のみなさん、ぬくぬくな大笑いをありがうございました!

さて肝心のナズナ(薺/shepherd’s purse、俗称ぺんぺん草)ですが…。今年も不確か過ぎて断念となり、同じアブラナ科の白菜を代用しました。

img_8216

ナズナは春夏によく見るし草刈りでもたくさん刈っているのでどこかしらにいるはずなのですが、根元付近の葉の形を覚えとかねば…と、七草探しの度に呟いているという(笑えない笑)。

こ、今夏こそ、ナズナの葉の存在アリ!という報告をしたいなと白菜を見つめて思う七草探し解散後でございやした。

旧暦なら春の七草が難なく揃うところを、寒さに磨きがかかる1月7日に七草揃えられたことに天晴れ!です☆

広告