タグ別アーカイブ: マメ科

★ Pの波動。

ゆっくりと茂り、黄色い花を咲かせてくれたピーナッツ。

肥る予定の莢をつける柄もこの通り伸びてくれています。

雨で土壌が緩くなるので潜りやすいでしょうね。

何時の降雨もいい塩梅で終えて欲しいと願うばかり。

あっという間に咲き終わるピーナッツの花、今季は愛でる余裕を持てました。

広告

★ ピーナッツ帽。

自生組を見逃さぬよう、足元要注意の春を経て。

昨年のこぼれピーナッツが出てきてくれました。

豆科一年生のピーナッツ帽コントの愛おしさといったら。

舞台演出の構成には汗だくでしたが。

写真1&2枚目の子も殻帽を脱ぎ捨て、第2幕へと進めそうです。

月曜夜から火曜明け方の降雨のおかげでこの通り全体が潤い、この数日は水やり省けてとても楽ちん。

次の楽ちん、いつかしら。

★ 懇切丁寧。

この酷暑でも花盛りのピーナッツたち。

この子はキンケハラナガツチバチかな?

ツチバチの仲間までは辿り着きましたが同定できず。

花の扱いが丁寧です。

丁寧に扱われているピーナッツ内部。

こちらは粗雑に拝見しているというのに。

ひと花ひと花に懇切丁寧です。

ポケット図鑑『日本の昆虫1400 -2-(文一総合出版)』によれば「ツチバチは巣を作らず、地面に潜ってコガネムシ類の幼虫に産卵する」とあります。

ツチバチはコガネムシ類の幼虫に産卵する!

コガネムシたちには別口で懇切丁寧とは恐れ入る。

懇切丁寧も内容が様々ですね。

懇切丁寧なツチバチに懇切丁寧でありたい気持ちが芽生えました。

★ 茶豆、とってもお茶感。

今季初栽培のエダマメ『茶豆』が無事に膨らんでくれました。

ぺしゃんこもいて膨らみ大小あるけど十分です。

進路迷走型の台風12号到来直前の土曜28日に全株を収穫しました。

湯でればお茶の香りが充満。

中の実は一般的な枝豆より緑の彩度がやや落ちた色です。

食べだすと止まらないのは枝豆と同じですが、風味が全然違いますね。

とってもお茶感。

さすが茶豆と呼ばれるだけありますね。

枝豆と茶豆の違いをあえて例えてみると。

枝豆はボーリング、茶豆はビリヤード。

どうでしょうか。

実りは小さく少量でしたが、夏のデザートをつまめて幸せです。

茶豆も鮮度抜群で食べることができる贅沢に救われながら、傾いたり倒れたりの野菜とイチジクたちの修復作業に励む月曜日。

★ 茶豆。

ダイズ栽培が続いたこともあって長らく枝豆から離れていましたが、今年は枝豆気分が浮上したので「茶豆」を育ててみることにしました。

茶豆は枝豆と風味が違うので、無事に実ってくれれば採れたてが味わえるはず。

先週の週末、雨上がりで土が重たいなか農援者さんが茶豆場所の草引き草取り草刈り(呼び名に迷います)を手伝っていただきました、ありがとうございました。

雑草ボーボー包囲網で同化していたのが丸刈りすっきりで写真も撮りやすく♪

白い花がたくさん咲き誇っていた様子を想像下さい。

可憐な顔がしっかりお豆さんですね。

茶豆をはじめ、この豪雨暴風でドミノ倒しになっている想像ばかり捗る生唾重い木曜日。

まる一日大荒れ予報、くれぐれもお気をつけて。

★ ジュジュジュッジュッ。

昨日お伝えしたかったんですが…、蝉の生声が響きました!

6月30日がクマゼミ2018のジュッジュ記念日に。

ピーナッツの花に添えたい話題は、祝!蝉の鳴き声。

ただの蝉の鳴き声なんですが、なんせジュジュジュ並みの尊さです。

ジュジュジュジュジュッジュッ文月さんこんにちは。

★ 高度プロフェッショナル成果。

お喋り大好き夏ダイコンたち、シロツメクサを巻き込んでの語らい。

こちらでは人間界で今話題の「高度プロフェッショナル制度」についての語らい。

幼くとも辛口がお得意の大根役者たち。

たくさんの語らいがあればこその実り。

豊かな心根のために語らい尽くす辛口ダイコン場所より。