タグ別アーカイブ: ミカン科

★ 劇団キンカンのアンコール上映。

約1ヶ月ぶりの金柑速報です。

青二才だった劇団員たちがようやく表舞台へ立てる日を迎えます。

ハレバレさんにて明日24日(土)より就食上映、10時開演です!

彼らが熟考を重ねてきた物語は就食先の農援者さんの喉元へ運ばれる過程と喉から胃世界へ流れ行く過程によって目まぐるしく展開していきます。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側 定休:月・火・祝日

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

三寒四温と潤滑に付き合えるか否かの劇団キンカンをこの機会にお迎えいただきたく。

激動のキンカン大局を体感ください。

農援食ッピングよろしくお願いいたします。

広告

★ 間一髪のゴールデン劇場。

今季の金柑はいつ頃まで食ッピングできそうですか?

と、金柑大好きな農援者さんからご質問をいただきました。

時期としては青い金柑たちもまだ多い頃合いで、これから徐々に熟す子が増えます。

おおよその予想になっちゃいますが、1月下旬〜2月中旬頃が収穫のピークかもしれません。

気にかけてくださり嬉しい限りです、ありがとうございます!

再三のお話になりますが、金柑の告知や紹介時によく「選び抜かれた子なんだぜ!」感を強く出してしまう理由がこちらっ。

(手で押し当てているように見えるかもしれませんが、金柑に焦点を合わせるための演出です)

ドキドキ・ド緊張の瞬間です。

どのへんがかと言うと。

あっあっあ〜♪ トゲ刺さらずのお宝大当たり!の瞬間。

トゲ先が濃い橙色で金柑と同化気味ですが、まさに間一髪。

ヒヤヒヤしっ放しだったであろう金柑の生き様、実にゴールデン劇場。

つんつるてんの無傷っ子は10粒のうち1粒あるかないかといったところ。

選ばれし金柑たちよ!と一粒ごとに声をかけずにはいられません。

それとこの3粒の金柑たち、見ていただきたい部分がボヤけて分かりづらいかもですが、

小さな小さな褐色の点がトゲトゲの打撃痕です。

このトゲ点が裸眼で見えなくなったら就食活動の引退時ですね(笑)。

こちらは小柄な野鳥ごっつぁん痕。

枝やトゲにあてがい、落下させぬまま突いた上級者はジョウビタキかな?

そしていつも悩むこの手の痕跡。

野鳥がこれだけの回数で突いたのならよくぞ落ちずにいたねと感心するし、

懸命に突かれている金柑の近くだったため枝揺れにより繰り返しトゲトゲ衝撃を食らったのなら、それもまたよくぞ落ちずにいたなと感心します。

痕跡めざましい金柑たちはさておき、間一髪の金柑たちをお手元に迎えていただいた際は今回の上から2枚目の写真を思い浮かべていただけたら、ニマニマゴールデン劇場の後援者として幸いであります。

★ 春隣、アクション金柑Days。

昨日はまる1日雨の新月でしたが本日の予報は快晴のようですね。

種まき最適期である満月と新月とその前後は雨模様が多い気がするとしつこく話していますが、やはり雨がよく降る印象が続いております。

雨上がりの金柑場所ももう春の匂いが漂いまして。

春の匂いに包まれつつある金柑の1月のお知らせです。

今週末の1月20日の土曜に、尼崎の道の駅的存在の「ナチュラルマルシェ ハレバレ」さんに襟を正して並びます。

和やか過ぎる摘み摘み選別お受験を経て、体格も大中小入り混じるであろう金柑たちです。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側 定休:月・火・祝日

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

風邪予防には念入りなうがい・手洗いが最強ですが、日々酷使されるであろう喉元への労りご褒美に、春隣の金柑を目一杯ご活用いただけたなら幸いです。

★ 生きる道、生きた道。

野鳥の生きる道。

セミが生きた道。

金柑が魅せる景色、本日も愉快なり。

平穏無事の冬至を過ごされていますよう。

★ 暮れによし、明けによし、喉によし。

間近でまじマジ観察し続けると見えてくる、蜘蛛の巣の美しさ。

間近でまじマジ観察が楽しくて癖になると思い知らされる、張り主の尊さ。

気持ち悪がっていた時代がいと懐かし。

目を細めたまま金柑の嬉しいお知らせを。

尼崎の道の駅的存在の「ナチュラルマルシェ ハレバレ」さんで今季も金柑をお取り扱いいただけることになりました。

来週12月23日(土)に出荷・販売予定です。

忘年会でお疲れ気味のままクリスマスから年末年始に向け、喉元を酷使する機会の連続かと。

ぜひとも金柑の自然の恵み・労わりの潤いパワーをご活用いただきたく♪

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

定休:月・火・祝日

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

金柑が元気だからこそのミカンハモグリガも元気ハツラツ。

地上の漁師・蜘蛛を応援する理由も日々、増幅の一途なり。

★ 12月のみんなでごはんピロジェクト~まあるい食卓~&「子ども食堂の今 in 尼崎フォーラム」。

大の大人たちで押しくらミカンまんじゅう。

12月開催の「まあるい食卓」にはミカンを食材提供します。

出来立て熱々のお味噌汁と炊き立てほやほやのごはんを必要とする子どもたちが参加出来る場作りを、一緒にお昼ご飯を食べることで支えていただけますよう。

情報発信支援も強大ですのでイベントの噂話もよろしくお願いします!

《 第31回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

12月17日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

まあるい食卓Facebookページ https://www.facebook.com/events/522612464771900/

それと、まあるい食卓開催前日に関連のフォーラムが開催されます。

尼崎市が把握していた市内の子ども食堂の数は2017年はじめは7カ所だったのが同年9月時点で約30カ所と増加の一途だそうです。

フォーラムではまあるい食卓スタッフもパネル討論に登壇します。各運営団体の活動状況や課題などを共有できる機会なので気になる方はぜひご参加下さい。

子ども食堂の今 in 尼崎】12月16日(土) 13:30~16:00、会場は園田学院女子大学2号館(尼崎市南塚口町7)、参加費は資料代の300円、事前申し込み不要、会場全体での意見交換あり

「大の大人がぬくぬくと暖を取っている場合やないで」

ミナミアオカメムシも勢いよく解散した残り香たくましいミカン場所。

 

★ ポル☆シェ芦屋 61ポル。

収穫時はミカンの木陰の冷ややかさから一刻も早く離脱したく素早くチョキンコチョキンコしたいところですが、野鳥立憲お笑い党のかじりポスターミカンのおかげでどうしても頻繁に手を止めてしまいます。

昨日12月13日水曜日は「ビタミンの日」でもあり、たこ焼き屋Barポルポさんの夕市~夜市『ポル☆シェ芦屋』開催の日でありました。

61ポルの出店メンバーは、

ミツバチをこよなく愛するんだけどミツバチ以外の昆虫はめっぽう苦手な真山養蜂場さん、

大消費社会から外れたり外れつつの果菜の発掘と流通を極める京都の八百屋・有頂天晴果さん、

台湾の食べるお茶・擂茶(れいちゃ)の新作も大人気な擂茶専門伝道師の松茶商店さん、

クリスマス色溢れる天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさん。ムツさんはインスタで写真投稿を更新中ですのでぜひ覗き見ください☆

パン屋、ハチミツ屋、八百屋、お茶屋、そして当畑・ミカン屋の合計5組でした。

今回も出店の様子と開催風景の写真を撮るタイミングを逃してしまいましたが、芦屋市が絶賛キャンペーン中のハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」(2017年10月~2018年3月初旬までの期間限定企画)を検索くださると農援者さんによるポル☆シェ芦屋の様子をご覧いただけるかもしれません。

寒空の下でも足を運んでくださる農援者さんに恵まれているポル☆シェ芦屋です。

手足鼻先凍える中、たくさんの食ッピングをありがとうございました!

農援者さんの食ッピングや噂話(=口コミ)に支えられ、出店仲間に恵まれ、ポルポさんの寛容さに甘え続け、小作人は贅沢病のまま、62ポルへと進みます。

次回は第2水曜じゃなくて第3水曜日に開催やで!!と大きく念押しをくださった野鳥のように、1月のポル☆シェ印は17日にぐるぐるとつけていただけますよう。

次回ポル☆シェ芦屋、2018年幕開けの第62回は1月17日(水)に開催です!

出店風景が0枚なので61ポル戦利品のお披露目を。

左から右に、

松茶商店さんの擂茶小袋パックは、暮れの元気なご挨拶に丁度良い逸品なので♪

レモンや柚子などの柑橘類の蜂蜜漬けに最適最良な真山養蜂場さんの「初夏の蜜」、真山兄貴曰く、レモンも柚子も漬け込んでから約1週間ほどで取り出すと余分な皮の渋みうつりを回避できるとのことです♪

有頂天晴果さんの今回のイチオシ、『ニューヨーク生まれの津軽育ち 青森特産 津軽ぶどう スチューベン』。………地名がとっても騒がしいブドウちゃん面白すぎる。帰り間際に忙しなく食ッピングしたのでパッケージを帰宅後によく見たら「ん?」という展開で、その場で西川くんに突っ込めなかったのがスチューベンへの悔やみどころ。種があるけど通常のブドウの食べ方とは少し違うところも面白いですね。

下敷きはポル☆シェとは関係がないのですが、数少ない手ぬぐいコレクションに新たに迎えた山口県豊北町の「豊北梨」手ぬぐいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報発信しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと各出店者のリンク先です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆