タグ別アーカイブ: ヤマモモ

★ ヤマモモの6月下旬。

今年の冬に街中マンションからお引っ越しした山桃物語2016の最終章です。

やはりヤマモモも一斉に熟すのではなく段々熟リッチ系でした。

IMG_6570

上写真は6月25日の様子ですが、6月20日からドライ山桃に挑戦していたものの、ドライ山桃は実現させることができませんでした。うまくいかなかったんですね〜。しょぼーん。

試す価値はありましたが、来季のドライ再挑戦は熟考が重要。

ドライ山桃成功ならずからの気分の落ち込みは、山桃ジャム作りで抹消しました。

IMG_6571

まとまった量を収穫できるタイミングもなかなか辛抱が入りまして(笑)、ひとまず約500gをジャムにしました。

水でよく洗ってから種を取り出しやすいように一粒一粒に少し切り込みを入れて、少し茹でてから種を取り出しました。取り出しつつ押しつぶしつつな感じで。

IMG_6572

果汁がたくさん出たので(写真左)、そのまま濃厚な山桃ジュースにしました。果汁が多すぎると煮込むのに時間がかかりますもんね。

写真右の鍋のが果汁を少し残した果肉です。お砂糖少々(味見しながら適量)と一緒に煮込んで完成です。

IMG_6574

2〜3日で完食できる量の山桃ジャム、完成。

ジャム作りは少量過ぎると朗らかな虚無感のおかげで爆笑できます。

IMG_6577

6月の果実、山桃ジャムと枇杷ジャムのペア食。

枇杷も独特の甘酸っぱさとは似ても似つかぬ甘酸っぱさのヤマモモ。

ヤマモモの強烈な甘酸っぱさを口の中で転がしながら、ドライ山桃のことを考えてしまっていました。

扱い方に慣れた頃に終わってしまう、良案を思いついて試したい時にゃもう終わり。あるある攻撃。

IMG_6640

この写真は7月2日の様子です。

君たち…もう終わってまうんやな……と座り込んで見上げて撮りました。

写り込んでいる脚立に寒冷沙を纏わせて野鳥からのごっつぁんをご遠慮いただいた件は日々成功(もちろん命知らずで勇ましすぎる野鳥もおりました笑)。

個人的にはそのまま食すのが好物ですが、果汁100%ジュースもジャムも美味しいので、ドライ加工の架空の甘酸っぱさを想像すると溜め息が出そうになります。

あっという間に過ぎ去ってしまった初のヤマモモ収穫に哀愁を感じていた7月初旬。

ヤマモモ2016、ジュースとジャムが美味しかったぞい♪ ん?ドライ山桃?11ヶ月後のお楽しみということで!…みたいな、ね。

ヤマモモ物語、来季へつづく。

広告

★ ヤマモモの6月中旬。

今年の2月初頭に畑入りしてから見守ってきた一本のヤマモモの樹。

あまずっぱ枇杷が幕を閉じた途端、ヤマモモが色付きはじめました。

IMG_6503

待ちわびたヤマモモ色。

IMG_6499

息が荒くなるこの景色。

IMG_6502

つぶつぶの粒一つぶ一つぶが色気付きはじめています…♪

IMG_6501

鼻息荒く足元軽くなる景色から目線を落としてみれば。

IMG_6498

………………………………野鳥はくちばし荒く足元激しくの景色……。

ぉぃぉぃ、仕事が早すぎる荒くれ者たちよ勘弁しとくれよ。

IMG_6500

野鳥のはやる気持ちに共鳴しまくるヤマモモの6月中旬。

枇杷から山桃への完璧なまでの連携っぷりに笑いつつ。

写真は本日の朝、雨が激しくなる直前のヤマモモです。

★ ヤマモモの6月前半。

〜ヤマモモの6月前半期〜

IMG_6394

やや楕円からやや正円へと、少しふっくらしています。

IMG_6393

この状態での期間がとても長く感じるなぁと思っていた矢先に色づく果樹あるあるまであと少しでしょうか。

IMG_6395-0

ヤマモモのつぶつぶ具合。

IMG_6395

枇杷の終焉がヤマモモの幕開けだったりして…と思いながらの6月前半。

写真は6月8日付けのヤマモモです。

★ ヤマモモの春から初夏。

住宅街のベランダ暮らしから引っ越して、無事に春を迎えたヤマモモ(引っ越し日記こちら)。

IMG_5817

4月初旬のヤマモモ。

IMG_5834

この写真からだとヤマモモの北西にまだ低木の山椒、北上奥に花が咲く前の蜜柑の樹が写り込んでいます。ヤマモモで隠れて見えませんがヤマモモと蜜柑のあいだに無事だったレモンが健在中。

IMG_5841

満開時をやや過ぎたあたりのヤマモモの花。

IMG_5840

ヤマモモに限りませんが、果樹の花の開花期間はとても短い気がします。

IMG_5949

そして5月初旬のヤマモモ。

IMG_5950

先端がぽこぽことぽこりはじめたヤマモモ。

ヤマモモの葉を食す主の姿は残念ながら未確認。誰がいつ食べていたのやら。

IMG_6025

そして5月中旬のヤマモモのお姿。

IMG_6026

実にヤマモモらしいお姿を見せてくれています。

虫たちの収穫が先か、野鳥の収穫が先か、小作人が彼らより先手を取れるか、ヤマモモに向ける視線はみんな同じ温度でめちゃんこ熱い。

春から初夏にかけて大変身のヤマモモ青信号はみんな穏やかで平和。

みんなが豹変するヤマモモ赤信号まであとどれくらいか楽しみです。

★ ベランダ空間ワイン樽暮らしから露地畑へお引越しのヤマモモちゃん。

まもなくお引越しをされる尼崎市内在住のご家族からヤマモモをいただきました。

「ヤマモモは鉢ではなくワイン樽植えで樹の高さは約3mで、マンションのエレベータ内の高さは約2mほどでワイン樽も入らないから搬出には男性2〜3人は必要」という情報をもとに、スコップと根元保護袋と荷台固定用紐を手に挑戦してきました。

IMG_5301

案の定をはるかに上回る重労働でした。ほんとよく頑張り切りましたぜ(笑)。

広いベランダだったのが一番の幸いどころ。ワイン樽ごと運ぶのは無理難題なので、樽からヤマモモを取り出せば運べるはず…と見越しましたが、笑えるほど重かったので、根元に切り込みを入れるために壁際から樽を引き離して、入念な根元切りの後は樽ごと横倒しにして取り出し、根元を重点に抱えてベランダから廊下へ、階段を下り、軽トラの荷台へ。

荷台に積み終えた瞬間は雲の上にいるかのごとく身体が軽うございました。節々ぶるぶる。

どうすれば楽に早く・確実に安全に運べるか、何が最善かを震える脳みそに全力相談。五体満足を駆使して運び出すことができました。

赤ちゃんを見ているあいだに庭一番の大樹が姿を消した光景に奥さま爆笑、私も爆笑、ベランダで二人、ヤマモモ快挙に爆笑。爆笑しながら撮ったのが上の事後写真です。

IMG_5302

その勢いで同日中に定植も済ませたかったんですが、身体の悲鳴が聞こえたので断念。

IMG_5307

ヤマモモの葉。

IMG_5308

ヤマモモの蕾。

IMG_5309

ヤマモモの樹皮。

あらためて、ヤマモモをマジまじまじ観察。

IMG_5310

少し剪定して低くしました。無事、根付いてくれますように。

奥様からお話をいただいてからヤマモモがどういう樹でどんな果実なのかを調べたら、開花は春のはじめ頃で収穫は6月頃。果実は繊細で痛みやすく日持ちがしない。旬の期間も数週間…ってイチジクと似てますやん(笑)。果実姿は…画像検索してください(笑)。雄・雌ありますが、奥様曰く去年は約3キロの収穫があったとのことです。まずは根付いてもらわねば。果実への食いしん坊的眼差しは開花を見届けてからですね。

庭師さんからワイン樽施工付きで入手されたのが約2年前で、当時から大きさはほぼ変わっていないんだとか。成長速度が緩やかな樹のリクエストに選ばれたのがヤマモモちゃんだったんですね。

そんなわけで、ヤマモモが加わりましたテルってる畑。

ヤマモモ物語の序章は全身筋肉痛。