タグ別アーカイブ: ミズナ

★ 地味な歓楽ピンク。

ホウレンソウの根に近いピンクの部分。

様々に調理をしても、笑ってしまうほどにピンク部分が甘い。

あまりにも甘いので、軽く湯がいたピンク部分のみ個別で食べています。

ピンク部分のみ、スイーツ扱いです。

2019-2020冬定番の野菜セット。

水菜、大根、法蓮草。

法蓮草のピンクの部分だけ、スイーツ。

法蓮草という野菜についてくるピンクのスイーツ。

ピンクのスイーツについてくるのが野菜の法蓮草。

地味な歓楽であります。

ホウレンソウ中継より。

 

★ 水菜ドーム 天道ツアー。

幼き水菜に幼きテントウムシ。

水菜の裏表にもたくさん産卵いただきまして。

靴底ちっくテントウムシも順調に育まれ。

写真一枚目からここまでが10月中旬の水菜の様子です。

毎朝毎夕のダイコンハムシ潰しの甲斐ありました。

ここからが12月以降の水菜の様子です。

ド派手まっしぐらのテントウムシ。

お久しぶりの水菜の光景なり。

「つ」スタイルの芋虫も写り込んじゃう有様。

ダイコンハムシに食い潰されずにここまで辿り着けた水菜に大喝采。

水菜の幼い期間に初動の潰し作業を実行できただけであり、ダイコンハムシを撃退できたわけではありません。

こうしている今もダイコンハムシは元気に越冬活動中。

水菜、大根、蕪など、野菜日誌の主役の座が全てダイコンハムシに侵食される事態。

アブラナ科の猛威ダイコンハムシに騒ぎ過ぎと思われるかもしれません。

大袈裟じゃございませんのよ。

かといってダイコンハムシに比べてヨトウガたちを可愛く思えるかというととんでもない。

どやつもこやつも食いしん坊め…という恨み辛み苦み健在。

水菜のかすかに苦い甘味シャキシャキを堪能できた冬を経て。

トウ立ち菜の花ちらほらり。