タグ別アーカイブ: ミナミアオカメムシ

★ 12月のみんなでごはんピロジェクト~まあるい食卓~&「子ども食堂の今 in 尼崎フォーラム」。

大の大人たちで押しくらミカンまんじゅう。

12月開催の「まあるい食卓」にはミカンを食材提供します。

出来立て熱々のお味噌汁と炊き立てほやほやのごはんを必要とする子どもたちが参加出来る場作りを、一緒にお昼ご飯を食べることで支えていただけますよう。

情報発信支援も強大ですのでイベントの噂話もよろしくお願いします!

《 第31回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

12月17日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

まあるい食卓Facebookページ https://www.facebook.com/events/522612464771900/

それと、まあるい食卓開催前日に関連のフォーラムが開催されます。

尼崎市が把握していた市内の子ども食堂の数は2017年はじめは7カ所だったのが同年9月時点で約30カ所と増加の一途だそうです。

フォーラムではまあるい食卓スタッフもパネル討論に登壇します。各運営団体の活動状況や課題などを共有できる機会なので気になる方はぜひご参加下さい。

子ども食堂の今 in 尼崎】12月16日(土) 13:30~16:00、会場は園田学院女子大学2号館(尼崎市南塚口町7)、参加費は資料代の300円、事前申し込み不要、会場全体での意見交換あり

「大の大人がぬくぬくと暖を取っている場合やないで」

ミナミアオカメムシも勢いよく解散した残り香たくましいミカン場所。

 

★ ミカンが教えてくれること 、幸せのハイタッチ。

今季はミカンの収量が極小なため早くの終了を予想しておりましたが…。

12月中旬までに終わりそうです。

10キロ20キロのご注文を3キロ~5キロ内にお願いせざるをえない状況なのでミカンがイチジクに重なってしまいます。

芦屋のたこ焼き屋Barポルポさんの水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋』第61回目のイベントページを公開中!正月事始めの日の12月13日に開催です。

ポルポ広場の空間環境がほんの少し変化したので、毎月定番の出店者がほぼ揃っての回は今回が最後になるかもしれません。

次回開催以降の各出店者の週分け・曜日分けなどの詳細は決まり次第お知らせします。

第61回目ポル☆シェ芦屋 https://www.facebook.com/events/351791051959664/

インスタアカウントをお持ちの農援者さんは、ポル☆シェ芦屋をInstagram投稿キャンペーンのハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」と一緒にシェアください。この期間の投稿テーマは『芦屋の秘密』です(キャンペーン詳細サイトはこちら)。

一枚目のミカン写真は収穫後すぐのミカンなのですが、

右側ミカンが一枚目と同じくのミカン、左側が乾拭き後のミカン。

皮が薄いので手に力が入り過ぎると簡単に破れちゃうパツンぱつんな彼ら。

「わざわざ拭かなくていいから」とよく言われますが、何せ約5か月も吹きさらし人生。

カタツムリのカピカピウンチと蜘蛛の巣の絡みだけじゃないので丁重に拭い取ります。

ミカンへの絡みといえば…。

ミカン場所あるある風景。今季も不定期に勃発公開中。

たいへんに派手な刹那の場面を見逃した時の、この、言葉にできぬこの気持ち!

野鳥vs.野鳥なのか、野鳥vs.カラスなのか、野鳥vs.イタチなのか、野鳥vs.野良猫なのか、野鳥vs.アライグマなのか。

もしかして野鳥vs.人間だったりして。

ミカン場所だけではなく果実場所ではよく目にするこの幸せのハイタッチ画に心躍らされます。

野鳥の羽毛劇画も含めての、フルーツパラダイス。

野鳥と人間といえば、気になっていた鳥猟ドキュメンタリー映画。

【鳥の道を超えて https://www.torinomichi.com

日本の渡り鳥の鳥猟世界、たいへん興味をそそられます。

ミナミアオカメムシ「フルーツパラダイス、鳥肌もんやで」