タグ別アーカイブ: ヒトリモドキガ科

★ イチジクヒトリモドキ2019。

9月5日の朝、収穫1本目のイチジクに姿を現しました。

イチジクヒトリモドキ芋虫(蛾)。

ウジャジャウッジャ光景は省略します。

イチジクの葉を一所懸命食べ続けて、大人の葉階段を威勢良く降りたり上ったりする快活なイチジクヒトリモドキ。

様々な芋虫と対面できますが、イチジクヒトリモドキにはまだ好意を抱けません。

好きじゃない理由は幼いくせに生意気で反抗的で機敏だからです。

仲間への危険伝達もお早いので恐れ入る。

2019年度のイチジクヒトリモドキ出現記念日となりました。

1本目でウジャっていたので、収穫作業の動作が不審者に。

葉への注視の体力燃焼でバタンQでした。

本日の彼らのウジャはこの1本だけで他は見当たらず(=気付くことができず)。

「キボシカミキリばかりに気を取られてるんじゃねえぞ」

そうそう、あなたたちもイチジクっ子ですもんね〜。

広告

★ 台風24号の接近につき。

週末の台風24号の接近につき、またしてもイチジクサロン(イチジク狩)の開催予定日が遠のいてしまいました。

週明けからの天候が舵取り最後の様子見になりそうです。

引き続き、心折れないよう動揺抑圧に努めます。

良きお知らせもあります!

約一ヶ月ぶりに、パティスリーアトリエタケさんでイチジクスイーツが登場します!

3週連続の出荷お休みに終止符を打てました。

この安堵に背筋も伸びます。

タケさんスイーツ・秋イチジクの逸品を堪能していただけますよう。

イチジクスイーツといっても一味違うイチジクスイーツのほやほやなお話。

小作がさ、僕に言うの。

ぼーっと生きてないで、彼らを食べておくれと僕に言うの。

イチジクヒトリモドキ(蛾の幼虫)を食べておくれよと言うの。

 

僕にだって好き嫌いあるんです。

全力で不貞腐れたら、小作はぶつくさ言いながら彼らをぶちぶち潰しました。

小作を見習って台風が怠惰してくれたらいいな。

週末もこうして静かにイチジクで揺れていたいの。

★ イチジクヒトリモドキ 成虫。

こちらはこれっぽっちもワクワクしない『湧く枠祭り』が開催されるイチジクの葉のイチジクヒトリモドキ幼虫のワクワク賑わっている様子は今まで幾度か投稿してきました。

成虫を見かける瞬間もありましたが素早い逃避行の連続で今まで姿を撮らえることができずでいましたが、数日前に写真を撮ることができました。

IMG_6656

ミカンの樹沿いのネットに一時停止していたイチジクヒトリモドキ。

どちらかというとミカン、キンカン、ビワ類を彷彿とさせる色味デザインかな。

『湧く枠祭り』2期決定を知らされた気分…。

写真を撮れたがために今回も捕獲し損ねたので後悔しました。

この時期に見かけるカマキリたちはまだ5センチあるかないかなので成虫イチジクヒトリモドキを狩るのは少し困難なのかな。真面目にカマキリに訊きたいところです。

一夜明け、成虫イチジクヒトリモドキが憩っていた場所には、

IMG_6668

セミが卒業しておりました。

雨のたびに鳴き声の騒音量が高まっていきますね。

★ イチジクヒトリモドキ2016。

IMG_6402

セマダラコガネ「モドキが湧いてるで」

IMG_6397

イチジクヒトリモドキ「湧いたんはちょっと前やしな」

IMG_6416

イチジクヒトリモドキ「湧いたんはだいぶ前やで」

何年経っても、うわぁぁぁ〜と身の毛がよだちます。うっじゃぁ〜な孵化後まもない湧きまくりな毛虫画像大好きな方は前身ブログをご覧ください☆

IMG_6401

イチジクヒトリモドキ&小作人「食べてみる?」(主様の目の前に落としてみたら…)

IMG_6403

イチジクヒトリモドキ&小作人「おいコラ」

IMG_6417

密集せず、かなりゆとりをもった卵の配列を発見。これぞ真のゆとり世代。

イチジクヒトリモドキを取り除くのに約3日かかります。1日目は一本一本くまなく探し回って、残り2日は見逃し&取り残しを探し回り(こちらの気配を察知して素早く葉の裏へ隠れるので)。彼らはすべて水を張ったバケツに投入(糸で這い上がってくる強者もいるので逃亡も見逃さぬよう)。

薬剤を未使用だとイチジクヒトリモドキにもこうしてお目にかかれます。会うたびに全身が痒くなるお相手です。

葉を食べるだけなので放っておく手もあるんですが、日よけ作業帽子のツバに乗っかってウニョウニョした影に気づいた瞬間からの全身毛虫じゃら感覚な過去の体験以来、放っておかずに溺死策を採用しています。

IMG_6396

なんせ主様は食べてくれないもんだから。

イチジクヒトリモドキとともにゾワゾワしまくりの週後半でした。