タグ別アーカイブ: マメ科

★ イマソラ。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメ。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメの花。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメの横顔。

#イマソラ

今もなお空を仰いでいるソラマメ。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメの立ち姿。

#イマソラ

今にも春の嵐が来そうな予感に押し倒されそうだったのに無事にやり過ごした約一週間前のソラマメと、春の嵐に揉まれた約一週間前のソラマメ。

#イマソラ

今のソラマメ場所には竹支柱が打ち込まれ、ビニール紐も張られ、ようやく訪れた春の安寧。

★ 地味に続く、畑で食ッピング。

img_7877

春にいただく予定の越冬野菜、えんどう豆の様子です。

img_7879

そして地味に続く畑での食ッピングの様子がこちら。

img_7881

ミカンは枝から切り離してからの小さなひと工夫が大切なことをはじめ、幾つかの注意事項を健気に守りながら、工作用じゃないハサミで丁寧に摘み採る小さな未来の大人たち、いと尊し。

img_7885

ミカン狩りの後はニンジンの収穫、里芋の収穫と所変われば何とやら。小さき未来の大人だって立派に興味の深さ浅さ、モノ・コトへの好き苦手がちゃんとある様が面白く。それぞれの集中力をそれぞれの場所でいかんなく発揮。

楽しげな会話を耳にしながら賑やかに収穫されていったあまずっぱミカン、里芋、人参たちの果報に満面の笑みをいただきました。

img_7878

たくましいえんどう豆3苗と小さなえんどう豆2苗がこの日の食ッピング御一行と様子が重なったり。

ミカン選抜時のミカンたちのざわざわそわそわ感、掘り起こしたホヤホヤの里芋根っこたちのドヤァ感、人参たちの長き雨との経歴跡の激しくも憂あるしとやかっぷり…。

普段、小作人が畑のあちらこちらで淡々と魅せつけられるエンターテイメントを一緒に共有いただく畑での食ッピングは地味ぃ〜に地味に、とてつもなく地味に続いております♪

遠路はるばる県外からもお越しいただいた小さな&大きな農援者さん、食ッピングありがとうございました! 畑一同、次回を楽しみにしております♪

★ 夜盗の駆けつけ警護があったなら。

img_7812

エビちっくなソラマメ、真面目に必死。

img_7811

夜盗虫に狙われるソラマメたちを駆けつけ警護したい心情も常套句。

img_7818

「駆けつけ警護」という言葉を聞いて、家庭内暴力現場に駆けつけたり、校内外の卑劣な集団暴行現場に駆けつける専門警護職系が真っ先によぎり、ついに大きな救いの小さき根回しが大々的に始動かと心震えましたが…だいぶと違った「駆けつけ警護」でございました。

畑の中でなら、夜盗虫たちの駆けつけ警護があったならどんなに心情穏やかかと思う次第。

img_7813

どれだけ待ちくたびれても退屈死しない夜盗虫たちが舞い狂う戦地へ送り出されるソラマメたちの無事を祈りつつ。

 

★ 四角豆。

四角豆の栽培は初回ではないのですが、そういえばこうして書いていませんでした。

IMG_6788

今はまだ収穫も少量ですが、これから勢いよく採れだすことでしょう。

IMG_6789

四角豆の花。豆族らしい可憐っぷり。

IMG_6790

実り始めると終わるのが早い印象の四角豆。別名はうりずん豆。

尼崎と周辺地域は沖縄県・九州出身の方が多いので四角豆は珍しくないかもしれません。と思ってしまうのも、こちらが四角豆の話をすると積極的に食べ方をああしてこうしてと教えてくださる方が少なくない体験を経てのことでして。

ほんのわずかなほろ苦さがウリなんでしょうね。

IMG_6787

梅雨明け発表後も雑草は相変わらず元気ハツラツ&活気神々しい。

わしと一緒に暑さでバテよう!元気なくそう!と雑草に言い聞かせているけど聞く耳なし。

雑草がバテないことにバテる。

そんなわけで四角豆のお手上げちっくな一枚で締める四角豆お初日記。

★ 憧れから永遠の楽しみへ。

ソラマメ中継。

IMG_6049

ソラマメの花言葉は「憧れ」、「永遠の楽しみ」。

IMG_6050

今季ソラマメの花の姿を撮り逃がしましたが、ソラマメの花と同じくアブラムシたちにも熱い視線を向けた目で愛で鑑賞はじゅうぶん楽しみました。

IMG_6071

大判小判の格差すさまじく。ええ薫りじゃの〜♪

美味しく食べられる上質なモファモファ純白布団(産地偽装なんぞとはご縁なし)の可愛らしさも健在で何より。

たまにまっ茶っ茶になっちゃったのもいたり。

IMG_6072

この収穫量はちょうどいい感じ。

日によってこれの3倍だったり半分だったり、真にまちまち。

IMG_6051

幼少期によく観ていたアニメシリーズ『ハウス食品〜世界名作劇場〜』の影響で食材を自分でこしらえる暮らし(自給力)への憧れが今やほぼ永遠の楽しみとなりつつあります。

栽培・収穫・食すというお楽しみはほんの一握りで、芯から震えるお楽しみは栽培・収穫・食す以外の至るところにたくさんあるという部分が特段痛快。

憧れにとどまらず永遠の楽しみにあたる部分を写真と文字で伝えられる術を絶賛模索中。

といいつつ、画面をこすったら薫りが伝わる技術はまだかな明日発売かなと待望中。

IMG_6052

ソラマメ「からだにピース」

ソラマメ中継でした。