タグ別アーカイブ: ユリ科

★ テントウのねぎっ子。

DD77スタイルだった玉ねぎ(日誌こちら)の続報です。

先週木曜(約5日前)に撮った玉ねぎ場所です。

鮮やかな山吹色の卵ずらりがちょっこり。

幼き玉ねぎへの重圧。

玉ねぎ場所を注視すれば…

いらっしゃいました、てんとう虫。

産卵したのがこのてんとう虫とは限りません。

幼い玉ねぎを登っては産卵姿勢をとるかのように止まってはまた動き出し…を繰り返す様子を見ると、「君かね?彼らの親は」と尋ねたくなります。

ちなみに玉ねぎの葉先に付いている黒い粒は種の抜け殻です。

台風19号による雨嵐が過ぎ、そういえばテントウさんの玉ねぎっ子たちは無事かな、と。

13日(3日前)の玉ねぎ場所がこちら。

テントウねぎっ子たちの山吹色は一切見当たらず。

けれどもテントウ芋虫の姿が一匹…。

みんな孵って離散し終えた中で留まっていた一匹なのか、

他所から移動してきたこのテントウ芋虫が全部食べちゃったのか、

孵ったこの一匹が他の子をぜんぶ食べちゃったのか、

雨嵐で去ってしまった彼らを偲ぶ姿に見えてしまっているだけなのか。

玉ねぎ場所にて、テントウ謎の一幕をお届けしました。

玉ねぎ、元気です。

 

広告

★ DD and 77。

D, D, Dと出てきている玉ねぎ。

Dから7へ。

DDDと777が混雑する玉ねぎ場所の今。

書体デザインのヒントが滲み出ています。

 

★ アスパラガス 2019。

4月後半から出てきてくれていたアスパラガス。

とっても細くて伸びもとっても緩やか。

巷のスーパーマーケット食料品に並ぶアスパラの半分の細さ。

ひょろひょろ。

大型10連休の夏日の効果なのか、花を咲かせようとトウ立ちまで…。

てんやわんや気象で疲れているのかもしれない。

来春の2月か3月頃に牛糞を株周りに施そうと思う次第。

細くても出てきてくれたので御の字です。

★ シソカット専門学校。

今季も押し寄せる青じそたち。

韮場所が青じその海に。ちゃんと波打ってます。

シソカットモデルに困ることなく、いくらでも思う存分に斬新で洗練されたシソカットスタイルと技術を追求できるシソカット専門学校。

この春も卒業を目指し、切磋琢磨でシソ美的価値観を生み出したい所存。

赤紫蘇は刈り上げ部門で特別審査委員長バッタ氏から『胃世界ファンタジー賞』をいただきました。

以上、消臭文化とは無縁のシソカット専門学校からの中継でした。

★ アスパラ超特急。

ブログが農業日誌として如何に役立っているかを痛感します。

季節に従順な作物の目まぐるしさ故、更新を滞ると後々困るのにこの有様です。

去年一昨年のアスパラガス初物はいつだったかと見直しまして。

今季のアスパラガスはやや早め。

桜の開花もとても早かったですもんね。

夏日で頭突きが捗った組が先日の寒の戻りによりほぼ一時停止状態に。

寒暖差の激しさのあまり、斜に構えざるをえないアスパラガス。

冷えと暑さに身構えつつ、一年で最もアスパラガスに注視する朝夕。

夏秋野菜仕込みの本格始動のこの時期、体調を崩したくない一心なり。

アスパラのような超特急でハイタッチする感覚で日記公開ボタンをぽちっとな。

★ 11月の「みんなでごはんピロジェクト~まあるい食卓~」のお知らせと、”おにぎりアクション”。

今回のネギ写真は、種パッカリほろほろり期の9月中旬頃のものです。

9月開催の「みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~」に写真のネギを当畑からの提供食材として持ち込みましたが、台風上陸予報と重なったため開催はお休みとなりました。

10月開催回は食材提供をお休みしました。

そして1週間後に開催の11月回には、9月と同じくネギを持ち込みます。

もしかしたらニラも持ち込むかもしれません。

日曜のお昼、尼崎の地域食堂兼子ども食堂で作りたてのお味噌汁とおにぎりを食べにいらしてください。

イベントの概要・詳細・ボランティア受付などは下記リンク先のブログを参照ください。

《 第30回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

11月19日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

写真は9月の提供量ですが今回はかなり少なめになります、日々食しているので(笑)。

夏から秋、秋から冬への季節の変わり目にたいへんお世話になっています。

「まあるい食卓」に期間が重なりませんが、11月15日(水)まで『おにぎりアクション』が開催されています。

SNSでおにぎりの写真にハッシュタグ #OnigiriAction をつけて投稿するとアフリカとアジアの子どもたちに給食が届くという世界食糧デーキャンペーン企画です。

【 おにぎりアクション2017 TABLE FOR TWO 

http://jp.tablefor2.org/campaign/onigiri/

「まあるい食卓」でおにぎりニギニギしている人もこれから参加予定の人も、#OnigiriAction で共有いかがでしょう。

★ ニラ白斑葉枯病。

遡りニラ中継。

6月、夕市マルシェ『ポル☆シェ芦屋』の出店のためニラを収穫し、グラム分けと袋詰めのため選別しようとしたところ異変に気付き、ニラの販売を急遽中止しました。

白いかすれ模様がいたるところに…。

画像検索の結果、「白斑葉枯病」に辿り着きました。

白斑のないニラを選別しようとしましたが、

難航を極める気配を即座に察知。

これは人様にお代金をいただいちゃダメなやつ。

この写真を例にすると、上段の白斑が多いニラは食べたいと思えないレベルで、下段のわずかな白斑のあるニラは自分の胃袋ウエルカムなニラ。

そんなわけで後日、下段のニラをニラたっぷりすぎるニラチヂミとニラスープで食しました。

「ニラ白斑葉枯病」を検索して2つ目に引っかかる武蔵野種苗園さんのこちらの解説がとてもわかりやすかったです。

他のサイトにも挙げられていた原因となるのは「カビ、高湿度」。

6月だと雨後によく発生するとのこと。う〜む、当てはま〜る。

ニラ場所は雑草ボーボーで草刈りが間に合っていなかったんですよね…。

背が伸びた雑草のおかげで湿気ムンムン、風通しの悪さも抜群だったので頷けます。

高湿度でヘトヘトにバテるのはニラも人様と一緒、ということですね。

ニラの「白斑葉枯病」を把握後、早速ニラ場所の雑草を取り除き、ニラもバッサリ刈り取りまして。

バッサリから新たに伸びた、7月初旬のニラの様子。

7月のニラは無事に胃世界の食卓へ就食できました。

よく「雑草をそんなに必死になって刈り取らなくちゃならないものなのか?雑草ボーボーでも問題ないのでは」という意見を頂戴することが少なくないのですが、ニラに限らず、雑草ボーボーだと虫が居心地よくて暴食気味になったり、虫密度や風通しの悪さから何かしらの症状が発生したりする傾向があると、畑から教わっています。

今回のニラも然り。

草引きに草刈りにと、雑草を追いかけ雑草に追われるという、まさに「イタチごっこ」です。

横目でイタチの子供がはしゃぐ姿を目撃しながら雑草を追いかけ雑草に追われていたり。

ニラ白斑葉枯病からも思うは雑草を生い茂らせないようにせねば。

畑の恩恵を受ける以上、雑草とのイタチごっこは永遠につ…、づ…、く…。