タグ別アーカイブ: ユリ科

★ ニラ白斑葉枯病。

遡りニラ中継。

6月、夕市マルシェ『ポル☆シェ芦屋』の出店のためニラを収穫し、グラム分けと袋詰めのため選別しようとしたところ異変に気付き、ニラの販売を急遽中止しました。

白いかすれ模様がいたるところに…。

画像検索の結果、「白斑葉枯病」に辿り着きました。

白斑のないニラを選別しようとしましたが、

難航を極める気配を即座に察知。

これは人様にお代金をいただいちゃダメなやつ。

この写真を例にすると、上段の白斑が多いニラは食べたいと思えないレベルで、下段のわずかな白斑のあるニラは自分の胃袋ウエルカムなニラ。

そんなわけで後日、下段のニラをニラたっぷりすぎるニラチヂミとニラスープで食しました。

「ニラ白斑葉枯病」を検索して2つ目に引っかかる武蔵野種苗園さんのこちらの解説がとてもわかりやすかったです。

他のサイトにも挙げられていた原因となるのは「カビ、高湿度」。

6月だと雨後によく発生するとのこと。う〜む、当てはま〜る。

ニラ場所は雑草ボーボーで草刈りが間に合っていなかったんですよね…。

背が伸びた雑草のおかげで湿気ムンムン、風通しの悪さも抜群だったので頷けます。

高湿度でヘトヘトにバテるのはニラも人様と一緒、ということですね。

ニラの「白斑葉枯病」を把握後、早速ニラ場所の雑草を取り除き、ニラもバッサリ刈り取りまして。

バッサリから新たに伸びた、7月初旬のニラの様子。

7月のニラは無事に胃世界の食卓へ就食できました。

よく「雑草をそんなに必死になって刈り取らなくちゃならないものなのか?雑草ボーボーでも問題ないのでは」という意見を頂戴することが少なくないのですが、ニラに限らず、雑草ボーボーだと虫が居心地よくて暴食気味になったり、虫密度や風通しの悪さから何かしらの症状が発生したりする傾向があると、畑から教わっています。

今回のニラも然り。

草引きに草刈りにと、雑草を追いかけ雑草に追われるという、まさに「イタチごっこ」です。

横目でイタチの子供がはしゃぐ姿を目撃しながら雑草を追いかけ雑草に追われていたり。

ニラ白斑葉枯病からも思うは雑草を生い茂らせないようにせねば。

畑の恩恵を受ける以上、雑草とのイタチごっこは永遠につ…、づ…、く…。

広告

★ ポル☆シェ芦屋 6月開催のお知らせ。

相変わらず大中小ミニミニサイズが多彩に混雑中のタマネギ場所。大は稀(笑)。

興味深いタマネギ時事はポルポさんのマルシェ『ポル☆シェ』お知らせあとにて。

6月の開催は手羽先記念日なので採れたてタマネギと一緒におあがりいただくのも最高かと。

当畑の出店時間は16:00~20:30です、55ポル回はタマネギ祭りになりそうです。

ビワのタイミングが合ってくれるといいんですが、どうかな~。

【第55回 ポル☆シェ芦屋 -POLPOashiya Farmer’s Market-】

6月14日(水)
開催場所: POLPO-ashiya- (兵庫県芦屋市川西13-6)
最寄り: 阪神芦屋駅“西”出口出てすぐ
開催時間: 16:00~21:00
*出店者により出店時間が異なります、( )内参照ください。

悪天候時による開催中止は各SNSなどでお知らせしますが、出店者各自の出店キャンセル・変更情報などは各者媒体を参照ください。

お車で来場の場合は周辺の有料駐車場をご利用いただけますよう、近隣のご理解と間近の踏切安全のためご協力をよろしくお願いいたします。

〜 55ポル・食ッピング提供メンバー 〜

【 Facebook https://www.facebook.com/events/1164033453724106/ 】

『ポル☆シェ』は芦屋のたこ焼きBarポルポさんの月に1度の濃厚こだわりマルシェです、過去開催の様子、出店者リストなどは特設ページでご覧いただけます→https://terutteru.wordpress.com/polpo-market-list/

タマネギ場所でいつかのピーナッツのこぼれ種っ子が出没中……なんと強い子たち!

西日本のタマネギ生産地で「べと病」が深刻化している件で、兵庫県と佐賀県が研究機関と手を組んでべと病防除対策の開発に本気で取り掛かるそうです。

べと病は発生~増殖~感染~死滅の仕組みが不明で世界的にもあまり研究がされていないんだとか。

ほんとうに「あまり研究がされていないモノ・コト」だらけですね…。

当畑でもアブラナ科とウリ科でべと病らしき症状を見かけるので、べと病解明へ着手の一報は興味深いです。

ひょっこり出てくるいつかのこぼれ種ピーナッツは土中に数年間ほど生存しているわけですが、べと病は土中で10年程度生存するらしいです。

嬉しい強い子、嬉しくない強い子、といった感覚と見方は人間様限定かもしれませんが、あまり研究されていない件が先行して研究されていきますように。

死活問題な規模になっちゃうはるか前からの地味に地道な研究開発、販売終了や閉店になっちゃう前の地味に地道な継続応援、地味な地道さを楽しめる傾向が多勢になるといいですね。

地味ながらも煌びやかなポル☆シェの農援、6月も眩しめによろしくお願いいたします☆

★ 5月の厚み。

5月のこの暑さ…5月でこれだけの暑さ…、7月以降やっていけぬ。

昨シーズンはどうやって生き抜いたっけかな。

と、毎年この時期に同じことをぼやいているよ。

暑さの厚み、増すばかり。

君たちで今期最後かな、とアスパラガスを食べ続けて1カ月が過ぎました。

切り口を数えると19本、写真の4本を合わせると23本。

1カ月少しで23本のアスパラ生活。

5月の暑さを癒すアスパラガスの瑞瑞しい厚みもまもなく終焉の模様。

★ オランダキジカクシ。

ア!と取り巻き草を引っこ抜き。

アスパラガス〜!と擦寄る。

桜色の濃淡つやつや。

アスパラガスも皆と同じく春の音頭を待っていた模様。

あっという間に現れて、あっという間に過ぎる彼ら。

食べ時はあっという間。

1年の中で最もアスパラ場所に目をやる日々がはじまりました。

アスパラガスも皆と同じく容赦なくあっという間に終わるでShow。

★ ねぎり節 クリエイターズ。

img_7602

ねぎり節 Uピンカーブ玉ねぎから2〜3日、背筋伸ばし中。

img_7604

曲がりきった根性でまっすぐを目指す玉ねぎたちの見上げた心意気。

img_7605

ねぎり節クリエイター『チャイルド玉ねぎファイター』の中継でした。

玉ねぎたちとはまた一味違った笑いをいただけるクリエイターといえば、『ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」』。

小作人のお気に入りはYOKO FUCHIGAMIさん(トータル・ファッション・アドバイザー)と、横田涼一さん(メディカル・チームドクター)。

【ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」http://creatorsfile.com 】

微笑から爆笑まで、何かと笑える日常とクリエイターたち、尊し。

★ ねぎり節 Uピンカーブ。

img_7566

来年の初夏にタマネギになる予定のタマネギたちの出世街道Uピンカーブ。

img_7564

雨が降ったり晴れたりで種の背中を押したり根っこを揉み叩いてくれている模様。

本夕は雨予報の噂ですが毎度都合よくなんとか持ちこたえてほしいなと思う次第。

★ ニラの蕾から花芽までの短さよ。

9月を過ぎたあたりからニラに蕾がつき始めました。

img_7238

9月14日撮影のニラの花の様子(上写真)。

蕾から開花までの間の花芽、白い雫型のニラの花芽が薬味として格段に美味しいのです。

現役長寿農家組の贅沢スパイシー品でお馴染みのニラの花芽を9月14日開催のポル☆シェに出品しました。グルメ人集結なマルシェのため、ニラの花芽も就食内定をいただきました。

その1週間後には、

img_7342

ほぼ満開期を過ぎました。花になると柔らかさが激減するため、花芽を摘み取れるのはほんの一瞬です。

花芽に限らずどの作物も収穫期というのは一瞬ですが(笑)。

img_7345

花びらが落ちた後は種の準備ハート型。

img_7346

群がるアオクサカメムシの赤ん坊たち、種に偽装…擬態ごっこかな。

img_7343

カメムシ含め、花盛り場は虫たちで賑やかでした。

img_7347

虫たちの憩いの場ですが、花盛りのニラたちをたっぷり刈り取りました。

食材を得るにはある程度の整理整頓が必要ですね。

img_7451-1

と言いつつ、虫の遊び場をほんの少し残していたハート型がはち切れて種がこぼれてきた今日この頃。

蕾からの開花はあっという間ですが、花から種まではうんと長い時間がかかります。

次世代への本仕込み種にはうーんと時間をかけるという英知の摂理に笑う。

アオクサカメムシよ、群がるなら今ぞ!と言ってももう大人として旅立ったあと、とな。

img_7452

バッサリたっぷり刈り取ってから約2週間後のニラはこんなにも生き生きと「食べて♪」と主張くださっています。

この若々しい2016秋ニラも今日のポル☆シェに連行する予定です♪♪