タグ別アーカイブ: ハーブ

★ ドクダミの花の焼酎漬けを仕込む。

庭も畑もドクダミの海になるので通常なら全て刈りとる(除草)だけですが、今季は開花を待ちに待ちました。

今年こそドクダミの花の焼酎漬けを作りたい!という意気込みと、雨後の水やり省略日と、ドクダミ咲き始めのタイミングが重なった21日火曜。

咲ききる直前の白頭巾を中心に摘み取りました。

ツクシと同じく、求めるは若さ。

若々しい花が多いのは日陰なのですが、日陰は蚊も元気いっぱい。

咲き始めたばかりだったので収穫量はこれだけでした。

蚊が好むと言われている足の常在菌を抑えるため、足裏から膝あたりまで念入りに洗ってから収穫に挑んだのですが、がっつり大量の蚊から襲撃をくらいました。

ドクダミの花の焼酎漬けは虫刺されに効いて美容効果もあるとのことで、現在使用中のビワの葉の焼酎漬けとの効力の差を試すことができます。

暖冬のおかげか今春は3月後半から夜中2時〜3時頃に蚊に起こされる日々が続いています。

蚊の出現が早過ぎて辛い春だった…。

玄関に出入りする際、取り巻きの蚊を追い払う空振りダンスも無力三昧。

蚊が好む常在菌研究の発展を待つ間は巷で噂の薬草を試していきます。

半端に残っていた「奄美黒砂糖 焼酎 高倉(アルコール分30度)」瓶に投入。

煮沸消毒瓶を用意する手間が省けます。

ドクダミはこれから咲き誇ってくれるので、野良作業の合間にこんな感じで眠っている半端酒瓶に詰めていこうと思います(どれだけ実行できるかは怪しい)。

効用がいかほどか、楽しみです!

広告

★ 雨が恋しかった春。

灼熱続きで雨が恋しかったここ最近。

野良作業・春の山場、帰宅後バタンQ続きでお蔵入り日記も増える一方ですが、大人になりたてのテントウムシを片手いっぱいに集めてはソラマメ場所に放つ遊びも山場かな。

アップルミント広場がテントウ虫色の水玉模様で、ダブル斑点祭りです。

明日4月27日は『Yaini Rera Live &マルシェ』の開催日です(告知日記こちら)♪

ドライフルーツ以外にもお野菜を少々ですが連れて行きます♪♪

雨のおかげでゴボウもヘッドハンティングが楽ちんのはず。

雨予報が月曜日から火曜、水曜へと日々ずれていくと同時にこちらも雨に間に合わせようと力みまして。

連日深夜にしとしと降ってくれるのが理想ですが、やっと本日、恵みの雨降臨!

夏から秋までの食糧。

夏から秋、初冬までの食糧。畝にも播種しとりますのよ。

恵みの雨降臨に間に合った種蒔きあっぱれ!

ありがたき雨、ありがたき。

野良作業・春の山場はまだまだつづく♪

★ ドライハーブ ~ ペパーミント ~。

IMG_6710

〜テルってる畑。ドライハーブ史 ペパーミントの巻〜

IMG_6728

ポプリに最適な状態、出来上がりの様子です。

IMG_6732

フードプロッセサーで細かくしました。

IMG_6735

さらにすり鉢で細かく。

IMG_6739

スプーン上がフードプロッセサー止まりで、背景一面がすり鉢粉砕分です。

アイスクリーム、生クリーム、アイスキューブ、マヨネーズ、塩やオイルなど調味料に、洋菓子和菓子、パン、など混ぜ込む用途は広いです。爽やか系サラダに散らしたり、お気に入りの紅茶と混ぜて楽しむのも良いかと。

IMG_6738

フードプロッセサー止まり分をペパーミントティーでいただきました。

(生葉を飾ってちょびっとの洒落っ気を演出する気力ゼロでした)

過去に生茶で飲んだのは一体何だったんだと思えたほどハッカ味がしっかり出ています(生茶の記憶が薄いんじゃなくて味が薄かった記憶はとても濃い)。

ペパーミントの薬効は「殺菌・麻酔作用があり、歯痛、消化不良、風邪などに効く(効きやすい、が正しいかと笑)」

なので、すり鉢分で歯磨きを実践したところ、青海苔で磨いている気分でした。ただし香りがものすごく清涼感があるので、青海苔…みたいなペパーミントをしっかり落とすために丁寧な歯磨きを心がけることができそう!という感想が印象良さげかな。

歯磨き用はすり鉢で終わらず、乳鉢仕上げがやはり必要な手応えです(歯ブラシに付く青海苔…みたいなペパーミントを取り除くのが大変なのは難点すぎますし衛生上良くない)。

夏季の内職には手厳しい作業かな。理想は秋冬に仕込みたいところ。

試してみる前から予想していたことが予想どおりなことと、試してみて予想以上にわかったことがペパーミント回でも多数実感できたので、とりあえずあっぱれでございます。

IMG_6740

濃厚ペパーミントティーを飲みながら、

建前さん「夏風邪予防だぜ♪ふんふふ〜ん♪」

本音さん「あの量の葉っぱでこれだけの仕上がり量か…ふーむ・むむむ」

となった雨の日です。

(ご注意:ペパーミントは効用・刺激が強いため、妊婦さんや授乳中の方は飲用は避けて下さいね)

〜ドライハーブ史 次回へつづく〜