タグ別アーカイブ: ミカン科

★ ミカンが教えてくれること 、幸せのハイタッチ。

今季はミカンの収量が極小なため早くの終了を予想しておりましたが…。

12月中旬までに終わりそうです。

10キロ20キロのご注文を3キロ~5キロ内にお願いせざるをえない状況なのでミカンがイチジクに重なってしまいます。

芦屋のたこ焼き屋Barポルポさんの水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋』第61回目のイベントページを公開中!正月事始めの日の12月13日に開催です。

ポルポ広場の空間環境がほんの少し変化したので、毎月定番の出店者がほぼ揃っての回は今回が最後になるかもしれません。

次回開催以降の各出店者の週分け・曜日分けなどの詳細は決まり次第お知らせします。

第61回目ポル☆シェ芦屋 https://www.facebook.com/events/351791051959664/

インスタアカウントをお持ちの農援者さんは、ポル☆シェ芦屋をInstagram投稿キャンペーンのハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」と一緒にシェアください。この期間の投稿テーマは『芦屋の秘密』です(キャンペーン詳細サイトはこちら)。

一枚目のミカン写真は収穫後すぐのミカンなのですが、

右側ミカンが一枚目と同じくのミカン、左側が乾拭き後のミカン。

皮が薄いので手に力が入り過ぎると簡単に破れちゃうパツンぱつんな彼ら。

「わざわざ拭かなくていいから」とよく言われますが、何せ約5か月も吹きさらし人生。

カタツムリのカピカピウンチと蜘蛛の巣の絡みだけじゃないので丁重に拭い取ります。

ミカンへの絡みといえば…。

ミカン場所あるある風景。今季も不定期に勃発公開中。

たいへんに派手な刹那の場面を見逃した時の、この、言葉にできぬこの気持ち!

野鳥vs.野鳥なのか、野鳥vs.カラスなのか、野鳥vs.イタチなのか、野鳥vs.野良猫なのか、野鳥vs.アライグマなのか。

もしかして野鳥vs.人間だったりして。

ミカン場所だけではなく果実場所ではよく目にするこの幸せのハイタッチ画に心躍らされます。

野鳥の羽毛劇画も含めての、フルーツパラダイス。

野鳥と人間といえば、気になっていた鳥猟ドキュメンタリー映画。

【鳥の道を超えて https://www.torinomichi.com

日本の渡り鳥の鳥猟世界、たいへん興味をそそられます。

ミナミアオカメムシ「フルーツパラダイス、鳥肌もんやで」

広告

★『nikopakuマルシェ』にミカンで初出店させていただきます。

数年に渡り就食活動の場としてお世話になっていたオクタホームさんのオクタ朝市が幕を閉じた跡地に『nikopaku cafe』がオープンしました。

そのnikopaku cafeさんが運営する『nikopakuマルシェ』に出店させていただきます。

ありがたき御縁!

お連れする者は、あまずっぱ/あまあっまミカンです。

当日はマルシェ限定「nikopakuランチ」もあり、出店者さんも続々と決定しておりますので詳しい情報を下記Facebookでチェキらくださいませ♪

ぁ、でも、少々ご注意を。美味しそうな写真が多数更新されているので深夜に覗かない方がいいですよ(笑)。

【 nikopakuマルシェ

11月27日(月)

開催場所:nikopaku cafe( 兵庫県芦屋市浜風町3-12)

開催時間:10:00~14:00

テルってる畑。の出店時間は10:00~12:30で早めの撤収となります、ご了承くださいませ。

nikopaku cafe:https://www.facebook.com/nikopaku-cafe-208509853009997/

芦屋市シティプロモーションのSNS投稿キャンペーンハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」をつけて盛り上げていただけると嬉しいです。

ご贔屓拡散、農援たくさん、よろしくお願いいたします!

★ ミカンは少なく、アオカメムシは多く。

ヘッダー画像をイチジクからミカンに衣替えしました。

隔年豊作のミカン、今年は少ない年度なうえに10月の台風による落っこちミカンが多かったため、今季のミカンはとても少ないです。

告知したばかりの本夕開催の水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋(Facebookイベントページこちら)』ですが、お天気予報からの判断で当畑の出店はお休みして来週11月15日(水)の『ちょいポル☆芦屋』に振り替え出店します。

楽しみにしてくださっていたミカン大好きなみなさま、ご予定調整よろしくお願いいたします。

ちょっとやそっとの雨なんぞという時代は終わったのだと身体から教わりつつ。

みなさまも雨どきは無理のないよう。

恵みの雨なので、どうか雨を憎まず恨まずで。

★ パティスリーアトリエ タケさんの、金柑バターケーキ。

イチジク最盛期にトゥルルンイチジクを魅惑のケーキに変身くださるタケさんに金柑を託すこと約4ヶ月…、ついに解禁でございます。

昨日24日から発売された金柑バターケーキがこちら!

4ヶ月近く洋酒漬けされた金柑が、目で愛でられるほどの存在感で黄金色に輝いております!

たっぷりな金柑姿を隠してしまわぬよう、シールも特別ミニ仕様というお心遣い。

手間暇かけられた金柑バターケーキを数十秒で食べてしまった美味しさは言葉になりませんが、これだけ金柑の美味しさを甘美に堪能できるとは!と、今は葉姿のみの金柑の樹をじっくりたっぷり眺めてしまったほどです。

一番自慢したいお相手はヒヨドリ!なのにヒヨドリの姿は今はござらんのだよ。

金柑への地味な印象、何処へやら♪

金柑好きさんにはもちろん、金柑に興味薄い派な御人にこそ食べていただきたい逸品です。

しかしながら販売個数は数量限定。

小作人のようなのんびり型はうかうかして逃しちゃうので吉報をいただいた昨日、胃世界にお迎えするため食ッピング参りました♪(数量限定なのにゴメンあそばせ~☆)

ぜひとも魅惑の変身への驚愕体感をご一緒に堪能していただけますよう。

【 pâtísseríe Atelíer TAKE パティスリーアトリエタケ 】

兵庫県西宮市北名次町1-1-1F

OPEN 10:00〜19:00 Tel: 0798-72-1857

最寄駅:苦楽園口  定休:月曜・火曜(祝日の場合は営業)

http://cake-west.com/atelier-take/

タケさん行きの金柑御一行 ↑ 、1月後半頃の摘みたてほやほや図。

内心薄々、ボツになったかなと思っていたので消さずに残しておいてよかったこの一枚!と。

通常はかじられ名脇役か喉癒し隊に徹底される金柑たちの甘く美しいバターケーキ、タケさんの手により濃厚デビューのお知らせでございました。

農援、ご贔屓、よろしくお願いいたします。

★ レモンの花と。

先週後半に気付いたレモンの蕾。

気付いてからというもの、毎日レモン場所拝見を欠かさなくなりまして。

そして今朝ついに!

開き始めたレモン、朝6時台。

それからせっせと野良作業の約3時間後。

ついに咲いたレモンの花と写り込む蜘蛛。

レモンの花と写り込んでしまう蜘蛛。

斜め後ろ姿のレモンとやっぱり写り込んじゃう蜘蛛。

ミント場所にて長年瀕死だった苗を移植して復活を遂げたうえに蕾をつけ、花を咲かせたレモンがなんとも誇らしげで朝の締めにふさわしい一輪でございました。

そんなレモンの花から視線をぐんと落とせば、

ナミアゲハ蝶のイモムシ終齢っ子が日陰ぼっこで涼んでおりました。

本日は国際生物多様性の日で、本日の誕生花はレモン。

★ ぺったり、5月につき。

たんぽぽ綿毛ぺったり。

ミカンの花も5月の薫り。

先日の餅つきぺったん会報告の更新できぬまま平日が過ぎ…まもなく新しい週末が来ますね。

朝晩はまだかなり涼しいので気温差で体調崩されていませんよう。

こちらは体力減少は嘆かず休憩ぺったり、ひと休みぺったり、ひと息つき一服ついて、灼熱疲労の減少に努めています。

小さなナミアゲハもぺったり。

終齢から蛹への準備をはじめたナミアゲハもいて、いち日ごとの観察が最強の癒し。

バタンQなければぺったん報告を今晩中に書き上げて更新したいところです。

★ 虫の日(6月4日)に野菜×虫の観察会と、「ちょい農っテクでー」を再開します。

小豆色がとっても洒落てるレモン。

前回の写真(日記)と比較してやっとこさ成長具合を把握できるほどの伸び具合。

果樹界古来からの異端児イチジクの成長ぶりに慣れすぎている甲斐あって、レモンの成長速度がはがゆい次元。

6月4日の日曜日は虫の日なので、当畑で野菜と虫の観察会を行います。

そして2012年に不定期ながら開催していた「ちょい農っテクでー」が約5年ぶりに復活!

初見の方には伝わりにくいかもですが、俗に言う畑の一般解農日みたいなものです。

開催時間は午後2:30か3:00~6:00くらいを予定で、前半に畑の野菜と虫の観察、後半に簡単な農作業の予定です。

簡単な農作業の内容が何かは近日にならねば決まりませんが、草引きが濃厚ですね。

カマキリ、トンボ、クモ、てんとう虫の持ち帰りはご遠慮願います。

上記の農兵4者以外の虫捕獲持ち帰りは大・大・大歓迎!!

長きにわたり「ちょい農っテクでーリクエスト」をたくさんいただいております。

そのうち再開しますよとお伝えしながら約5年もの年月が過ぎていたんですね恐ろしや。

レモンたちにのんびりじゃの〜と言えないこの始末。

ひとまず日時のお知らせまで。

詳細はまた改めてお知らせします!